千歳飴の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

千歳飴の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

七五三に食べるおめでたいお菓子と言えば千歳飴ですね。

甘くて長い飴はおいしいですし見た目もインパクト大なので子どもは大喜びですよね。

しかし、千歳飴って結構長さがあるので、食べきる前に子どもが飽きてしまったりして残すなんてことも珍しくありません。

残ってしまった千歳飴をそのまま破棄するのはもったいないですし、保存は可能なのでしょうか。

そこで、今回は千歳飴の賞味期限や正しい保存方法についてご紹介していきます。

千歳飴の賞味期限はどれくらい?

千歳飴の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

千歳飴の賞味期限ですが、多くの場合、製造日より1年程度の日持ちとなっています。

メーカーなどにもよりますが、一般的に千歳飴は砂糖が原料となっています。

砂糖はもともと保存が効く食材で、腐りにくいとされているので千歳飴も砂糖が主原料なので比較的長く持つことになります。

ただし、長く持ちますが保存の仕方などによっては1年持たないでダメになってしまうことももちろんありますし、口をつけてしまったものに関してはここまで長くは持ちません。

完全に口をつけてしまったものは、当日中に食べきるほうが安全でしょう。

何よりもまずは、お手元の千歳飴のパッケージに記載されている賞味期限を確認してみてくださいね。

賞味期限切れの千歳飴はいつまで食べられる?

千歳飴の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

賞味期限が切れてしまった千歳飴ですが、実は切れたからと言って直ぐにダメになるということはありません。

千歳飴に限らず、飴は割と期限が長く傷みにくいとされています。

正しく保存していれば期限が少し切れても問題はないでしょう。

しかし、これはあくまでも未開封の状態です。

1度でも口をつけたりした場合には持たないので注意してくださいね。

ちなみに目安ですが、期限が切れたあと1~2ヶ月、長くて半年程度は大丈夫でしょう。

あくまでも目安ですのでもちろん、期限切れの千歳飴を食べるときには必ず状態を確認する必要がありますし、下記でご紹介する腐っている状態に1つでも当てはまるときには食べることは出来ません。

食べる時には自己責任で御願いします。

千歳飴って腐るとどうなるの?

千歳飴の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

千歳飴は砂糖が原料なので傷みにくい食品ですが、もちろん傷みにくいだけで腐らないという訳ではありません。

では、完全に腐ってしまうとどのような状態になるのでしょうか。

腐った千歳飴の状態

・カビが生える

 

・ドロドロに溶ける

 

・鼻をつくような悪臭がする

 

・飴の色が変色する

 

・酸っぱい味がする

 

・食べると舌がピリピリと痺れる

などの状態が見られます。

特に傷み始めは、飴がベタベタと溶け出してきて次第にカビなどが生えます。

暑いところなどに置いておくと飴も溶けやすく傷みやすくなるので保存方法には注意するようにしましょう。

 

白い粉状の結晶は大丈夫!!

賞味期限が切れたり、時間が経過すると飴の表面が白っぽくなったりすることがあります。

パッと見腐ってしまったのでは?と思ってしまいますが、この状態は食べることが出来ます。

このような状態が起きるのは何故かというと、飴が水分などを吸収してしまい一度軽く飴の糖分が溶けて再び固まって結晶化してしまったのです。

サラサラしていたり少しゴツっとした感じの白いものなら食べてもOKです。

ただし品質は少し落ちているかもしれません。

千歳飴を食べきれないときの保存方法は?

千歳飴を食べきれずに残してしまった場合には実は保存することが可能です。

しかし、1つだけ注意があります。

既に食べかけのもので千歳飴に唾液がついてしまった場合には保存することは出来ません。

一度でも口にしてしまう箇所があると、口腔内の細菌などが付着して飴がダメになってしまいます。

とはいっても、少ししか口にしていない場合には、口にした部分としていない部分を1~2㎝ほど明確にして割ってから口にしていないほうの飴を保存するようにしてください。

もしも最初から食べきれないことが分かっているなら最初から切ったり、割ったりして子どもに与えてあげると衛生的にも品質的にもよく保存することが可能です。

では、保存方法に移りましょう。

保存法の仕方

千歳飴の保存は冷蔵保存のみとなります。

手順は・・・

①千歳飴をラップでしっかり包む

 

②ジップロックなどの密閉袋に入れてしっかり空気を抜き封をする

 

③冷蔵庫へ保存して完成

千歳飴を保存するときには、飴が乾燥しないようにしっかりラップと袋で密閉するようにしましょう。

 

千歳飴の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

千歳飴の賞味期限についてご紹介しました。

・千歳飴の賞味期限は製造日より1年程度

・賞味期限が切れてしまったものは未開封なら数ヶ月は食べても問題はない

 

腐った千歳飴の状態

・カビが生える

・ドロドロに溶ける

・鼻をつくような悪臭がする

・飴の色が変色する

・酸っぱい味がする

・食べると舌がピリピリと痺れる

 

・千歳飴はしっかり密閉した状態で冷蔵庫に保存する

千歳飴は長さがあるので子どもが食べきれないことも多いですが、正しく保存することで七五三が終わってからも長く楽しむことができます。

是非参考にしてお祝いのお菓子を楽しんで食べて見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です