ココアが賞味期限切れ!いつまで飲める?腐るとどうなるの?保存方法も!

ココアが賞味期限切れ!いつまで飲める?腐るとどうなるの?保存方法も!

寒い日はホットで、暑い日は冷して飲んだり、お菓子作りなどでも重宝するのがココアですよね。

ココアは美味しいだけではなく、栄養も多いので好んで飲用するかたも多いのではないでしょうか。

そんなココアですが、最近は1回で飲みきれる量の個包装タイプの粉末も売られていますが、大容量パックで買う方のほうが大多数かなとも思います。

大量にあるココアを少しずつ使うとそれなりに使い切るまでに時間がかかってくるので賞味期限などが気になりますよね。

そこで、今回はココアの賞味期限や正しい保存の仕方などお伝えしていきます。

ココアの賞味期限はどれくらい?

ココアが賞味期限切れ!いつまで飲める?腐るとどうなるの?保存方法も!

ココアの賞味期限ですが、開封前、開封後では違っていくのでそれぞれ見ていきましょう。

 

開封前の賞味期限

開封前の賞味期限は1年半~2年ほどもつでしょう。

メーカーや種類などによっても若干異なるのですが、意外と未開封の場合には日持ちする食品なのです。

ただし、あくまでも未開封でかつ正しく保存してあることが条件となってきます。

 

開封後の賞味期限

開封後の賞味期限は、1ヶ月~2ヶ月程度です。

一度でも開封してしまうと、ぐっと日持ちする期間が短くなってしまいます。

開封することで、中のココアが空気に触れてしまって酸化が進んでしまったり、きちんと口のチャックを閉めたつもりでもしまっていなかったりすることがあり劣化が進んでしまうのです。

開封後には正しく保存して出来るだけ早めに飲むということがポイントとなっているのです。

賞味期限切れのココアはいつまで飲める?

ココアが賞味期限切れ!いつまで飲める?腐るとどうなるの?保存方法も!

長く保存しておくと、ついうっかり賞味期限が切れてしまったなんてこともありますよね。

全く口にしていない場合など捨てるのはもったいないので飲めたりしないのかなと思う事もあるのではないでしょうか。

実は、賞味期限の切れてしまったココアですが、すぐに飲めなくなるということはほとんどありません。

 

未開封の場合ですが、期限が切れたあとも3ヶ月から半年ほどは大丈夫ということもあります。

袋を全く開けていないのであれば、劣化が早いスピードで進む事はなく多少過ぎても問題はないでしょう。

 

また、開封済みの場合に関しても期限が切れたあとも2週間から1ヶ月ほど大丈夫なこともあるでしょう。

ただし、どちらとも確実に正しく保存出来ていて、使用する時に異変がないということが大事ですし、あくまでも目安で保証などは出来ないので自己責任で御願いします。

ココアって腐るとどうなるの?

ココアが賞味期限切れ!いつまで飲める?腐るとどうなるの?保存方法も!

ココアは日持ちがする食品ですが、時間とともに劣化はしてしまいます。

では、腐ってしまうとどのような状態になるのでしょうか。

腐ったココアの状態

・ニオイが変

 

・カビが生えている

 

・色の変色が見られる

 

・虫が湧いている

 

・口にしたときに酸っぱさや舌がしびれる感じがする

 

・苦みが強く出ている

などの状態が見られます。

ココアは色が濃いので一見腐っている状態が分かりにくいのですが、腐ってしまうとあっという間に上記のような症状が見られるので注意しましょう。

腐っているようで腐っていない!?

一見すると腐っているように見えるのですが、実は大丈夫であるという状態がココアでは現れるのです。

・ココアの粉が白っぽく分離している

ココアの粉が茶色から白っぽくなっていることがあります。

パッと見カビているのかと思いますが、実はこれは脂肪分が温度変化などによって分離してしまった状態なのです。

分離しているだけであれば、風味は少し落ちているかもしれませんが飲めないということはないのです。

 

・ダマのように固まっている

ココアはサラサラとしたものですが、実は少しの振動などで塊ができやすいのです。

ですので、開けたときにダマのような塊があることがあります。

しかし、このダマもスプーンなどで潰せば元に戻るので、飲むことは可能です。

ココアを開封後の保存方法は?

ココアが賞味期限切れ!いつまで飲める?腐るとどうなるの?保存方法も!

未開封のココアであれば、常温保存ですが、開封後のココアはどのように保存すればよいのでしょうか。

 

ココアには、実は単純にココア100%の純ココア(ピュアココア)というものと、砂糖やミルクの粉末を混ぜたミルクココアというようなものがあります。

純ココアか、ミルクココアで実は保存方法が変わってくるのです。

それぞれの違いを把握したうえで正しく保存していきましょう。

 

純ココアの開封後の保存の仕方

created by Rinker
森永製菓
¥1,073 (2021/06/24 18:08:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
バンホーテン
¥700 (2021/06/24 18:08:49時点 Amazon調べ-詳細)

純ココアの保存は、基本的に常温保存です。

直射日光の当たらない出来るだけ涼しい場所に保管するのが大事です。

暑い時など、冷蔵庫に入れて保存したくなってしまいますが、実は純ココアの場合には冷蔵庫に入れると急激な温度変化に耐えられず、結露が発生してその水分がココアに吸収されてしまい、品質の著しい低下が起こりやすくなってしまうのです。

ですので、基本は常温保存が良いのです。

 

常温保存する場合の手順です。

①ココアの袋の口はしっかり閉じる(必要に応じて輪ゴムやテープなどで固定)

 

②①をジップロックなどの密閉袋にいれてしっかり空気を抜き封をする

 

③直射日光の当たらない風通しの良い場所に保管して完成

 

ミルクココアの開封後の保存の仕方

created by Rinker
森永製菓
¥355 (2021/06/24 18:08:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
バンホーテン
¥862 (2021/06/24 18:08:50時点 Amazon調べ-詳細)

ミルクココアの保存に関してですが、開封後は基本的に冷蔵保存です。

 

なぜ冷蔵保存が必要かというと、砂糖やミルクなどが使われているので虫が湧きやすいということからです。

粉物などの食品には、「タバコシムシ」という虫がつきやすくココアも例外ではありません。

この虫は少し厄介で、薄い袋であれば穴を開けたり、隙間から簡単に侵入して食品を汚染してしまうのです。

3㎜ほどの小さなものなので、ココアの中に入っても見つけにくいのですが、ココアをお湯で溶かしたら上に浮かんでいるなんてこともあるのです。

この虫は20℃~30℃以上の温かい環境が大好きで、ミルクココアを常温に保存しておくと知らない間に繁殖していたという恐ろしいことが起きるのです。

ですので、虫の侵入を防ぐためにも冷蔵保存が大切になるのです。

 

冷蔵保存する場合の手順です。

①ココアの袋の口についているココアをしっかり落とす

 

②空気をしっかり抜くようにして袋の口をしっかり止める

 

③②をタッパーかジップロックなどの密閉容器や袋に入れてしっかり封をする

 

④冷蔵庫に入れて完成

冷蔵庫に入れればほぼ安心ですが、長い期間入れっぱなしにしてしまうと危険なので、賞味期限以内に使いきるようにしてくださいね。

ココアが賞味期限切れ!いつまで飲める?腐るとどうなるの?保存方法も!のまとめ

ココアの賞味期限などお伝えしました。

・開封前の賞味期限は1年半~2年

・開封後の賞味期限は1ヶ月~2ヶ月

 

・期限が切れたココアは直ぐにダメになることは少ない

 

腐ったココアの状態

・ニオイが変

・カビが生えている

・色の変色が見られる

・虫が湧いている

・口にしたときに酸っぱさや舌がしびれる感じがする

・苦みが強く出ている

 

・開封後のココアの保存は、純ココアは常温・ミルクココアは冷蔵保存をする

 

ココアは未開封であれば比較的長持ちしますが、開封してしまうと短くなってしまいます。

劣化が一見分かりにくいですが、日に日に新鮮さはなくなってしまうので、出来るだけ早めに使いきるか、期限をあまり気にしなくてもよい個包装タイプのものを選ぶと長く楽しめるのでおすすめですよ。

また、いろんな飲み物の賞味期限などについてはこちらにまとめているので、合わせて参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です