カクテル・リキュール・チューハイの違いは?材料や味など徹底調査!

カクテル・リキュール・チューハイの違いは?材料や味など徹底調査!

バーでお洒落にお酒を嗜みたいけど、種類が多いし慣れてないと好みのドリンクが分からない…。

また、どのお酒がアルコールが強いのか分からない時は困りますよね。

お酒に弱い方は特に知っておきたいところだと思います!

ここでは、カクテル・リキュール・チューハイの違いと、どのお酒がアルコール度数が高いのか、などについてご紹介しますね。

カクテルとは?

カクテル・リキュール・チューハイの違いは?材料や味など徹底調査!

カクテルとは、ベースとなる酒(基酒)に、他の酒やソフトドリンク、果汁などを混ぜて作られる混酒です。

配合によってアルコール度数が高いものもありますが、お酒が苦手な方にはアルコール分を含まなかったり、1%未満のノンアルコールカクテルもおすすめです。

それではカクテルについて詳しくご説明していきますね。

ベース

ベースにはは、ジン・ラム・テキーラ・ウォッカが使われることが多く、4大スピリッツと呼ばれています。

この4種類はアルコール度数が35~50度と高めです。

アルコール度数が低いものでは、リキュールベースやビールベースのカクテルがあり、オレンジジュースやジンジャーエールを基にしたノンアルコールカクテルもあります。

カクテルは大きく分けるとショートカクテルロングカクテルの2種類があります。

オリジナルのカクテルを含めると数千種類ありますが、ここでは人気の7種類をご紹介しますね。

ショートカクテル

比較的アルコール度数が高いお酒が多く、小さめで逆三角形のカクテルグラスに注がれます。

氷が入っていないので、ぬるくなる前に素早く飲むことが求められるお酒です。

マティーニ アルコール度数:約30度

カクテルの王様とも呼ばれ、ジンベースの辛口で飽きの来ない味。

ギムレット アルコール度数:約30度

ジンベース。すっきりした味わいで飲みやすい。

マンハッタン アルコール度数:約30度

ウイスキーベースの代表的なカクテル。

ほろ苦く、少し甘みのある大人な味わい。

 

ロングカクテル

アルコール度数が低めのものが多く、氷が入ったグラスに注がれているので、時間をかけてゆっくり楽しめます。

カシスオレンジ アルコール度数:約4度

カシスリキュールをオレンジジュースで割ったカクテル。

あっさりした甘さで、初心者にもおすすめ。

ジントニック アルコール度数:約8度

ベースのジンの香りとライムの酸味がほろ苦く爽やか。

モスコミュール アルコール度数:約10度

ウォッカにライムジュースとジンジャーエールを加えており、甘みもあって飲みやすい。

ソルティドッグ アルコール度数:約12度

ウォッカベース。お酒に塩の味が加わって、さっぱりと飲める。

リキュールとは?

カクテル・リキュール・チューハイの違いは?材料や味など徹底調査!

リキュールとは、蒸留酒に果実や香草などで風味を付け、そこに砂糖などの甘味料を添加して仕上げた混成酒です。

語源は、ラテン語「liquefacere(溶け込ませる)」または「liqueur(液体)」がなまったものと言われています。

日本の代表的なリキュールとしては、梅酒が親しまれていますね。

リキュールは主に、「フルーツ系」「ハーブ系」「ナッツ系」「その他」の4つに分類されます。

それでは、4種類のそれぞれの特徴と、代表的なリキュールをいくつかご紹介しますね。

フルーツ系

果実を原料としたリキュールで、カクテルや洋菓子に使用されることが多い。

キュラソー アルコール度数:約40度

オレンジ果皮を原料としたリキュール。

コアントローなど有名な銘柄が多い。

クレーム・ド・カシス アルコール度数:約20度

癖がなく甘みがあり、このリキュールを使ったカクテルは女性に人気。

ハーブ系

独特の風味があり、度数が高いのもが多い。

アブサン アルコール度数:約60度

ニカヨモギ、アニスなど複数のハーブを使用。

独特の香りが特徴。

カンパリ アルコール度数:約25度

オレンジ、コリアンダーなど複数ののハーブや果物を使用。

複雑な香りとほろ苦さが特徴。

ナッツ系

果実の種子や豆類を原料としている。

濃厚な香りが特徴。

コーヒーリキュール アルコール度数:約20度

香り高いコーヒーのようなコクのあるリキュール。

カルーアミルクなどに使われている。

ココナッツリキュール アルコール度数:約20度

ココナッツの風味が濃厚で、甘みがあり飲みやすい。

マリブなどが有名で、初心者の方にもおすすめ。

その他

ヨーグルトやクリームなどを原料としたリキュール。

ヨーグリート アルコール度数:約16度

ヨーグルトの程よい酸味と甘みがあって飲みやすい。

ベイリーズ アルコール度数:約17度

ウイスキーベースにクリームやカカオ、バニラを加えたリキュール。

口当たりが良く、甘くてクリーミー。

チューハイとは?

カクテル・リキュール・チューハイの違いは?材料や味など徹底調査!

チューハイとは、焼酎をベースに果汁などで香りづけをし、炭酸水で割ったお酒です。

居酒屋で飲むチューハイは美味しいですが、コンビニやスーパーにもたくさんの種類が並んでいるので、お家で飲みたい時もお手頃価格で楽しめますよね。

チューハイは「焼酎ハイボール」の略で、ハイボールとはウイスキーを炭酸水で割ったものですが、ウイスキーは酒税が高かったため、代わりに焼酎を炭酸水で割ったチューハイが人気になったそうです。

最近では、ジンなどの蒸留酒を炭酸水で割ったものをチューハイと呼ぶ場合もあり、これといった明確な規定はないそうです。

カクテル・リキュール・チューハイでアルコール度数が高いのはどれ?

カクテル・リキュール・チューハイの違いは?材料や味など徹底調査!

 カクテルのアルコール度数:3~40度程度

ビール系カクテル 3~4度

シャンディガフ・レッドアイなど

リキュール系カクテル 4~10度

カシスオレンジ・ファジーネーブル・カルーアミルクなど

スピリッツ系カクテル 30~40度

マティーニ・マンハッタン・ブラックルシアンなど

 リキュールのアルコール度数:8~60度程度

フルーツ系リキュール 8~40度

ハーブ系リキュール 20~60度

ナッツ系リキュール 20度前後

その他 15~17度

 チューハイのアルコール度数:3~12度程度

度数が低めの缶チューハイ 3~4度

主流の缶チューハイ 5~7度

ストロングチューハイ 8~12度

居酒屋のチューハイ 3~4度

カクテル・リキュール・チューハイを比べてみると、種類によってかなり差があることが分かりました。

中でも、比較的アルコール度数が高いお酒はリキュールでした。

リキュールは洋菓子に入れたり、ジュースなどで割ってカクテルにする場合がほとんどで、チューハイやカクテルはそのまま飲むため、アルコール度数にも差があるようですね。

お酒の種類は組み合わせによって無限大なので、自分に合ったお酒探しも楽しんでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です