油揚げの賞味期限切れはいつまで食べられる?腐るとどうなるの?

油揚げの賞味期限切れはいつまで食べられる?腐るとどうなるの?

お味噌汁の具や、おひたし等、和食料理にうま味をプラスしてくれる油揚げ。

一袋にたくさん入っていて、お値段もお手頃なので、常備されているご家庭も多いのではないでしょうか。

今回は、この油揚げの賞味期限や保存方法について、ご紹介していきます。

油揚げの賞味期限はどれくらい?

油揚げの賞味期限切れはいつまで食べられる?腐るとどうなるの?

実は、ほとんどの油揚げは、「賞味期限」ではなく「消費期限」が設定されています。

油揚げは、薄いお豆腐を揚げた揚げ物のため、油が酸化して腐りやすい食品だからです。

賞味期限と消費期限って、どうちがうの~?
賞味期限は「おいしく食べられる期限」のことで、消費期限は「安全に食べられる期限」のことを言うのよ

ママ

へぇ~!そうなんだぁ

補足しますと、消費期限は製造から5日以内に品質が落ちるものに使われますが、油揚げがこれに該当するかどうかの線引きが微妙なところであるため、製造側の判断にゆだねられています。

よって、ほとんどの商品は消費期限が記載されていますが、すべてがそうであるとは言い切れず、購入するときも注意が必要になってきます。

では、油揚げの消費期限はどのくらいなのでしょうか?

開封前

開封前の油揚げの消費期限は、商品により異なりますが、3~6日となっています。

けっこう短めなんですよね。

5枚以上袋に入っている商品が多いので、一度では使い切れず、余ってしまうことも多いと思います。

では、一度開封した場合の食べられる期限はどれくらいなのでしょうか?

開封後

開封後の油揚げは、保存方法により食べられる期間が異なります。

油抜きをし、冷蔵保存をした場合で2日程度

油抜きなしで、冷凍保存をした場合で2週間程度

油抜きをして、冷凍保存をした場合で1カ月程度の保存が可能です。

油揚げの品質低下のスピードを遅らせる鍵は、「いかに油の酸化を防ぐか」にある、ということですね。

賞味期限切れの油揚げはいつまで食べられる?

油揚げの賞味期限切れはいつまで食べられる?腐るとどうなるの?

まずは、その商品に記載されているのが「賞味期限」なのか、「消費期限」なのかをチェックしてください。

「賞味期限」であれば、2~3日は大丈夫でしょう。

しかし、おそらく多くの商品は「消費期限」が記載されていると思います。

消費期限が切れてしまっているものに関しては、1~2日であれば食べられますが、未開封であっても油が酸化して腐ってしまっている可能性もありますので、必ずよく状態を確認してから使用するようにしましょう。

腐っているかどうか判断する際のチェックポイントは、次の章でご紹介していきますね。

油揚げって腐るとどうなるの?

油揚げの賞味期限切れはいつまで食べられる?腐るとどうなるの?

では、腐ってしまった油揚げは、どのような状態になってしまうのでしょうか。

腐っているか判断する際の、チェックポイントをあげていきます。

酸っぱいにおいがする

表面に粘り気がみられる

カビがはえている

袋がパンパンに膨れている

以上のような様子がみられた場合は、期限がすぎていなくても、腐っていると判断し、処分するようにしてください。

油揚げは、腐ってしまった場合、このような様子が顕著に表れるので、判断しやすいでしょう。

油揚げの正しい保存方法は?

油揚げの賞味期限切れはいつまで食べられる?腐るとどうなるの?

油揚げは揚げ物のため、酸化が進むと品質が悪くなってしまいます。

いったん開封してしまうと、すぐに品質が悪くなってしまうので、1~2日で使い切れない場合は、すぐに冷凍をする必要があります。

冷凍する場合、面倒くさがって袋に入れたまま保存してしまうと、おいしくなくなってしまいます。

私もついついやってしまうのですが、パサパサになってしまうんですよね。

おいしく食べてもらうために、冷凍保存する際のポイントをご紹介していきますね。

冷凍保存の方法

①一度全部を取り出し、油抜きをする。(油抜きの方法は後ほどご紹介します)

②1枚ずつラップなどで包装して保存袋に入れる。

※味噌汁などに使用する場合は、油抜きした後、刻んで保存袋に入れると、調理時にそのまま使用することができます♪

この手順できちんと保存しておけば、約1カ月程度保存が可能です。

甘辛く煮て冷凍保存する

①油揚げ(8枚)を半分に切って袋状に開き、油抜きして水気をしぼる。

②鍋に水1カップ、砂糖大さじ4、しょうゆ大さじ3を煮立て、油揚げを入れて、汁気がなくなるまで煮る。

③冷めたら、冷凍用保存容器に入れて冷凍する。

このように保存しておけば、解凍していなりにしたり、うどんにのせたりして、美味しくいただくことができます。

油抜きの方法

【方法1】両面に熱湯をかける。

【方法2】鍋で沸かした熱湯に、1枚ずつくぐらせる。

【方法3】キッチンペーパーで包み、レンジで1分加熱する。

油抜きをすることで、油臭さが抜け、調味料が染み込みやすくなります。

また、冷凍保存する前に油抜きをしていない場合、やはり油の酸化が原因で、保存期間が2週間程度と短くなりますので、このひと手間は惜しまず、行うようにすると良いでしょう。

まとめ

・ほとんどの油揚げは「消費期限」が定められている

 

・油揚げの消費期限は、3~6日

 

・消費期限が切れる前に、油抜き&冷凍保存をすることで、1カ月保存可能になる

 

・油抜きをしていない場合は、冷凍保存で2週間保存可能

 

・冷蔵保存の場合は、油抜きをして、2日以内には食べきる

 

・消費期限切れの油揚げは、未開封で冷蔵保存されているものであれば、1~2日は食べられる

 

・腐ってしまった場合、においや見た目に、顕著に変化がみられる

油揚げの賞味期限、消費期限、保存方法についてご紹介してきました。

冷蔵保存での日持ちが短いため、冷凍保存を上手に活用して、おいしく使い切ってくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です