子どもにチョコレートは食べさせない?いつからOK?赤ちゃん用のチョコってある?

子どもにチョコレートは食べさせない?いつからOK?赤ちゃん用のチョコってある?

赤ちゃんや小さい子など色々なお菓子などの食べ物を徐々にデビューさせていくと思いますが、そのお菓子の中でも悩ましいチョコレート。

既にお子様がいるママ達は経験したことがあるかもしれませんが、チョコレートって初めて食べさせる時って結構論争になったりする食べ物だったりするので、あげるとなるとすごく悩むんですよね。

チョコ1つで!?と思いますが、嘘のような本当の話なのです。

そこで、今回はいつからチョコレートを食べさせても良いか?などお伝えしていこうと思います。

赤ちゃんにチョコレートはいつから食べさせていいの?

子どもにチョコレートは食べさせない?いつからOK?赤ちゃん用のチョコってある?

赤ちゃんにチョコレートデビューさせて良い年齢ですが、これは様々な意見があります。

ただ、離乳食が完了している頃、つまり1歳以上から食べさせても問題はないとされてはいます。

 

しかし、いくら食べさせても良いと言っても、1歳になったからすぐにと積極的に取り入れたいおやつではありません。

あまりにも小さすぎる赤ちゃんには、あまり食べさせないほうが理由がいくつかあります。

赤ちゃんにチョコを与えない方が良い3つの理由

①成分が子どもにとってはあまり良くない

チョコレートには大人にとっては良い成分がたくさん入っていますが、子どもが食べると過剰に反応してしまい逆効果になってしまう成分がいくつかあります。

その中でも、カフェインとデオブロミンによる影響は赤ちゃんにとって負担になります

カフェインは、もうお分かりの方も多いと思いますが、交感神経を優位にして、覚醒効果を高めたり、利尿作用や胃酸を分泌させるなど、大人でもカフェインを取り過ぎると結構きついですよね。

子どもなら、その効果が絶大に出てしまい寝付きが悪くなったり、ぐずってしまったりと弊害が出てきてしまいます。

また、デオブロミンは、何度もチョコが食べたくなるという不思議な感覚を作り繰り返し食べてしまうという中毒性を示してしまいます。

中毒性だけでなく、消化不良やカフェイン同様に血管拡張して興奮状態が続いてしまったりと様々な問題もあるのです。

②糖分を取り過ぎてしまうから

チョコレートにはたくさんの砂糖が含まれています。

砂糖の取り過ぎは、赤ちゃんの時に大事な味覚形成を不十分にしてしまったり、肥満や虫歯などのリスクにもつながってしまうのです。

赤ちゃんは胃腸の発達も未熟ですし、基本的に砂糖を添加することはあまり良い事ではないのです。

③アレルギーリスクがある

チョコレートは乳製品が含まれているので、赤ちゃんの時に発症しやすい乳アレルギーを引き起こす可能性があるのです。

乳アレルギーは、赤ちゃんのときに発症しても成長して年齢が上がれば完治することが多いですが、赤ちゃん時代のアレルギー症状は重症化してしまいやすいので注意が必要な食べ物であったりするのです。

このように、赤ちゃんにチョコを与えるというのはそれなりにリスクを抱えているということは頭に入れておかなくてはいけません。

子どもにはチョコレートを食べさせない!という人の理由は?

子どもにチョコレートは食べさせない?いつからOK?赤ちゃん用のチョコってある?

子どもにいつからチョコを食べさせるか議論になることが多々あるかと思います。

食べさせるか食べさせないかは本当に、親によって意見は違いますし、何が正解なのかと聞かれると難しいところではありますが、ここではチョコを食べさせないという人の意見をみていきましょう。

・子どもがそもそも興味を持っていない

 

・虫歯が怖いので食べさせたくない

 

・時期がくれば勝手に食べると思うので小さいうちは食べさせない

 

・チョコを食べたら中毒になりそうであげたくない

 

・周りの子がまだデビューしていないから食べさせていない

 

・肥満になってしまったら大変なのであげない

など、聞かれました。

その中でも調べるとやはり虫歯や肥満のリスクが怖いからという声が大半を占めていました。

 

しかし、年齢的にまだあげたくないと思っていても、兄弟や周りの子が食べているのをみてその子が我慢出来ずに仕方なくデビューさせてしまったという声も多く聞かれていました。

余談・・

実は、余談で申し訳ないですが、私も1人目の時にはチョコをあげるものかと思っていて、実際本人もいらないと言っていたので、デビューさせたが遅かったのです。

しかし、2人目、3人目ともなるとその決意はあるものの、やはり子どものパワーに負けてしまい2歳前にはデビューさせてしまいました。

軽くチョコ中毒な2人をみると若干の後悔もあるのですが、実はあんなに早く食べさせた2人が虫歯0で、逆にデビューが遅かった上の子は今もチョコはほぼ食べないですが虫歯は経験済みというなんとも微妙な結果でして・・

知り合い数人も早くデビューさせたという子もいますが、その子も虫歯はないということでチョコって不思議だなと思いながらこの記事をかいています。

安全な赤ちゃん用のチョコってある?

子どもにチョコレートは食べさせない?いつからOK?赤ちゃん用のチョコってある?

安全な赤ちゃん用のチョコがあるかと言われれば、それはないと考えて良いでしょう。

どんなチョコでもやはり、成分はほとんど一緒なので食べてしまえば正直一緒です。

 

チョコを食べさせたいけれど、不安という方はいチョコのような感じを味わえるようなもので代用するほかありません。

チョコの代用として赤ちゃんでも安全に食べられるものなら実はあります。

 

チョコの代用品

①純ココア

純ココアは、砂糖や添加物など一切入っていないですし、1歳を過ぎたあたりから少量使える食材です。

原料はチョコと同じカカオ豆なので、手軽にチョコ風を楽しむことが出来ますよ。

created by Rinker
¥187 (2021/10/17 15:55:16時点 楽天市場調べ-詳細)

 

②キャロブ

キャロブというのは最近話題になりつつある食品なのですが、豆科の植物で味がなんともチョコやココアのような甘い味がするものなのです。

しかも嬉しいことに、カフェインが含まれておらず低カロリーでもあり小さい子どもにも安心な食材なのです。

 

このようにチョコはまだ早いけれど意外と似たもので代用出来ることもあるので、是非参考にしてみてください。

子どもにチョコレートは食べさせない?いつからOK?赤ちゃん用のチョコってある?のまとめ

赤ちゃんや子どもに与えるチョコレートについてご紹介しました。

・1歳を過ぎたらチョコレートを食べることは出来るが積極的に食べるものではない

・チョコレートをあげない人は健康面の心配が多いことがある

・赤ちゃんにチョコをあげるなら代用品も利用してみるのも良い

チョコレートが完全にダメということはありません。

もしもあげるときは、量に気をつけたり、食べたあとに歯磨きをさせるなどの工夫をすれば食べさせることも可能なのではと思いますので、食べさせる時には注意点も守りつつあまり神経質に考えずにいるのが良いかと思います。

また、チョコレートの賞味期限や保存方法など豆知識についてはこちらにまとめているので合わせて参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です