ぶどうの食べ過ぎで下痢や胃痛になる原因は?1日何粒くらいが適量なの?

ぶどうを食べたあとに、胃が痛くなったり下痢を起こしてしまったりするという方がいます。

ついついおいしいので食べすぎてしまったりすると、不調を起こしやすくなってしまうのですが、なぜこのような症状が起きてしまうのでしょうか。

そこで、今回はぶどうを食べすぎてしまったときに起こる腹部や消化器症状の原因や理由などお伝えしていきます。

ぶどうの食べ過ぎで下痢や胃痛になるって本当?

ぶどうの食べ過ぎで下痢や胃痛になる原因は?1日何粒くらいが適量なの?

ぶどうを食べすぎてしまうと、下痢や胃痛が起こるかについてですが、これは本当です。

普通に楽しむ分には全く問題はないのですが、食べすぎてしまったり、もともと体調が悪い場合に食べると、下痢や胃痛が出現しやすくなってしまいます。

では、なぜ腹痛や胃痛を起こすかということを簡単に説明していきたいと思います。

 

下痢や胃痛になる理由

①消化に時間がかかるから

ぶどうを食べるとき事前に何か食べていたり、皮ごと食べていたりすると消化に時間がかかります。

食後のデザートとして食べることが多いかと思いますが、すでにお腹がいっぱいの状態で食べることでぶどうを消化するために時間がかかります。

また、ぶどうの皮は非常に消化がしづらく胃や腸内に長く停滞していると胃痛や下痢などの症状を引き起こしやすくなります。

 

②ぶどうによる果糖が原因

ぶどうには多くの果糖が含まれています。

他の果物などでもそうですが、糖分が多いものを食べすぎると体内での処理が追いつかずに、外へ排出させようと腸内の水分バランスが崩れます。

 

また、果糖は腸内でガスを発生させてしまうので、大量に食べると腸内環境が悪化につながってしまうため下痢などが起こりやすくなってしまいます。

 

③咀嚼回数が少ない

ぶどうは水分も多いですし、ツルッと食べることが出来るので、あまり噛まずに飲み込んでしまうという人も多いですよね。

しかし、咀嚼回数が極端に少ない事で、消化するときに時間がかかってしまい胃や腸に負担がかかってしまい、胃痛などにつながってしまうのです。

 

ぶどうの食べ過ぎで気持ち悪くなる原因は何?

ぶどうの食べ過ぎで下痢や胃痛になる原因は?1日何粒くらいが適量なの?

ぶどうを食べ過ぎてしまうと、下痢などの腹部症状だけではなく、胃痛や気持ち悪さなどの胃部不快感をもたらしてしまうこともあります。

こちらにも原因があるので、それを見ていきましょう。

 

原因①タンニンが影響しているから

ブドウにはタンニンというポリフェノールの一種が含まれています。

タンニンは主にブドウの渋みに関係していて、本来このタンニンは抗菌作用や抗酸化作用をもち身体にはとても良い成分なのです。

 

ただし、このタンニンは食べ合わせが良くない食品があるのです。

例えば、乳製品や魚などに含まれるタンパク質と一緒にぶどうを摂ると、タンニンが過剰に反応してしまい、吐き気や嘔吐などにつながってしまうのです。

 

もしも、事前にタンパク質を摂っているなら数時間あけてからぶどうを食べると症状が出にくくなるでしょう。

 

原因②消化不良を起こすから

先ほども上記でお話しましたが、ぶどうは消化不良を起こしやすい食べ物です。

食べすぎて消化不良を起こすと気持ち悪さにつながります。

 

ぶどうの適量は1日何粒くらい?

ぶどうの食べ過ぎで下痢や胃痛になる原因は?1日何粒くらいが適量なの?

ぶどうは食べ過ぎなければ、身体にも良い果物ですし、是非とも食べて欲しいものです。

ただ、食べるに当たっては、適正量を知っておかなければならないですよね。

 

適正量ですが・・・

 

大人は1日あたり10~15粒。

 

子供は1日あたり5~10粒。

 

 

ぶどうの大きさなどにもよりますが、グラムで表すと大人で約200g、子供で100g程を目安にするようにしましょう。

 

特に子供の場合には、年齢などにもよりますが、与えすぎないようにしっかり大人の方が量を調整してあげてくださいね。

 

ぶどうの主な成分や効能は?

ぶどうの食べ過ぎで下痢や胃痛になる原因は?1日何粒くらいが適量なの?

ぶどうには、どのような成分が入っているでしょうか。

 

ざっと成分をあげてくと・・・

・ポリフェノール

 

・アントシアニン

 

・果糖

 

・ブドウ糖

 

・ビタミンA、B1、B2、Cなどのビタミン類

 

・カリウム

 

・マグネシウム

 

・食物繊維

 

・レスベラトロール

 

・クエン酸

 

・リン

 

・酒石酸

 

・リンゴ酸

など数え切れないほどの成分が含まれています。

ぶどうの中には、優秀な栄養やミネラルがバランス良く入っていて、それぞれが様々な効果をもたらしていきます。

その中でいくつか効能をピックアップしていきます。

 

ぶどうを食べることで起こる良い効能

①アンチエイジング

ぶどうには、種類の違うポリフェノールが多く含まれています。

ポリフェノールは抗酸化作用や抗菌作用などをもち身体の調子を整えてくれます。

また、レスベラトールという成分も肌に潤いやハリを保つことに特化してくれているので、総合的にみるとアンチエイジングにつながるのです。

 

②免疫力アップ

ぶどうに含まれるビタミン類は風邪を予防したり、免疫をアップさせる効果があります。

 

③エネルギー補給

ぶどうに含まれるブドウ糖は、他の糖とは違ってダイレクトに脳にエネルギー補給をすることが出来ます。

ブドウ糖を摂ることで、すぐにエネルギーとして働くので、効果的に身体を動かすことが出来るのです。

ぶどうの食べ過ぎで下痢や胃痛になる原因は?1日何粒くらいが適量なの?のまとめ

ぶどうの食べすぎで起こりうることなどをご紹介しました。

・ぶどうを食べすぎると下痢や胃痛が起こるのは本当

 

・ぶどうの食べすぎで下痢や胃痛になる理由

①消化に時間がかかるから

②ぶどうによる果糖が原因

③咀嚼回数が少ない

 

・ぶどうの食べすぎで気持ち悪くなる原因

①タンニンが影響しているから

②消化不良を起こすから

 

・ぶどうの適正量は大人15粒以内、子供5~10粒以内

 

・ぶどうにはミネラルや栄養素がたくさん入っている

 

・ぶどうを食べることでおこる効能

①アンチエイジング

②免疫力アップ

③エネルギー補給

 

ぶどうは、栄養が高いですが、食べすぎると不調をきたすことがあります。

これから夏にかけて出回るかと思いますが、どんなに美味しいぶどうでも1日あたりの適正量は必ず守っておいしく食べてくださいね。

また、ぶどうの賞味期限や保存方法についてはこちらにもまとめているので、あわせて参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です