小豆が賞味期限切れ!いつまで食べられる?腐るとどうなるの?

あんこやぜんざい、またお赤飯に欠かせない食材として、日本人になじみ深い小豆。

種類もさまざまで、大粒の「丹波大納言小豆」や「大納言小豆」はお赤飯にぴったり。

「ささげ豆」は関東のお赤飯では定番ですよね。なんでも割れにくいから「腹切りしない」ということで武士の時代では重宝されていたとか。

小粒の小豆は火がとおりやすく、あんこやぜんざい作りに欠かせません。

でも袋入りの小豆を買ってきて使い切れずに、いつのまにか賞味期限切れになってしまったということありませんか?

ここでは、小豆の賞味期間、賞味期限切れの小豆がいつまで食べられるのか。また小豆は腐るのか、そして正しい保存方法について調べてみました。

小豆の賞味期限ってどれくらい?(開封前、開封後)

小豆の賞味期間は2〜3年です。

これは開封前でも開封後でも同じですが、ただ開封すると小豆を食べるや、湿気によるカビが付きやすくなります。

残ったときは別の容器に移し替えて密封し、保存した方が安全です。

ちなみにスーパーなどで売られている缶入りのゆで小豆の賞味期間はメーカーによって違いますが、だいたい3年です。

缶入りのものは開封後は別容器に移して冷蔵庫保存し、早めに食べることを勧めています。

Q、缶に入ったゆであずきの使い残しはどのように保存すればよいですか。

A、缶を開けてしまうと缶内面が空気に触れて錆びる可能性がありますので、使い残しは缶に入った状態で保管されるのではなく、清潔な容器に移し替えて、フタあるいはラップをして冷蔵庫で保管して下さい。なお、その場合冷蔵庫で保管されましても、生ものですので出来る限り早くお召し上がりください。

出典「井村屋 Q&A お問い合わせ」:https://www.imuraya.co.jp/inquiry/qa/

賞味期限切れの小豆はいつまで食べられる?

小豆に関しては賞味期限過ぎてからいつまでなら大丈夫という保証はないようです。

というのも、小豆は虫が付きやすいことと、保存している間に乾燥しすぎて豆が戻らなくなることが原因としてあるんだとか。

なので賞味期限が過ぎていても食べられる小豆の見分け方をここで紹介します。

虫がついているかどうか

小豆に付く虫はアズキゾウムシインゲンマメゾウムシの2種類です。

虫がついていれば袋に粉のような小豆の破片やフンが付いています。

また水を張った入れ物に小豆を入れて浮いてくる豆があるようなら虫が湧いています。

それじゃあ水に浮かばずに沈んでいる豆なら大丈夫でしょうか?

そうとも限らないようです。

この虫は小豆の中に卵を産みつけられて中身を食べながら豆の外に出てくるので、虫の被害に遭ってなさそうな豆でも既に中に卵が産みつけられている可能性があります。

豆が乾燥しすぎて戻らなくなっているかどうか

小豆を24時間ほど水に漬けておいて、豆が戻るかどうか確認します。

このときしっかりと24時間以上は漬けたほうがよいようです。

小豆の皮の部分だけ戻って中身が戻ってない場合があります。

時間が経ったら、豆を割ってみて中身までしっかりと戻っているかどうか確認します。

 

ちなみに小豆を煮るときには水戻しは不要です。

そのまま水を張った鍋に洗った豆を入れて煮ます。

小豆の煮かた

①小豆をざるに入れて軽く水洗いして、表面についた汚れを落とします。

②水をきった小豆を鍋にいれ、多めに水を入れます。

③火をつけて沸騰させ、水に小豆の色が移ってきたくらいになったら、ざるにあけて軽く水洗いします(渋きり)。

④ふたたび鍋に小豆をうつして水を入れて煮ます。

⑤小豆が柔らかくなったら、お好みで砂糖と塩で甘く味を調えて、出来上がりです。

※ぜんざいや餡を作る場合は焦げない程度に中火でどんどん煮て大丈夫です。小豆の粒を残したい場合は弱火〜中火で、たまに様子を見ながら皮が破れないように慎重に煮ます。

小豆って腐るとどうなるの?

保存している乾燥した小豆はカビや虫が付くことがありますが、腐ることはありません。

家で煮た小豆や、スーパーで買ってきた煮小豆の使いかけを保存していた場合に腐ることはあります。

このような状態になっていたら、腐っているサインです。

見た目

・糸を引いたり、粘りがある。

・白い膜がはっている。

・カビがついている

臭い

・酸っぱい臭いがする

味や食感

・粘りがあり、酸っぱい。

・納豆のような風味がある

 

こうなっていたら、もったいないですが捨てた方がよいでしょう。

小豆の正しい保存方法は?

小豆など豆類は、高温で湿気の多い場所を避けて保存します。

またその際は、虫やネズミなどに食われないよう密閉できる容器で保存することがおすすめです。

冷暗所または冷蔵庫での保存

密閉できる容器に入れて、台所の収納棚などの涼しい場所で保存します。

また冷蔵庫の野菜室での保存もおススメです。

そんなとき役に立つのが空のペットボトルです。よく洗って乾燥させて、中に小豆を詰めて冷暗所や冷蔵庫に保存します。

乾燥剤を入れておけば、湿気対策になりますよ。

乾燥した唐辛子を一本いれておけば虫よけになりますよ!

ママ

冷凍庫での保存

密封できるチャック付きパックに入れて保存します。

使うときは、凍ったまま使う分だけ量りとって水洗いして、一晩水に漬けておけば解凍できますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。小豆の賞味期間や保存方法についてお伝えしました。

・小豆の賞味期間は2~3年。

・賞味期限が過ぎたら、虫がついてないか、ちゃんと水戻りするかどうか確認してから使いましょう。

・煮た小豆は腐ることがある。乾燥したままでは腐らない。

・冷暗所保存、冷蔵庫保存、冷凍保存ができる。

和菓子や赤飯に欠かせない日本の伝統的な食材、小豆。

あんこを使った和菓子は、ケーキなどの洋菓子よりもカロリーが少ないことで、ダイエットにも向いていると評判ですよね。

正しい保存方法で、小豆を使ったスイーツづくりを家庭で手軽に楽しんでみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です