ケーキが賞味期限切れ!いつまで食べられる?腐るとどうなるの?

ケーキが賞味期限切れ!いつまで食べられる?腐るとどうなるの?

みなさんは、ケーキが賞味期限切れになったことってありますか?

我が家では、ケーキはその日のうちにキレイに食べきってしまうのですが、たまに食事をしっかり食べたことで翌日に延ばすことがあります。

家庭によっては、家族がそろわなくて仕方がなくケーキを残しておくこともあると思います。

そんな時に気になるのが、ケーキの賞味期限!翌日まで保存していても大丈夫だろうか?と心配になりませんか。

そこで、今回はケーキの賞味期限切れについて調べてみました。

ケーキと言えば、「ショートケーキ」ではありますが、他のケーキについても調べてので、ご参考になればと思います。

詳しくはこちらにまとめているので、ぜひ読んでくださいね。

賞味期限切れのケーキはいつまで食べられる?

賞味期限切れのケーキはいつまで食べられる?

生クリームや果物が使われている事もあって食品が傷むのが早い為、「消費期限」の表示がされていると思います。

冷凍のケーキになると保存が長くできる事から「賞味期限」と表示されていますが、基本的に解凍してしまうと生のケーキと同じで「消費期限」になります。

消費期限・・・「品質の劣化が早い為、安心で安全に食べられる期間」の期限。

賞味期限・・・製造メーカーが決めた、「(未開封の保存で)美味しく食べられる期間」の期限。

と、表示の意味が大きく変わります。

ケーキの消費期限について、種類ごとに見てみましょう。

ショートケーキ→当日または、翌日。

レアチーズケーキ→3日程度。ただし、生クリームや果物が飾られているものは当日か翌日。

ベイクドチーズケーキ→4日程度。ただし、生クリームや果物が飾られているものは当日か翌日。

ガトーショコラ→4日から5日程度。

フルーツタルト→当日から3日程度。

パウンドケーキ→1週間程度。ただし、生クリームが飾られているものは当日か翌日。

種類によってまちまちの期限ではありますが、いずれにしてもケーキは早く食べる事がおススメです!

その方が、やはり風味も良く、味や食感も美味しく頂くことが出来ます。しかし、ベイクドチーズケーキやガトーショコラのように焼いた翌日まで待って、スポンジをしっとりさせてから食べる場合もあります。

ケーキを手作りした場合の賞味期限はどれくらい?

ケーキを手作りした場合の賞味期限はどれくらい?

ケーキを手作りしたいと思うのは、私だけでしょうか。いや、世の中は主婦は案外同じことを思っているはず。

いや、この記事を読んでいるあなたもその一人のはず。と思うのですが、手作りのケーキの場合も消費期限らしいものが存在するのではないかと思いました。

ネットで検索してみると、情報は少ないですが、やはり期限があります。

どのケーキも上の項目と同じような期限で、生クリームや果物を使っていると当日か翌日が目安となり、ベイクドチーズケーキやガトーショコラのような焼いてあるケーキは4日程度です。

また、パウンドケーキのような水分が少ない焼き菓子は1週間くらいを目安に頂くと良いです。

いずれにしても、心のこもった手作りのケーキなので、美味しいうちに頂きたいものです。出来るだけ当日か、翌日には美味しくいただきましょう。

ケーキって腐るとどうなるの?

ケーキって腐るとどうなるの?

ケーキが腐るとどうなるのでしょうか。

生クリームは、黄色っぽく変色する。表面が乾燥している。

果物は、ジュクジュクに溶けてきている。カビが生えている。

スポンジは、カビが生えてきている。

臭いは、酸味のある臭いや違和感のある臭いがする。

は、酸っぱい。

このような時は、下痢や嘔吐など体調を崩す恐れがあるので、すぐに捨てましょう。また、もし食べてしまって、その後に下痢や嘔吐の症状がある場合は、早めにかかりつけのお医者さん診てもらいましょう。

ケーキって冷凍保存できるの?解凍方法は?

ケーキって冷凍保存できるの?解凍方法は?

ケーキの保存はみなさんはどのようにしていますか?

今回調べていて、目から鱗だったことがありました。それは、冷蔵庫に保管する際にそのままラップをすると生クリームや果物のデコレーションが残念なことになります。

今まで諦めていたのですが、お皿にのせて、ボールをフタのようにしてかぶせる事で、デコレーションがきれいなまま保存できるそうです。

また、意外だったことはケーキの箱のまま冷蔵庫に保存しがちですが、箱のままだと品質の劣化がとても早くなるそうです。

それは、箱にケーキの水分が吸われてしまう事でケーキのスポンジや生クリームが乾いてしまう事と、冷蔵庫内のにおいが箱に吸収されて、中のケーキににおい移りしてしまうからです。その為、箱からは出して保存するようにしましょう。

ケーキは冷凍保存できるの?

また、やっぱり知りたいのは『冷凍保存できるのか』また、出来るのであれば『解凍方法かどのようにするのか』ということですよね。

フタつきの深めの容器に入れて冷凍するか、ラップをしてから、チャック付きの袋に入れて冷凍保存することが出来ます。

ただし、果物が入ったケーキは、果物の水分で解凍した時にスポンジがベチョベチョになってしまうのでやめておきましょう。生クリームは冷凍保存も出来るので、生クリームだけのケーキであれば冷凍保存する事が出来ます。

ちなみに、冷凍保存したケーキは1カ月以内には食べるようにしましょう。いくら冷凍とは言え少しずつ劣化しています。美味しく頂くためにも1カ月以内には食べきりましょう。

冷凍したケーキの解凍方法

解凍方法は、必ず冷蔵庫に移して解凍してください。

常温で解凍すると、風味が落ちれしまう事もありますが、スポンジがベチョベチョになってしまう場合があります。

せっかく冷凍保存をして長く楽しめるようにしたケーキも解凍方法を急ぐと美味しく頂けません。食べる予定の前日には冷蔵庫に移しておきましょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

ケーキは賞味期限がとても短く、表示は「消費期限」になります。(ただし、冷凍の場合は「賞味期限」ですが、解凍したら「消費期限」と同じ扱いをした方が良いです。)

種類にもよりますが、生クリームや果物が飾られているケーキは当日~翌日。しっかりと焼いてあるベイクドチーズケーキやガトーショコラなら、4日程度パウンドケーキは1週間程度とものによって期限は様々です。手作りケーキの場合も同じです。

また、腐っているときは色や臭い、見た目に違和感があります。普通と違うと感じる時は処分するようにしましょう。

保存については、箱から出すことが重要となります。そして、フタつきの深めの容器に入れるか、お皿に移してボールなどをフタにして冷蔵庫に保存します。また、冷凍保存する場合は、ラップをしてチャック付きの袋に入れて冷凍すれば1カ月程度保管することができます。

解凍する時は、前日に冷蔵庫に入れてゆっくりと解凍しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です