バナナの変色したのは食べれる?理由や防ぐ方法も徹底調査!

バナナって変色しやすいですよね。

皮や実どちらも気づかないうちに変色してしまうので、あまりにも程度がヒドくなってしまうと食べられるのかどうか疑問に思いますよね。

食べられるならそのまま食べたいですし、無理なら次からは早く食べないといけませんよね。

そこで、今回はバナナが変色する理由や変色したバナナが食べられるのかどうか、変色防止法などご紹介していきます。

バナナが変色したものは食べれる?

バナナの変色したのは食べれる?理由や防ぐ方法も徹底調査!

バナナの変色はよくあり得ることなのですが、食べられるかどうか疑問ですよね。

結論からいうとバナナの変色だけなら食べることは可能です。

皮からお話ししていくと、バナナは黒っぽい斑点が出てくると甘く熟していて食べ頃と言われています。

この黒っぽい斑点はシュガースポットと呼ばれているものですが、売られているときにはあまり出ていないですが、買って数日もすると徐々に出現します。

シュガースポットが出ているバナナは栄養も豊富なのでむしろ積極的に食べていきましょう。

また、実ですが皮を剥いた後にしばらくしてからする変色や剥いて少しだけ茶色く変色しているときには食べることは出来ます。

ただし食べることは出来ますが、バナナは皮も実もそうですが変色するまたは軽く変色しているときには実が柔らかくなっていて、そのあとは割と直ぐに傷んでしまうので、できるだけ早めに食べるようにしてください。

また、変色していても食べられないこともあるのそちらは、これからの項でお話ししていきますね。

バナナが変色する理由はなぜ?

バナナの変色したのは食べれる?理由や防ぐ方法も徹底調査!

バナナが変色してしまう理由ですが、実は皮の変色と実の変色では変色する理由が違ってきます。

それぞれの変色理由について分けて説明していきますね。

皮が変色していってしまう理由

皮が黒や茶色く変色していってしまう理由は、主にエチレンガスが原因です。

このエチレンガスは果物が熟す過程で重要な影響をもたらします。

もともとバナナは緑色をしています。

その緑色のバナナがエチレンガスの発生によって、緑色から普段私たちが見慣れている黄色へと熟していくのです。

実は、このエチレンガスはバナナが黄色くなってからも出続けていき、バナナをさらに熟させてしまうのです。

先ほども軽くお話ししましたが、バナナは黒いスポットいわゆるシュガースポットが出てからの方が栄養も甘さもあると言われますが、それはエチレンガスによるものなのです。

エチレンガスの影響で黒っぽくなったり茶色くなったりしていくのです。

実が変色していってしまう理由

実が変色していってしまう理由は、タンニンというポリフェノールの一種の酸化が原因です。

バナナの実にはタンニンというポリフェノールの一種が含まれています。

タンニンは肌の再生や動脈硬化の予防など健康にとてもよい成分です。

そのタンニンが多いバナナが皮をむくことで、実が空気中の酸素と反応して酸化してしまい茶色などに変色指定ってしまいます。

バナナの変色を防ぐ方法は?

バナナの変色したのは食べれる?理由や防ぐ方法も徹底調査!

バナナの変色を防ぐために出来ることはあるでしょうか。

①バナナは房のままバナナスタンドなどに引っかけておく

バナナは房から外さずつながったまま保存すると変色しにくくなります。

またバナナはデリケートなので、バナナスタンドなどでバナナを吊しておくと接地面が少なくなったり風通しが良くなるので傷みにくくなります。

 

②バナナの房の先をラップやアルミホイルで巻いておく

バナナの房の先をラップやアルミホイルなどで巻いておくと、エチレンガスが抑制されて変色を防ぐことが出来ます。

長く持たせたいのなら巻いておくことをオススメします。

 

③剥いたバナナは放置しないで直ぐに食べる

実は酸化によって変色が始まってしまいますので、皮を剥いた後は放置することなく早めに食べるようにしましょう。

 

④袋詰めされていたら袋は外す

バナナは袋に入って売られていることもしばしばあります。

袋に入れておくとエチレンガスが充満して変色しやすくなってしまうので必ず袋から取りだして保存してください。

 

⑤他のエチレンガスが出る果物と一緒に置かない

リンゴやアボカドなどバナナ以外にもエチレンガスを出す果物があります。

一緒に置いておくと熟すスピードが早く変色してしまうのでバナナは単体で保存するようにしましょう。

 

⑥レモン水にさっとくぐらす

バナナを切って少ししてから食べたいというときには、バナナを皮ごとまたは実だけをレモン水にくぐらすと変色を抑えることが出来ます。

ボウルに水500ccくらい入れてレモン汁を小さじ半分~1程度いれて混ぜたものにバナナをさっとくぐらせるようにしてください。

そして水気をよく取り除けば完成です。

created by Rinker
ポッカサッポロ フード&ビバレッジ

食べられないバナナの見極め方は?

バナナの変色したのは食べれる?理由や防ぐ方法も徹底調査!

変色しただけなら食べられますが、変色以外に何か変化があると食べられないのでここでは腐って食べられないバナナの特徴をお話ししていきます。

食べられないバナナの特徴

・変色部分がグニャグニャしている

 

・ドロドロしている

 

・カビが生える

 

・鼻をつくような悪臭がする

 

・酸っぱい味や苦みなどが出てくる

 

・変な色の水分が出てくる

などの状態が見られている場合には食べることが出来ません。

特にバナナは変色が始まってくると傷みも早くすでに変色部分がドロドロしていたり全体的に柔らかくなったりします。

少しでもおかしいと思ったら食べずに破棄してくださいね。

バナナの変色したのは食べれる?理由や防ぐ方法も徹底調査!のまとめ

バナナの変色する理由などご紹介しました。

・バナナの変色だけなら食べることは出来る

・皮が黒や茶色く変色していってしまう理由は、エチレンガスが原因

・実が変色していってしまう理由は、タンニンの酸化が原因

 

バナナの変色を防ぐ方法

①バナナは房のままバナナスタンドなどに引っかけておく

②バナナの房の先をラップやアルミホイルで巻いておく

③剥いたバナナは放置しないで直ぐに食べる

④袋詰めされていたら袋は外す

⑤他のエチレンガスが出る果物と一緒に置かない

⑥レモン水にさっとくぐらす

 

食べられないバナナの特徴

・変色部分がグニャグニャしている

・ドロドロしている

・カビが生える

・鼻をつくような悪臭がする

・酸っぱい味や苦みなどが出てくる

・変な色の水分が出てくる

バナナは変色しやすいので、シュガースポットが出てきて柔らかくなったら早めに食べるようにしましょう。

変色もスピードを抑えることが出来るので是非参考にしてみてくださいね。

また、バナナの賞味期限や保存方法についてはこちらに詳しくまとめているので、合わせて参考にしてください。

>>バナナの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?長持ちする保存方法も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です