コーヒー牛乳の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?開封後の保存方法も!

コーヒー牛乳の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?開封後の保存方法も!

たまに飲みたくなるコーヒー牛乳。

紙パックタイプや缶、ペットボトルなど色々な種類が売っていますよね。

もちろん、お家で手作りすることだってできてしまいます。

買って来てすぐに全て飲めれば良いですが、うっかりしているとそのまま置いておいて忘れたなんてこともあって、気付いた時にはすでに賞味期限がすぎていたなんてことも。

そういう時ってどのようにしていますか?

そのまま捨てていますか?

それとも飲んでいますか?

今回は、コーヒー牛乳の賞味期限がどのくらいなのか、切れても飲んでも大丈夫なのかや保存方法など詳しくご紹介いたします!

コーヒー牛乳の賞味期限はどれくらい?(紙パック、缶、ペットボトル、手作りなど)

コーヒー牛乳の賞味期限はどのくらいなのでしょうか?

  • 雪印 メグミルク カフェオレ :  120日。
  • 九州乳業 みどり牛乳LLコーヒー: 製造日より90日。
  • 雪印 コーヒー(紙パック) : 製造日より14日。
  • 雪印 メグミルク コーヒー瓶: 製造日より9日間。
  • 塚田牛乳 コーヒー牛乳: 紙パック8日間、瓶7日間。
  • 塩バラコーヒー(紙パック、缶): 製造日より15日。
  • ロングライフ製品のコーヒー牛乳 : 常温で1ヶ月から2ヶ月。

となっています。

超高温殺菌法で完全に無菌状態にし、アルミパックで保存されているコーヒー牛乳があります。

こちらの場合は、常温保存で1ヶ月半から2ヶ月ぐらいの賞味期限になっていますよ。

開封した場合は、雑菌も入る可能性があるので、3日以内に飲み切るようにしてくださいね。

手作りした場合は、日持ちしません。

当日から次の日以内に飲み切るようにしましょう。

メーカーによってまたは、どのような容器に入っているかによって賞味期限も変わってきます。

賞味期限が記載されているものと、消費期限が記載されているものがあるので、よく確かめてみてくださいね。

賞味期限切れのコーヒー牛乳はいつまで飲める?

コーヒー牛乳の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?開封後の保存方法も!

賞味期限が過ぎたコーヒー牛乳って飲むことができるのでしょうか?

賞味期限が記載されているものの、要冷蔵になっているものは傷んでいる可能性もありますよ。

賞味期限過ぎたものはあまりオススメしません。

パックになっているもので、常温で保存可能なものなら、多少すぎたとしても大丈夫な場合もありますよ。

賞味期限が過ぎたものをどうしても飲むときは、飲む前に必ず傷んでいないかよくチェックしてから飲むようにしてくださいね。

 

温めて飲んだというコメントもありました。

 

ちょっとでも変だなぁって感じたときは、飲むのをやめて処分するようにしましょう。

消費期限が記載されているものは、絶対にダメですよ。

コーヒー牛乳って腐るとどうなるの?

コーヒー牛乳の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?開封後の保存方法も!

コーヒー牛乳が腐るとどうなるのでしょうか?

  • 変な味がしている。
  • カビが生えている。
  • 分離している。
  • 変なニオイがしている。
  • 何か変なものが浮いている。
  • 酸っぱい味がしている。

というような感じになっていたら捨ててください。

コーヒー牛乳の開封後の保存方法は?

コーヒー牛乳の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?開封後の保存方法も!

コーヒー牛乳はメーカーやタイプによって多少違いますが、冷蔵保存になっている場合がほとんどです。

買って来たら必ず冷蔵庫に入れて保存してください。

開封した後も、しっかり口を閉じて冷蔵保存しましょう。

要冷蔵となっているコーヒー牛乳は、常温で保存することができません。

もしうっかり常温で置きっぱなしにしていた場合は、傷んでいる可能性が大きいので飲まないで捨てるようにしてくださいね。

ロングライフ製品のコーヒー牛乳なら、常温保存が可能なので、この場合は大丈夫です。

でも、開封した後は、冷蔵庫で保存するのが良いでしょう。

普通のコーヒー牛乳も、ロングライフ製品のコーヒー牛乳も、開封した後はあまり日持ちしません。

3日以内に飲み切るようにしてください。

 

こんなコメントがありました。

 

開けた場合、賞味期限内でも傷んでいることもありますよ。

コーヒー牛乳の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?開封後の保存方法も!のまとめ

コーヒー牛乳の賞味期限がどのくらいなのか、腐るとどうなるのか、開封後の保存方法はどのようにしたら良いのかなど詳しくご紹介いたしました。

コーヒー牛乳はメーカーやタイプによって賞味期限も変わってきます。

7日から最大120日というものまであります。

買ってきたら賞味期限をしっかり確かめましょう。

ほとんどの場合は、要冷蔵になっています。

冷蔵庫でしっかり保存してくださいね。

開封した場合は、なるべく早めに飲み切るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です