キャットフードの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

キャットフードの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

色々な種類があるキャットフード。

猫ちゃんによって好きな味も様々なことでしょう。

キャットフードにも同じように賞味期限が記載されています。

まとめ買いをしておいたら、うっかり切れてしまっていたなんてこともあるので注意が必要ですよ。

人のように体調が悪くなったときや、お腹が痛いというとき、伝えるのが困難なので、日頃から気をつけましょう。

今回は、キャットフードの賞味期限や保存方法について詳しくご紹介いたします。

いざという時に参考にしてみてくださいね。

キャットフードの賞味期限はどれくらい?

キャットフードの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

キャットフードの賞味期限がどのくらいなのでしょうか?

キャットフードにはドライフードとウェットタイプのフードがあります。

賞味期限

  • ドライフード: 1年〜1年半。
  • ウエットタイプのフード: 2年〜3年。

となっています。

どちらのタイプになっているのかしっかり確認しておくと良いでしょう。

どちらも未開封の時に有効な日数です。

保存状態によっては、期限内であっても劣化してしまうこともあるので注意してくださいね。

ウエットフードは備蓄品としても使えるぐらい、保存期間が長いですよ。

いざという時に買っておくと便利かもしれません。

開封後はドライフードの場合は、1ヶ月を目安になるべく早めに食べ切るようにしてくださいね。

ウェットフードの場合は、1日です。

開封済みの賞味期限

  • ドライフード: 約1ヶ月
  • ウェットフード: 1日

賞味期限切れのキャットフードはいつまで食べさせていいの?

キャットフードの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

賞味期限が過ぎたキャットフードを食べさせても大丈夫なのでしょうか?

キャットフードには賞味期限が記載されているので、多少すぎたとしてもすぐに傷むことはありません。

ウェットフードの方が未開封なら長く持ち、多少賞味期限が過ぎたとしても大丈夫な場合がほとんどです。

ドライフードの場合は、保存方法によって左右され、未開封でも劣化していることもあるので注意が必要です。

猫はニオイに敏感なので、ちょっとでもいつもと違うと感じたら食べないでしょう。

一回嫌がると、新鮮なものを与えた時にも嫌がることもあるのです。

猫はとてもデリケートです。

フード会社は、賞味期限が過ぎたものを与えないようにしましょうと記載しています。

劣化したものを食べてお腹を壊してしまう場合もあるので、賞味期限が過ぎたものを与えるのはあまりオススメしません。

なるべく与えない方が良いでしょう。

でもどうしても与える時は、慎重に与えてください。

猫ちゃんの様子を見ながら、ちょっとでもいつもと違うと思ったら、あげるのをやめて処分してくださいね。

猫の体調が悪くなった場合は、獣医さんに相談しましょう。

キャットフードって腐るとどうなるの?

キャットフードの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

キャットフードが腐ると次のようになりますよ。

  • 変なニオイがする。
  • 変な味がする。
  • 粘りが出ている。
  • 色が変色している。
  • 酸化している。
  • カビが生えている。
  • 虫が湧いている。

というような感じになっていたら傷んでいるので処分しましょう。

ちょっとでもいつもと違うと感じたらあげるのをやめてくださいね。

キャットフードの正しい保存方法は?

キャットフードの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

キャットフードの保存方法は、こちら。

常温保存、冷蔵保存、冷凍保存の3種類あります。

未開封のキャットフードの保存方法

どちらのキャットフードも基本常温保存で大丈夫です。

直射日光の当たらない涼しい場所で保存しましょう。

なるべく温度の差がないところが望ましいです。

急激な温度変化があるので、冷蔵庫に入れないでくださいね。

開封済みのキャットフードの保存方法

ウェットフード

開封した後で、残ってしまった時はしっかり密封できる容器に入れて冷蔵庫で保管しましょう。

空気に触れることで劣化のスピードも早くなるので気をつけてくださいね。

ドライフード

こちらの場合は、密封できる容器に入れて、常温保存しましょう。

直射日光の当たらない涼しい場所を選んでくださいね。

フードにニオイが移らないように注意して保存しましょう。

湿度にも弱いので注意してくださいね。

キャットフードの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!のまとめ

キャットフードの賞味期限がどのくらいなのか、腐るとどうなるのか、保存方法はどのようにしたら良いのかなど詳しくご紹介いたしました。

キャットフードは、ドライフードとウェットフードの2種類あります。

賞味期限は

  • ドライフード: 1年〜1年半。
  • ウエットタイプのフード: 2年〜3年。

開封した後は、

  • ドライフード: 1ヶ月以内
  • ウェットタイプ: 1日。

となっています。

ウェットタイプは日持ちしないので、開けたらすぐに食べ切ると思っておくと良いでしょう。

ウェットタイプは、ドライフードよりも長く保存できるので、いざという時にとても重宝します。

ドライフードの場合は、保存方法によっては、賞味期限内であっても傷んでしまうこともあるので注意が必要ですよ。

賞味期限が過ぎたものは与えない方が良いでしょう。

猫はとてもニオイに敏感で、デリケートな動物です。

ちょっとの変化でも食べなくなったり、体調を壊してしまったりすることもあるので注意が必要ですよ。

ウェットタイプの場合は、未開封なら賞味期限が過ぎたとしても大丈夫な場合もあります。

でもオススメはしません。

キャットフードを上手に保存して、愛猫が美味しく食べられるようにしてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です