一歳にベーコンあげていい?赤ちゃんはいつからが良いの?離乳食にだしは使っていい?

一歳にベーコンあげていい?赤ちゃんはいつからが良いの?離乳食にだしは使っていい?

大人も子どもも大好きなベーコン。

もちろん私も大好きですし、私の子どもも大好きです!

炒め物にさっと加えるだけでタンパク質を手軽に摂れ、なおかつベーコン特有の旨味が足され、燻製の香りも相まって料理もワンランクアップしますよね。

しかし、乳児を育てる親御さんは「いつからベーコンをあげていいの?」と悩む場面が出てくると思います。

今回はベーコンについてお話いたします。

1歳の子どもにベーコンはOK?いつからあげていいの?

一歳にベーコンあげていい?赤ちゃんはいつからが良いの?離乳食にだしは使っていい?

結論から言うとOKです!

しかし、離乳食後期の時期に豚もも肉など脂肪分の少ない豚肉を食べて、食べ慣れたころに豚挽き肉などの油分を多く含む豚肉を食べ慣れていること、そして豚肉のアレルギーがないことが前提です。

乳児の離乳食時期に、いろいろなものを少量ずつ食べることによって、その食材に見合った消化酵素を作り、消化機能も発達していきます。

ですので、目安としては1歳を過ぎたあたりが望ましいでしょう。

ベーコンは豚バラ肉を使用しています。脂身よりも肉の部分を与えるようにしましょう。

離乳食にベーコンの出汁は使っていい?

一歳にベーコンあげていい?赤ちゃんはいつからが良いの?離乳食にだしは使っていい?

ベーコンの添加物は水に溶けだしやすく、添加物の摂取量を少なくするために「茹でる」ことがあります。

茹でることで添加物である「発色剤・保存料」などの添加物は半分ほど減るといわれています。

その出汁を消化機能が未発達の赤ちゃんに使用することは、あまり好ましくありません。

離乳食時期に使用する出汁は、かつお節や昆布からとった天然のお出汁を使いましょう。

上記の2つはミネラルが豊富なため、脳の伝達細胞を活性化させる働きがあります。

赤ちゃんの離乳食でベーコンを与えるときのおすすめ商品は?

一歳にベーコンあげていい?赤ちゃんはいつからが良いの?離乳食にだしは使っていい?

ピンク色でとっても美味しそうな価格の手ごろなベーコンと、色がくすんで食欲のそそらない少し値段が高めのベーコン。

あなたはどちらを選びますか?

美味しそうなピンク色の正体は亜硝酸ナトリウムという添加物です。

ハムやベーコンのきれいなピンク色を出すために発色剤として使われています。

また、加工肉のボツリヌス菌の繁殖を防ぐ働きもあり、長期保存に長けているというわけです。

では色がくすんでいるベーコンは?

これは「無塩せき」といって発色剤や着色料を使用せずに加工したものです。

保存料としての亜硝酸ナトリウムが含まれていない分、賞味期限も短めです。

どのベーコンを買おうか悩んだときは、ぜひ「無塩せき」と表示のある商品を手に取ってください。

無塩せきと、そうでないベーコンの成分表示を見比べてみると、食品添加物の有無が一目瞭然だと思います。

また、卵白が使用されている場合がありますので、卵アレルギーをお持ちのお子様は「卵不使用」のベーコンかどうか、裏の成分表示を見て必ずチェックしてください。

赤ちゃんや小さい子にベーコンを食べさせる時の注意点は?

一歳にベーコンあげていい?赤ちゃんはいつからが良いの?離乳食にだしは使っていい?

必ず加熱をしましょう。下ごしらえとして茹でてから使用します。

ベーコンは塩分も多く含まれているため、下茹ですることで余分な塩分と添加物をある程度取り除くことができます。

あまり多くの量は使用せず、風味付け程度の少量にしましょう。

また、気を付けたい添加物のひとつに「リン酸塩」があります。

これは肉の水分を保ち、柔らかい食感をだすために加工肉には高確率で使われている添加物です。

加工肉だけではなく、「とろーり食感」等と謳われているプリンや、チーズの乳化剤、かまぼこなどの結着剤など、多岐にわたって使用されています。

リン酸塩自体に毒性はありませんが、リン酸塩を摂取すると貴重なミネラルの吸収が阻害されミネラルが体外に排出されてしまいます。

そのため、体内では生成されない微量ミネラルまでもがリン酸塩によって体内で吸収できなくなってしまうのです。

では、どうすればよいでしょう?

かつおや煮干しなどのお出汁を使った味噌汁を飲んだり、ごまやのり、青のりなどのミネラル含有量が多い食品を摂取して、ミネラル分を補う必要があります。

今日では、「リン酸塩不使用」の商品も多く販売されています。

コンビニなどでも「リン酸塩不使用」のハムが使われているサンドイッチなどが店頭に並んでいます。

気になる方はぜひ商品裏の食品成分表をご覧になってください。

一歳にベーコンあげていい?赤ちゃんはいつからが良いの?離乳食にだしは使っていい?のまとめ

小さい子どもにベーコンをいつからあげていいのか、注意点などについてご紹介しました。

加工肉は私も子どもも大好きです。食べてもいいのです。

しかし、料理工程でのちょっとした一工夫や、商品の選び方によって「安心・安全」の度合いが違ってきます。

子どもは自分で食材を選ぶことはできません。

親である私たちが、よりよいものを選び、与える必要があるのです。

たくさんの食材や商品がある今、子どもの食生活や健康を気遣うためにも、よりよいものを選びたいですね。

また、ベーコンの賞味期限や保存方法についてはこちらにまとめているのであわせて参考にしてください。

毎日の料理、たまには時短したい!新鮮で安心な食材を使いたいという方は、こちらもチェックしてくださいね(*^-^*)

私も愛用しています!

Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも! Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です