アボカドの変色したのは食べれる?防ぐにはレモンや酢が効果的?

アボカドの変色したのは食べれる?防ぐにはレモンや酢が効果的?

クリーミーでとても美味しいアボカド。

とても綺麗な色をしていて、いざ切ってみると、なかがすでに変な色をしていたなんてことありませんか?

切ったものをそのまま置いておいたら、さらに色が変わってしまったということも。

どうしてこのような変化が起きてしまうのでしょうか?

今回は、アボカドが変色しても食べられるのかや、変色を防ぐ方法について詳しくご紹介いたします。

栄養たっぷりのアボカド、ぜひ美味しく召し上がってみてくださいね。

アボカドが変色してるけど食べられるの?

アボカドの変色したのは食べれる?防ぐにはレモンや酢が効果的?

色が変わっているアボカドって、食べても良いのかどうかって悩みませんか?

結論から言うと、変色しても食べることはできます。

切ったものをそのまま置いておいたら、茶色く色が変わってしまいますよね。

これは、褐変というもので、アボカドに含まれているフェノール酸化酵素とポリフェノールが空気に触れることで反応してしまうのだそうですよ。

そうするとメラニン色素が出てしまうので、茶色くなってしまうというわけです。

ただし、次のような色の場合は、食べることはできませんよ。

  • 切った時にすでに中が黒や茶色になっている。
  • 黒い斑点が出ていて、果肉の色も黒く変色している。
  • カットしたら、茶色っぽい筋がたくさんできていて、果肉の部分の色が変になっている。

というような感じの変色になっていた場合は、傷んでいる可能性があるので注意してください。

食べられないアボカドの見極め方は?

食べられないアボカドの見極め方

食べられないアボカドの見極め方ってあるのでしょうか?

見た目だと見分けがつかない時ってないですか?

いざ切ってみたら、あらら傷んでいたなんてこともあるのですよね。

  • アボカドから変なニオイがしている。
  • 柔らかくなりすぎてブヨブヨになっている。
  • 全体が黒くなりすぎている。
  • 半分に切った時にタネが簡単に取れる。
  • カビが生えている。

というようなアボカドに出会ったら、これは傷んでいる可能性大で、食べられないでしょう。

新鮮なアボカドは色鮮やかな緑色をして切った時もとても綺麗ですよ。

タネも外しずらくなっています。

美味しいアボカドと出会うには、以下のポイントを参考にしてみてくださいね。

食べごろなアボカドの見極め方

買うときに色・形・固さをチェックしてくださいね。

ただ、買う前のものをあまり触りすぎるのは良くないので、手に取った時にサッと確認しましょう!

アボカドの変色を防ぐ方法は?

アボカドの変色したのは食べれる?防ぐにはレモンや酢が効果的?

その色の変化を防ぐ方法はいくつかありますよ。

カットしたらすぐにその方法をすれば、綺麗な色のまま維持することができます。

その方法とは?

アボカドの変色を防ぐ方法①レモン

アボカドの色の変化を防ぐ方法でよく聞くのが、レモンを使う方法です。

レモン汁を用意して起きます。

カットしたアボカドにレモンをかけてさっと和えるだけ。

これだけの方法で、綺麗な色を保つことができますよ。

ビタミンCも一緒に取ることができてさらに嬉しいですね。

私も良くこの方法をしています。

簡単で便利ですよ。

レモンの味も気にならず美味しくアボカドをいただけます。

アボカドの変色を防ぐ方法②酢

アボカドの色の変化を防ぐ方法としてお酢を使う方法もあります。

切り口の部分にお酢をふりかけておきます。

お酢に含まれている酢酸が、酸化を予防してくれますよ。

アボカドの変色を防ぐ方法③オリーブオイル

カットしたアボカドにオリーブオイルをさっと塗っておくだけ。

これだけで、酸化を防ぐことができますよ。

パスタやディップ、サラダを作る時に使うと良いでしょう。

アボカドの変色を防ぐ方法④電子レンジにかける

切ったアボカドを数秒電子レンジにかける方法がありますよ。

電子レンジにかけることで、ポリフェノールオキシターゼという酵素を壊すことができるのです。

これが壊れれば、酸化することがないので、変色を防げるというわけ。

調理によって使ってみるのも良いかもしれません。

アボカドの変色を防ぐ方法⑤ラップを使う

半分残ってしまった時、タネがついている方にしっかりラップをかけて密封しましょう。

空気が入らないのように果肉にしっかりかけてくださいね。

それをさらに、ジップロックなどに入れてから冷蔵庫の野菜室で保管しましょう。

この方法で4日から5日、変色させないで保存することが可能ですよ。

アボカドの変色を防ぐ方法⑥アボカドの皮を使う

アボカドを半分だけ使うとき、くり抜いた方の皮を蓋にして保存する方法があるのです。

アボカドを半分に切ります。

タネが付いている側は残し、反対の部分をスプーンで果肉を取り出します。

くり抜いた方の皮をタネが付いている側に戻し、ピッタリ皮で蓋をして冷蔵庫へ入れるだけ。

この方法でも、変色させずに保存することができますよ。

半分だけ残ってしまった時に試してみてくださいね。

アボカドの変色したのは食べれる?防ぐにはレモンや酢が効果的?のまとめ

アボカドの変色したものを食べても大丈夫なのか、変色を防ぐ方法は、どのような方法があるのかなど詳しくご紹介いたしました。

アボカドを切った後、色が変わったとしても、綺麗な色をしていたら食べることはできますよ。

ただし、次のような変化の場合は、食べるのをやめましょう。

  • 変なニオイがしている時。
  • 切った時にすでに変色して、色も変になっている時。
  • 皮がブヨブヨで、黒くなってタネも簡単に外れる時。
  • 黒い筋がいっぱい入っていて、色も変になっている時。

このような時は、傷んでいる可能性が大きいので食べないでくださいね。

栄養がたっぷり含まれているアボカド。

変色させないように上手に処理して、色鮮やかな美味しいアボカドを堪能してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です