ちらし寿司って太る?一人前のカロリーや糖質は?ダイエット中でもOKのレシピってある?

ちらし寿司って太る?一人前のカロリーや糖質は?ダイエット中でもOKのレシピってある?

家族みんなが大好きで、見た目も華やかなちらし寿司は、とても喜ばれるお料理ですよね!

しかし冷静に見てみると、

「いつもよりご飯の量多くない…?」

「野菜取れてないよね?栄養偏ってるかも…」

となりませんか?

ダイエット中・糖質制限中などだと、どのくらいのカロリー・糖質量が含まれているか気になる方も多いと思います。

ここでは、ちらし寿司1人前のカロリー・糖質量、ダイエット時に向くレシピなどご紹介していきますね♪

ちらし寿司は太る?一人前のカロリーや糖質は?

ちらし寿司って太る?一人前のカロリーや糖質は?ダイエット中でもOKのレシピってある?

私もとってもちらし寿司が好き(というより、酢飯が好き)で、よく食べたくなるのですが、いつも気になるのが「これってカロリー高そう…しかも食べすぎちゃう」ということ。

ちらし寿司を栄養学的に見ながら、分解してみようと思います。

糖質:ご飯200〜250g、酢飯の砂糖、具材の味付けの砂糖など

 =約500〜600kcal

たんぱく質:卵、海鮮など(具材によります)

 =約70kcal

脂質:具材に含まれる脂質のみ

 =約50kcal

☆糖質量 90〜100g

 

どうでしょうか?こうして分解してみると、糖質の割合が82%と、ほぼ糖質であることがお分かりいただけると思います。

「栄養バランスの取れた食事」の理想は、現代の栄養学では、

糖質60%:たんぱく質15%:脂質25%

(※疾患をお持ちの方は異なります)と言われています。

 

糖質を一気に摂取すると、血糖値が跳ね上がり、糖を吸収しようとインスリンという成分が働きます。

糖を吸収する際に脂質が一緒に吸収されるため、糖質の多い食事は太りやすいと言われるのです。

 

<結論>

ちらし寿司は「単体でたくさん食べると太りやすい」お料理と言えます。

エネルギー:500〜600kcal / 1人前

糖質:90〜100g / 1人前

 

ダイエット中でもちらし寿司は食べてもいい?

ちらし寿司って太る?一人前のカロリーや糖質は?ダイエット中でもOKのレシピってある?

上の項目でご説明した通りですが、家族の行事や外食などで、食べなきゃ!という場面もあるかと思います。

そんなときは、食べ方を工夫しましょう。

 

①ちらし寿司を食べる前に、野菜料理をゆっくり食べる

→糖質で血糖値が上がる際のクッション的な役割を果たしてくれます。ゆっくりと血糖値が上がることで、吸収スピードも緩やかになり、どちらかというと太りにくくなります。

②残すなら、米を残しましょう

→そもそもちらし寿司はたんぱく質・脂質ともに少ないお料理。具材まで残しては、バランスがとても悪くなります。残すなら米のみ。

 

ダイエット中の人におすすめのちらし寿司レシピは?

ちらし寿司って太る?一人前のカロリーや糖質は?ダイエット中でもOKのレシピってある?

ダイエット中のちらし寿司で考えるべきポイントは、①味付けの砂糖が多いこと②ご飯量が多くなりがちなこと と言えますので、その点に注目してアレンジしましょう。

①砂糖

酢飯の砂糖は、量を減らすと食べにくくなるので、具材の砂糖を減らしましょう。

お気に入りのレシピの、砂糖→甘味料などに変えるだけで、ぐんとカロリーダウンできますよ^^

②ご飯量

成人1食の、ご飯の適量は100〜200g。秤などを用いて重量をきちんと測りましょう。

血糖値を緩やかに上げるためには、食物繊維を取ることがポイント。野菜を食べるのも良いですが、白飯でなく玄米やもち麦を混ぜたご飯に変えてみてはいかがでしょうか?

手軽に食物繊維摂取ができますよ^^

 

ちらし寿司って太る?一人前のカロリーや糖質は?ダイエット中でもOKのレシピってある?のまとめ

ちらし寿司って太る?一人前のカロリーや糖質は?ダイエット中でもOKのレシピってある?

MEMO

ちらし寿司のカロリー:約500〜600kcal

ちらし寿司の糖質:約90〜100g

ほぼ糖質のお料理のため、どちらかというと太りやすいと言える。

野菜料理を先に食べたり、ご飯に玄米やもち麦を混ぜることで食物繊維を摂取し、血糖値が急激に上がらないように気をつける。

以上、参考にしてみてくださいね♪

また、ちらし寿司の賞味期限や保存方法についてはこちらにまとめているのであわせて参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です