ベーコンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?

ベーコンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?

サラダや加熱調理など様々な料理に使える便利なベーコン、朝食に目玉焼きと一緒に焼くなどして食べる方も多いのではないでしょうか。

ベーコンは豚肉を塩漬けし、燻製した豚肉の加工品です。薄くスライスしたものやブロックで売られています。

使用する部位は豚バラ肉や豚ロース、または豚肩肉で作るショルダーベーコンがあります。

ベーコンは豚肉を加工したものですので長期間保存が可能なイメージですが、実際はどうなのでしょうか?

今回はそんなベーコンの賞味期限や保存方法について調べてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

また、いろんな加工食品の賞味期限などについてはこちらにまとめているので、合わせて参考にしてくださいね。

ベーコンの賞味期限はどれくらい?

ベーコンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?

昔からの製法のベーコンは、保存食として作られているので割と賞味期限が長いのですが、最近ではベーコンの作り方も色々あり、よく出回っているものは作る工程が違っていたりするため、そこまで日持ちしません。

今回はよく売られている市販のベーコンの賞味期限についてお伝えします。そもそも賞味期限と消費期限には下記のような違いがあります。

【賞味期限】未開封の状態で、適切な温度と場所で保存している場合に「品質が変わらず美味しく食べられる期間」のこと

【消費期限】未開封の状態で、適切な温度と場所で保存している場合に「安全に食べられる期間」のこと

冷蔵

ベーコンは未開封、開封後に関わらず冷蔵保存してください。パッケージに要冷蔵と記載があると思います。

未開封でしたら記載されている賞味期限まで美味しく食べることができます。

開封後は真空パックのものは2~3日トレー等で売られているベーコンは1~2日ほどで食べ切りましょう。

トレーに入っているベーコンは売られている時から空気に触れているため傷むのが早いです。

冷凍

ベーコンは冷凍保存もできますよ。沢山買ってしまって使いきれそうにない方は冷凍しておくと便利です。

冷凍した場合は1ヶ月ほどで使い切ってください。

使いやすい冷凍方法は後ほどご紹介します!

賞味期限切れのベーコンはいつまで食べられる?

ベーコンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?

ベーコンは賞味期限表記なので、期限が切れたからといってすぐに食べられなくなる事はないので安心して下さい。

真空パックのもので、未開封の場合かつ適切に保存していれば期限から1週間程度は大丈夫です。

もし開封して3日以上経過している場合は、ニオイや見た目、味をよく確認して食べることができるか判断して下さい。

では腐っているかどうかの見分け方を次で見ていきましょう。

ベーコンって腐るとどうなるの?

ベーコンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?

・酸っぱいにおい

・明らかにベーコンのにおいとは違うにおいが混ざっている

・表面に緑色のポツポツとしたカビがある

・ベーコンの色が茶色や灰色っぽくなっている

・表面を触るとネバネバしたり糸を引く

新鮮なベーコンはピンク色で、脂肪部分は白色や薄い黄色っぽい色をしています。においもあの独特なベーコンの香りです。

これらと明らかに違う場合は、食べるのはやめておいた方が良いでしょう。

また、日が経ったものはそのままではなく加熱調理して食べるようにしてください。

最終的には自己判断になりますので、十分気をつけてくださいね。

ベーコンの保存方法は?冷凍もできる?

ベーコンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?

冷蔵保存

【未開封】そのまま冷蔵庫保存で大丈夫です。

 

【開封後】ラップに包み、ジッパー付きの保存袋にいれて空気を抜いてから冷蔵庫で保存すると良いですよ。

もし冷蔵庫にチルド室があれば、そちらに入れてください。温度が安定しているのでより鮮度を保つことができます!

冷凍保存

【未開封】真空で小分けパックされている場合はそのまま冷凍庫で保存可能。

パックされている量が多ければ一枚ずつラップに包み、フリーザーバッグに入れて冷凍庫へ。

 

【開封後】開封したものや小分けされていないものは一枚ずつラップに包み、フリーザーバックに入れて冷凍庫へ。

ブロック状や長いものはご家庭で使いやすいように棒状やお好きな長さにカットしてから保存すると使う時に便利です。

解凍方法

【解凍せず使う】薄切りのベーコンや、厚切りでも煮込み料理に使う場合は凍ったまま調理可能です。厚切りのベーコンを炒める場合は中まで火が通らない可能性がありますので、事前に解凍してから使う方が良いですよ。

 

【自然解凍】使う分をあらかじめ冷蔵庫へ移して解凍してください。常温解凍するとドリップが出て風味も味も落ちてしまいます。場合によっては雑菌が増える事もありますので、常温解凍はやめましょう。

 

【流水解凍】ベーコンに水が直接触れないよう、しっかりラップで包むか保存袋にいれたものを流水にさらしてください。

 

【電子レンジ解凍】解凍ムラができやすいのであまりオススメできませんが、急いでいるときは電子レンジに頼りましょう。

ベーコンをキッチンペーパーをのせたお皿の上に置き、様子を見ながら数秒ずつ加熱してください。

また、一度解凍したベーコンを再び冷凍するのは品質を大きく損なうのでやめてください。

ベーコンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?のまとめ

ベーコンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?

・ベーコンは賞味期限が過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではない

・常温保存ではなく冷蔵保存が基本

・変なにおいや見た目が違う時は食べない

・小分けにして冷凍すると便利

・急激に解凍するとドリップがでてしまい風味も味も落ちる

旨味たっぷりのベーコン、上手く保存をして美味しく食べて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です