味付け海苔の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

味付け海苔の賞味期限はどれくらいとどうなる?保存方法は?

味付け海苔って美味しいですよね。

ご飯のおともにとてもぴったりで、ついつい食べ過ぎてしまうと思うのです。

とは言っても、毎日、毎食は食べることができないので賞味期限内に食べきれないということも出てきますよね。

あとは、お中元やお歳暮でたくさんいただいてしまうと、いつの間にか賞味期限がすぎてて、困ったなんてことも。

味付け海苔って賞味期限が切れても食べても大丈夫なのでしょうか?

食べても大丈夫そうにも思えますよね。

これから味付け海苔の賞味期限や、保存方法など詳しくお伝えしたいと思います。

いざという時に知っておくと便利ですよ!

味付け海苔の賞味期限はどれくらい?

味付け海苔の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

賞味期限ってどのくらいなのでしょうか?

イメージ的には海苔って味がついてもつかなくてもすごく長く持ちそうに思いませんか?

賞味期限は 製造から半年から1年です。

  • 袋に入っている海苔 : 9 ヶ月ぐらい
  • 缶に入っている海苔 : 15ヶ月ぐらい
  • プラスチックの容器に入っている: 1年ぐらい

とはいっている容器によっても多少賞味期限が変わってきます。

中に入っている乾燥剤の持続によって、海苔がしっかり乾燥しておけるかどうかにも関わってくるのです。

物によっては2年と記載されている場合もありますよ。

この賞味期限は未開封の場合です。

開封した場合は、保存方法にもよりますが、長くは持たないので早めに食べ切る方が良いですよ。

賞味期限切れの味付け海苔はいつまで食べられる?

味付け海苔の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

賞味期限が切れても食べていても大丈夫なのでしょうか?

未開封のもので、しっかり保存してあれば、賞味期限が切れても食べることができますよ。

賞味期限と記載されているので、この日がすぎたら、すぐに傷むことはありません。

ただし、味や風味は落ちていってしまうので、美味しさは変わってしまいます。

保存方法がしっかりしてあれば、賞味期限が切れてから半年は食べることができます。

1年のものも大丈夫な場合もあるのですが、おすすめはしません。

味がついているのは、普通の海苔に比べると賞味期限がすぎると、海苔と海苔がひっついてしまうこともあるので注意が必要です。

半年前に切れたものを食べたことがありますが、その時は、なんともなく美味しかったです。

乾燥剤のおかげで、パリパリしていて、湿度の影響も全く受けていませんでした。

それは缶入りのものでした。

缶に入っているか、袋入りか、プラスチックに入っているかによっても変わってきます。

湿度の影響を受けてシナってしてしまったり、変色したりすることもあるのです。

賞味期限が切れたものを食べる時は、自己責任で食べましょう。

食べる前にしっかり傷んでいないかチェックしてから食べると良いですよ。

ただし、韓国海苔みたいに油を使っているものは油の酸化のこともあるのでやめた方が良いです。

味も風味も、臭いも変になっていることが多いですよ。

油を使っているものは、賞味期限内に食べるようにしてくださいね。

  • 普通の味付け海苔 : 賞味期限後でも食べても大丈夫
  • 油を使っている味付け海苔 : 賞味期限内に食べ切る!

味付け海苔って腐るとどうなるの?

味付け海苔の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

味付け海苔が傷んでいるとどうなってしまうのでしょうか?

  • 臭いが変になっている
  • ベタベタして、湿気ている
  • 味も変になっている。
  • 変色している。
  • 虫がついている
  • カビが生えている

などのような感じになっていたら食べないでくださいね。

海苔の一番の天敵は湿気です。

湿気の影響を受けてしまうと、シナっとなってベタベタになって海苔どおしが引っ付いたりしてしまいます。

味も美味しくなくなり、風味もなくなってしまっています。

油を使って作ってある味付け海苔の場合は、油が酸化してしまうことも考えられるので注意が必要ですよ。

空気に触れれば、湿気の影響も受けやすくなるので注意が必要です。

ちょっとでも食べた時にいつもと違うと思ったり、臭いや色が変になっていた時は食べないで捨ててくださいね。

味付け海苔の正しい保存方法は?

味付け海苔の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

味付け海苔は湿気に弱いのでしっかりとした保存をしないといけません。

海苔の中には乾燥剤が入っているので未開封の場合は多少安心です。

未開封の場合は直射日光の当たらない湿気がこない場所で保存してください。

缶入り、プラスチックの容器入り、袋入りそれぞれそのまま冷暗所で保管で大丈夫です。

ただし、袋入りやプラスチック入りの場合は、未開封でも湿度の影響を受けてしまうときもあるので、密封容器に入れてあげるとさらに安心です。

開封した後は、密封容器やジップロックに入れてしっかり保存してください。

すぐに湿度の影響を受けたりしてしまいます。

どの海苔も常温保存で大丈夫です。

味付け海苔の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?のまとめ

味付け海苔の賞味期限や保存方法などについてお伝えしました。

賞味期限は 製造から半年から1年です。

  • 袋に入っている海苔 : 9 ヶ月ぐらい
  • 缶に入っている海苔 : 15ヶ月ぐらい
  • プラスチックの容器に入っている: 1年ぐらい

となっています。

意外と長く持ちますよ。

ただしこの日数は未開封の時のみ。

味付け海苔は、賞味期限が記載されているので、多少すぎたとしてもすぐに傷むことがないので食べることができますよ。

ただし、賞味期限が過ぎると、味がついているのでベタベタして海苔どおしがくっついてしまうということもあります。

油を使った海苔の場合は酸化が始まっている可能性もあるので、食べない方が良いです。

海苔は湿度の影響を受けやすいのでしっかりと密封容器やジップロックなどに入れて、直射日光の当たらない場所でしっかり保存してくださいね。

開封ずみの場合は、できるだけ早めに食べ切ることをおすすめします。

ちょっとでも変だなぁとかいつもと違うと感じたら食べるのをやめて処分してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です