甘酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は冷凍も可能?

甘酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は冷凍も可能?

栄養たっぷりで飲むと体がポカポカ温まる甘酒。

ホッと一息つきたい時、美容や健康のためにさっと飲める甘酒ですが、この甘酒の賞味期限ってどのくらいか知っていますか?

冷たくしても温かくしてもどちらも美味しくいただけるので、季節問わずずっと飲めて便利ですよね。

発酵食品だから、意外と長く持つのではと考える人も多いでしょう。

でも、しっかり把握していないと、いざ飲もうと思ったらすでに傷んでいて。。

ということにもなり兼ねません。

ショックを受ける前に、しっかり賞味期限や、いつまで飲めるのかなど把握しておきましょう!

また、いろんな飲み物の賞味期限などについてはこちらにまとめているので、合わせて参考にしてくださいね。

甘酒の賞味期限はどれくらい?

甘酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は冷凍も可能?

甘酒の賞味期限ってどのくらいか知っていますか?

市販のものはメーカーによって、手作りしたものかでも、賞味期限が変わってくるのです。

  • 市販のものは、約1年
  • 保存料が入っていない市販の商品は約3ヶ月
  • 手作りしたものは冷蔵庫で2日から3日前後
  • 手作りのもので70度以上に加熱したものは冷蔵庫で1ヶ月
  • 冷凍保存で3ヶ月

という感じになっています。

市販のものは、未開封の場合に有効な賞味期限です。

市販のもので開封した後は、冷蔵保存でやく1週間前後になるので注意しましょう。

ただし、飲み口に口をつけたりした場合、雑菌が入ることもあるので、1週間持たないこともあります。

開封した後は、早めに飲み切る方が良いですよ。

酒粕から作ってあるか、米麹から作ってあるかによっても甘酒の賞味期限が変わってきます。

お米を麹で発酵して作った甘酒の方が日持ちすると言われています。

買ってきた場合は、しっかり賞味期限がどのくらいか確認しておくと安心ですよ。

賞味期限切れの甘酒はいつまで飲める?

甘酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は冷凍も可能?

賞味期限が切れた甘酒は飲んでも大丈夫なのでしょうか?

賞味期限が記載されているか、消費期限が記載されているかによっても変わってきます。

賞味期限が記載されているものは、多少すぎてもすぐに傷むことがないので飲むことができますよ

だいたい賞味期限1日から3日過ぎても大丈夫です。

1週間でも大丈夫な時もありますが、発酵が進んでいるということも考えられます。

ただし、飲むときは、飲む前にしっかり傷んでいないか確かめてくださいね。

ちょっとでもいつもと違うとか、変な味になっていると感じたときは、飲むのをやめて処分しましょう。

日が経つにつれて、発酵もすすみ過ぎて、味や風味も劣化していってしまいます。

消費期限が記載されているものは、その日までしか飲むことができません。

すぎたものは、ダメですよ。

もし、賞味期限が過ぎて飲むのがちょっと心配というときは、ほかの活用方法もあるのです。

  • 洗顔をする時に使う
  • お風呂に入れる
  • 肥料として使う
  • お肉の下処理に使う(未開封のもののみ)

ということにも実は使えるのです。

腐ったものはダメですが、賞味期限が過ぎて傷んでいないけど、飲むのはちょっと心配という時にには、利用してみてくださいね。

甘酒って腐るとどうなるの?

甘酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は冷凍も可能?

甘酒が傷んできたらどうなるのかお伝えしますね。

もし、このような状態を発見したら、すぐに捨てるようにしましょう。

  • 色が変色している。
  • ニオイが変になっている
  • 酸っぱくなってきている
  • 長くおき過ぎたもの。(見た目が大丈夫でも腐敗している可能性あり)
  • 味が変になっている。違和感を感じる。

発酵か、腐っているのかって判断するのが難しいこともあります。

加熱しないで、長くおき過ぎたときは、気づかなくても傷んでいる可能性もあるので、気をつけてくださいね。

見た目で判断することが難しいときは、処分した方が安心ですよ。

大丈夫かなって思って飲んで、あとでお腹が痛くなった。。。ということにならないように注意しましょう!

甘酒の保存方法は?冷凍もできる?

甘酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は冷凍も可能?

甘酒の保存方法をお伝えします。

甘酒の保存方法には、冷蔵、冷凍、常温の3つあるのです。

冷蔵保存

市販の甘酒の場合は、そのまま冷蔵庫に入れて保存ができます。

自分で作ったものは、火入れをしたものは密封容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

市販のものでも、自分のものでも火入れをしていない場合は、隙間を開けた状態で保存してくださいね。

発酵している途中で密封してしまうと、膨張して容器が壊れるということもあるので注意しましょう。

冷凍保存

甘酒は冷凍保存もすることができるのです。

密封容器またはジップロックに入れて保存してくださいね。

市販のものを冷凍するときも、密封容器に移し替えて保存しましょう。

製氷機を利用して保存すると便利ですよ。

先に製氷機で凍らせてから、ジップロックに移し替えます。

そうすると使いたい分だけ取り出せるので日持ちも長くなりますよ。

冷凍庫に入れたら3ヶ月ぐらい保存が可能です。

70度の火にかけて保存

70度以上の火で加熱すると、米麹の発酵を止めることができるのです。

そうすると雑菌が繁殖しにくくなるので、冷蔵庫で1ヶ月保存することができるようになりますよ。

ただし、酵素や栄養素が少しなくなってしまいます。

でも、甘みは増して香りも高くなり、殺菌もできるので良いですよ。

酸味が強くなることも防げるのでオススメです。

常温保存

メーカーによって変わってきます。

未開封のもので常温ができるものに限ります。

表記をちゃんと確認してから保存しましょう。

基本は、冷蔵保存または冷凍保存をオススメします。

甘酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は冷凍も可能?のまとめ

甘酒の賞味期限や保存方法などをご紹介しました。

甘酒はメーカーまたは手作りかによって賞味期限も変わってきます

長いもので1年というのもあります。

買った時に、しっかり賞味期限を確認しておくと安心ですよ。

手作りで作った場合は、2日から3日しか持ちません。

開封したものも1週間ほど。

美味しいうちに早めに飲み切るようにしましょう。

どうしても飲めないときは、70度以上に加熱してから冷蔵保存するか、もしくは冷凍保存してくださいね。

賞味期限が切れ、飲むのは心配だけど、すぐに捨てるのは勿体無いというときは、

  • 洗顔をする時に使う
  • お風呂に入れる
  • 肥料として使う
  • お肉の下処理に使う(未開封のもののみ)

にも使うことができるのです。

美味しい甘酒、飲むだけでなく万が一の時はほかの用途にも使えるのでいざという時は、上手に活用してみてくださいね。

また、甘酒に関する豆知識はこちらにまとめているのであわせて参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です