赤ちゃんにクッキーはいつからあげていい?つまるのを防ぐには?

赤ちゃんにクッキーはいつからあげていい?つまるのを防ぐには?

赤ちゃんにも成長に伴ってお菓子が必要になってくる時期がありますよね。

何をあげようか迷ったときに手軽にあげるクッキーを選択する人も多いですよね。

でも、初めてだとクッキーって赤ちゃんにあげて良いのだろうかとか迷うこともあるかと思います。

そこで、今回は赤ちゃんがクッキーを食べれる時期や注意点、おすすめの市販品などご紹介します。

赤ちゃんにクッキーはいつからあげていいの?

赤ちゃんにクッキーはいつからあげていい?つまるのを防ぐには?

赤ちゃんにクッキーをあげて良い時期ですが、大体目安は9ヶ月を過ぎたあたりからでしょう。

 

市販のものでも9ヶ月くらいからOKというものが多いですし、9ヶ月にもなると離乳食もカミカミ期といって後期に入り初めの時期で3回食も安定しだしているので、この頃を目安にするのが良いかと思います。

ただし、あくまでも目安ですので、9ヶ月になったからすぐに食べさせるという訳ではなくきちんとその子の成長に合わせて与えるようにしてくださいね。

 

また、クッキーは原料に注意する必要があります。

クッキーは子どもの食物アレルギーで多い小麦が使われています。

初めて食べさせる場合には、必ず他の小麦食材で小麦アレルギーがないことを確認した上で少量から食べさせるようにしましょう。

 

アレルギーだけでなく、クッキーにはバターだけでなく、バターの代わりにマーガリンやショトーニングなどの脂肪分も使われています。

特にマーガリンやショトーニングには、トランス脂肪酸という多量に取り過ぎると心疾患や血液疾患を患わせてしまうような身体にはあまりよくない成分が含まれています。

クッキー数枚食べたところで、そこまで心配する必要はないですが、マーガリンなどよりはバターを使っているものの方がよいので、成分にも注意して与えるようにしましょう。

赤ちゃんがクッキーをつまらせるのが怖い!対処法や防止法は?

赤ちゃんにクッキーはいつからあげていい?つまるのを防ぐには?

クッキーは口の中の水分を奪いやすく、また固さがある程度あるので、赤ちゃんが喉に詰まらせてしまう可能性も少なくありません。

詰まらせないために出来る防止ほうや詰まってしまったときの対処法など、ここではお話していきましょう。

詰まらせないようにするための防止法

①クッキーを与えるときには必ず目を離さない

どんなお菓子でもそうですが、赤ちゃんや子どもにクッキーを与えるときには必ず隣にいて食べている様子を確認するようにしてください。

 

②少量ずつ食べやすい大きさで与える

クッキーが大きいとなかなか噛むことが出来ずに詰まりやすくなってしまいます。

ある程度小さく割って食べやすい形状で与えることが重要です。

また、多く与えてしまうと一気に口に運んで口の中がクッキーでいっぱいになってしまうなんてこともあるので、少しずつ与えたり、声かけをしながら与えましょう。

 

③水分を与えながら食べさせる

クッキーは食べると口の中から水分が失われやすいお菓子です。

口の中に潤いがないと詰まりやすくなってしまうので、必ず水分らせながら食べさせましょう。

 

④口溶けのよいものを与える

クッキーにも柔らかさがあります。固い物よりは柔らかめなものの方が咀嚼しやすいですし、飲み込みやすいでしょう。

 

 

万が一詰まってしまったときの対処法

どんなに注意していても、クッキーが詰まってしまうという可能性があります。

詰まってしまったら焦ってしまいますが、冷静に対応しなくてはいけません。

落ち着いて行動するために、対処法を覚えておきましょう。

 

①背部叩打法

少し専門的になってしまうので、簡単に説明すると、赤ちゃんの背中(肩甲骨の間あたり)を数回叩いてその刺激で異物を取り出す方法をします。

 

詳しいやり方は、動画の4分半から説明があるので、参考にしてみてください。

 

②胸部突き上げ法

こちらも簡単に説明すると、左右の胸の間の付近を圧迫して異物を追い出す方法です。

やり方は動画で確認してほしいのですが、胸部突き上げ法はあくまでも胸の位置を圧迫します。

大人の誤飲に対応出来るハイムリック法(みぞおち付近を圧迫)と間違えてみぞおちを圧迫してしまと、赤ちゃんの場合には臓器を損傷してしまう可能性があるので、注意してください。

 

③緊急時は救急車を呼んで

赤ちゃん自身が咳や嘔吐してはき出したり、①②の対応で吐き出すことが出来れば安心しても大丈夫ですが、どうにも取れない場合には救急車を呼びましょう。

 

食べ物が喉に詰まってしまうと気道がふさがってしまった状態で呼吸状態が危ぶまれます。

酸素が全身に行き渡らないと命の危険が迫ってしまいます。

喉に詰まってしまうのは本当に怖いので躊躇することなく呼んでください。

 

また、詰まりが取れたあと何だかぐったりしていたり、元気がないような場合には、必ず病院へ受診するようにしてくださいね。

 

赤ちゃんでも安全な市販のクッキーは?

https://www.youtube.com/watch?v=eS93KLVhzqQ&t=38s

市販のクッキーでも赤ちゃんにとって安全なクッキーはいくつかあるので、ご紹介していきますね。

ボーロ

ボーロは口溶けが優しいので、クッキーの中で食べやすいのでおすすめです。

 

おやさいぼーる

キューピーが手がける野菜入りのボーロです。

砂糖や塩を使っていない点が赤ちゃんにも優しいですし、色々な味があるのでお気に入りを探すのも楽しいでしょう。

 

しまじろうにぎにぎボーロ

created by Rinker
¥168 (2021/10/17 12:43:32時点 楽天市場調べ-詳細)

ボーロにしては珍しくスティックタイプになっています。

1歳以上からが対象ですが、手づかみ食べの練習にもなるので良いでしょう。

 

ビスケット・クッキー

歯がため堅パン

ビリーブ 歯がため 堅パンとうもろこし

パンとなっていますが、クッキーの分類に入るものです。

スティック状になっていて手づかみしやすいのが良いところです。

また、このお菓子の特徴は固さが尋常でないので歯固めのような効果もあり、なかなか先に食べ進めることが出来ないので、噛む回数が増えますし、食べ過ぎを防止することが出来ます。

 

アンパンマンのひとくちビスケット

子どもが大好きなアンパンマンのビスケットです。

かぼちゃと人参の優しい甘さと卵が不使用なのにサクッとフワッとしていて食べやすいでしょう。

 

他にもあるかと思いますが、今回は比較的手に入りやすい市販のものを紹介しました。

赤ちゃんにクッキーはいつからあげていい?つまるのを防ぐには?のまとめ

赤ちゃんに与えるクッキーについてご紹介しました。

・赤ちゃんにクッキーを与えて良いのは9ヶ月頃から

 

・詰まらせないようにするための防止法

①クッキーを与えるときには必ず目を離さない

②少量ずつ食べやすい大きさで与える

③水分を与えながら食べさせる

④口溶けのよいものを与える

 

・万が一詰まってしまったときの対処法

①背部叩打法

②胸部突き上げ法

③緊急時は救急車を呼んで

 

・市販のものでおすすめ品

①おやさいぼーる

②しまじろうにぎにぎボーロ

③歯がため堅パン

④アンパンマンのひとくちビスケット

 

赤ちゃんも大きくなれば必然的にお菓子などの補食が必要になってきますが、クッキーは食べにくかったりするので、子どもの成長に合わせて食べさせ方の工夫などしてみてくださいね。

クッキーに関する豆知識はこちらにまとめているので合わせて参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です