クッキー失敗!固いときの対処法やリメイク方法ってある?失敗しないためのコツも!

クッキー失敗!固いときの対処法やリメイク方法ってある?失敗しないためのコツも!

今日クッキー焼いたんだけど、時間が経って固くなっちゃった。
あら、歯が折れそうなほど固いわね…

ママ

簡単にたくさん作れるイメージが強く、手作りお菓子の大定番のクッキーですが、皆さんこのような失敗をしたこと、一度はあるのではないでしょうか?

いつもと同じように作ったのに…なぜ?という疑問が湧くことと思います。

「なぜ?」の答えがわからないままにしておくと、また失敗してしまう恐れも!

家族が楽しみにしていたり、大切な日だったなら尚更、悲しくなりますよね。

ここでは、クッキーが固くなる原因とその対処法、固くならないコツなどをご紹介していきます。

クッキーが失敗で固い!原因はいったい何?

クッキー失敗!固いときの対処法やリメイク方法ってある?失敗しないためのコツも!

焼くまでの行程は完璧!いざオーブンへ投入!

…あれ。なんだか思ってたビジュアルと違う…食べてみると固い。

…失敗した。

なんてこと、ありますよね。

実はこの失敗、誰もが起こりうること。オーブンの温度や、性能のせいではありません。

実はこの失敗は「焼くまでの行程」に原因があります

①バターの溶け過ぎ

ほとんどのクッキーはその材料にバターを使いますが、このバターの扱いによってクッキーが固くなります。

簡単にいうと、クッキー生地を作る際にバターが溶けすぎると、オーブンで焼いた時に「揚げ焼き状態」になっているのです。これが冷めると固くなり、歯が折れそうなクッキーになってしまいます。

 

バターが溶けすぎる原因はいくつかありますが、例えば、

①室温が高すぎる

②手の温度が高すぎる(クッキー生地は手で直接まとめていくレシピが多い)

などです。

②生地の練り過ぎ

ポマード状にしたバターとふるった粉を、手または道具を使って混ぜていくのが一般的な作りかたですが、

この際に練り過ぎてしまうと、小麦粉のグルテンが繋がってしまい、粘りが出ます。

そうするとさっくりした食感よりも固いクッキーに仕上がってしまいます。

クッキー失敗で固いときの対処法は?

クッキー失敗!固いときの対処法やリメイク方法ってある?失敗しないためのコツも!

残念ながら、固く焼き上がってしまったクッキーをサクサクの状態に戻す、などという方法は、ないものと思いましょう。

 

中にはクリームなどを挟み水分を含ませるという方法もありますが、しっとりしてしまい、サクサクといった食感とは少し違ってしまいます。

 

紅茶の国・イギリスの食文化で、Dunking(biscuit)というものがあります。

文字通り、ビスケットを紅茶またはコーヒーにダンクするからDunking

 

お菓子に含まれる砂糖やバターは、飲み物の中で溶け出すことでその風味が増し、同時にお菓子自体も柔らかくなるため食べやすくなる、というもの。

 

本来はDunkingに向いているビスケットというものがあるようですが、この方法を真似してみると、固いクッキーも美味しく食べられそうです^^

手作りクッキーが固くならないためのコツは?

クッキー失敗!固いときの対処法やリメイク方法ってある?失敗しないためのコツも!

①バターの溶け過ぎ

最初の項で

バターが溶けすぎる原因はいくつかありますが、例えば、

①室温が高すぎる

②手の温度が高すぎる(クッキー生地は手で直接まとめていくレシピが多い)

などです。

と書きました。

つまり、揚げ焼き状態にならないためには、この点に気をつければ良いのです。

 

①は特に冬に注意すべきですので、クッキー生地を作る少し前から暖房はOFFにし、室温を下げておくこと。

 

②について、クッキー生地は力を込めてまとめていくレシピが多いため、作業中に手の温度が上がりやすく、それによって生地の中のバターが溶けていきます。

生地を混ぜる→冷蔵庫で冷やす・手も冷やす→生地を混ぜる… という風に、作業間に冷やす工程を挟むことで、バターが溶けすぎるのを防げます

 

バターが溶けてきているかは、生地の表面に注目しましょう。

混ぜている最中にツヤが出てきたな…と思ったら溶け出しているサインです。すぐに冷やしましょう。

②生地の練り過ぎ

ふるった粉をバターと混ぜ合わせる工程で、練り過ぎないこと。

「さっくり混ぜる」「切り混ぜ」などとよく記載されていますが、文字通り「切るように」「の の字」を書くように混ぜます。

最後のまとめる行程のみ、力をかけて素早くまとめ上げましょう

クッキーが失敗で固い!リメイク方法ってある?

クッキー失敗!固いときの対処法やリメイク方法ってある?失敗しないためのコツも!

固くなってしまったクッキー、せっかくだから少しはそのまま食べたけど、やっぱり余ってしまった。

そんな時はリメイクしてしまいましょう!

1、ムースケーキやチーズケーキの土台

よくお菓子作りをするという方であれば、このアレンジがオススメ!

固くなったクッキーを細かく砕き、溶かしたチョコレート・バターと混ぜて土台にします。

分量は、チョコレート:バター:クッキー = 1:1:2.5 くらいが理想です。

 

その上にムース生地やチーズ生地を流して冷やし固めれば完成!

固いクッキーが、とっても美味しいクランチに早変わりですよ^^

2、チョコクランチ

上のケーキの土台にする場合と作り方は同じですが、より簡単にリメイクしたい方はこちらがオススメ!

この場合は分量を少し調整して、チョコレート:バター:クッキー = 2:1:3 くらいにしましょう。

 

クッキーを砕き、湯煎で溶かしたチョコレート・バターと混ぜます。

食べやすいサイズに成形したら、冷蔵庫で冷やし固めて完成!

砕いたナッツなどを混ぜ込んでも美味しいですよ♪

クッキー失敗!固いときの対処法やリメイク方法ってある?失敗しないためのコツも!のまとめ

クッキー失敗!固いときの対処法やリメイク方法ってある?失敗しないためのコツも!

ステイホームで時間ができ、お菓子作りにでもチャレンジしてみようかしら、という方も多いはず。

失敗してしまった時に、または予防策として、ご参考にしていただければ嬉しいです♪

MEMO

1、クッキーが固くなるのは

①バターの溶け過ぎ

②生地の練り過ぎ

2、焼き上がってからの対処法はないので、食べ方を工夫。イギリスのDunkingをお手本に♪

3、固くならないためには

①室温や手の温度に注意し、バターが溶け過ぎないように

②混ぜる時はさっくり、練らないようにまとめる

4、余った固いクッキーは、ムースケーキ・チーズケーキなどの土台や、チョコクランチにアレンジ

また、クッキーの賞味期限や保存方法についてはこちらにまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です