赤ちゃんにわかめはいつから食べさせていい?適切な量やおすすめのレシピは?

赤ちゃんにわかめはいつから食べさせていい?適切な量やおすすめのレシピは?

柔らかくて美味しいわかめ。

離乳食の時いつから赤ちゃんにあげ始めていますか?

美味しいものだから食べさせてあげたいと思うけど、いつからあげて良いのかって気になりますよね。

柔らかそうに見えているわかめ。

でもあげる時ってすごく注意が必要なのです。

気をつけていないとのどに詰まってしまうということもあり得るわかめ。

いつから使うことができるのか、注意点なども含めて詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんにわかめはいつから食べさせていいの?

赤ちゃんにわかめはいつから食べさせていい?適切な量やおすすめのレシピは?

赤ちゃんにわかめをいつからあげて良いのでしょうか?

一般的には離乳食後期9ヶ月からになっています。

赤ちゃんの成長にもよりますが、離乳食中期7ヶ月〜も大丈夫な場合もありますよ。

どの場合でも茹でて細かく刻んでからあげるようにしましょう。

中期の頃はすりつぶしてからあげたりするのも良いですよ。

食物繊維が豊富なので、食べ過ぎには注意が必要です。

お腹に負担を与えてしまうこともあるので気をつけてくださいね。

うちの場合は、中期終わりから後期ごろになってから使ったのですが、その時茹でた後すりつぶしてあげました。

食べながらキョトンとした我が子の顔が可愛くて。

初めてのものを食べさせる時ってとても勇気が入りますよね。

あげても良い時期って目安なので、焦らずに子供の成長をよくみて判断してみると良いですよ。

わかめが使用できる時期

  • 離乳食 初期 : ダメ
  • 離乳食 中期 : ややOK.(子供の成長に合わせて)
  • 離乳食 後期以降 : OK

赤ちゃんにわかめを食べさせるときの適切な量は?

赤ちゃんにわかめはいつから食べさせていい?適切な量やおすすめのレシピは?

赤ちゃんにわかめを食べさせる時の量ってどのくらいが良いのでしょうか?

食物繊維がたくさん入っているので、食べ過ぎるとお腹に負担がかかりすぎちゃうのです。

お腹がゆるくなって下痢になってしまったりすることもあるので気をつけてくださいね。

だから注意が必要ですよ。

目安としては

  • 中期、後期: 2mm〜3mm大ぐらい
  • 完了期: 5mm大ぐらい

とされています。

小さじ1のわかめと記載されている場合もありますよ。

わかめペーストを使うときは、だいたい10gぐらいと思っておくと良いでしょう。

赤ちゃんにおすすめのわかめレシピは?

赤ちゃんにわかめはいつから食べさせていい?適切な量やおすすめのレシピは?

わかめを使ったオススメレシピをご紹介いたします。

わかめのたまごスープ(後期離乳食)

材料: 白味魚 10g、わかめ5g、卵 3分の1から半分、だし汁4分の1カップくらい。

作り方

  1. お魚を焼いてからすりつぶします。
  2. わかめをお水で戻してからみじん切りにしておきます。
  3. だし汁をお鍋に入れてわかめとお魚を入れて煮ます。
  4. 最後に溶いた卵を入れたら出来上がりです。

お出汁がきいて美味しいスープになりますよ。

わかめもやわらくなっているので食べやせやすいですよ。

片栗粉を入れたら、かきたま汁みたいになってそれもまた良いですよ。

わかめのおかゆご飯(離乳食中期)

材料: お粥、わかめ、しらす、だし汁

作り方:

  1. しらすを塩抜きしておきし、みじん切りに細かくしておきます。
  2. わかめを水で戻してから細かくしてさっと茹でておきます。
  3. いつものようにおかゆを作り、その中にみじん切りにしたしらすとわかめとだし汁を入れて混ぜます。
  4. 軽く電子レンジでさっと温めたら出来上がり。

いつも作っているおかゆご飯にわかめやしらすを入れてあげるとまた風味が良くなって美味しくなりますよ。

赤ちゃんも喜んで食べてくれます。

もし、心配だったら、わかめを裏ごししておくと良いですよ。

手づかみできる納豆焼き(離乳食後期)

材料: 納豆50g、乾燥わかめ少々、しらす5g、小麦粉小さじ2、お水10ml、油

作り方

  1. わかめを水で戻してから刻みます。
  2. 納豆も細かく叩いておきます。
  3. ボウルに小麦粉とお水を入れて混ぜ、しらす、わかめ、納豆を入れて混ぜます。
  4. フライパンに油をひいて、スプーンですくって平べったく伸ばして焼いてください。
  5. 両面良く焼けたら出来上がり。

手で持って食べることができるので良いですよ。

納豆も入って栄養満点です。

いくつかレシピをご紹介しました。

参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんにわかめを食べさせるときの注意点は?

赤ちゃんにわかめはいつから食べさせていい?適切な量やおすすめのレシピは?

わかめを食べさせる時に気をつけたほうが良い点をいくつかご紹介します。

  • 細かく刻んで、湯がいてから使う。
  • 便秘や下痢の原因にもなるので量を守る。
  • アレルギーに気をつける。
  • 食べている間はそばを離れない。
  • 生のわかめはあげない。
  • 塩がついているわかめはしっかり塩抜きをしてから使う。

わかめを初めて食べさせたいと思ったら、アレルギーなどの心配もあるのでまずは少量からあげるようにしてくださいね。

食べやすい大きさに、できるだけ細かく刻んでから使うようにしましょう。

子供の成長に合わせて様子を見ながらあげてくださいね。

でも、たくさんあげすぎてはいけませんよ。

赤ちゃんにわかめはいつから食べさせていい?適切な量やおすすめのレシピは?のまとめ

赤ちゃんにいつからわかめを食べさせても良いのか、どのくらいの量が良いのかなどについて詳しくお伝えしました。

離乳食に確実に使えるのは、後期になってからといわれています。

中期からも使うことができますが、子供の成長に合わせて無理のないようにあげてくださいね。

最初は少量から徐々に量を増やすようにしましょう。

必ず適量を守ってあげてくださいね。

便秘や下痢になることもあるのであげすぎは禁物ですよ!

美味しいわかめ、上手に離乳食に取り入れて見てくださいね。

わかめの賞味期限や保存方法についてはこちらにまとめているので合わせて参考にしてください。

毎日の料理、たまには時短したい!新鮮で安心な食材を使いたいという方は、こちらもチェックしてくださいね(*^-^*)

私も愛用しています!

Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも! Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です