料理酒の代用にみりんや焼酎はOK?入れる入れないの違いや役割も調査!

料理酒の代用にみりんや焼酎はOK?入れる入れないの違いや役割も調査!

特に和食のレシピには料理酒が欠かせないものがありますよね。

しかしそんな時に限って料理酒がなくなってしまったり、ストックがないなんてこともよくありますよね。

同じお酒なら他の種類のものもいけるのではと思ってしまいますが、実際は代用品などあるのでしょうか。

そこで今回は料理酒の代用として使えるものや料理酒本来の役割などご紹介していきます。

料理酒がないときの代用品に使えるもの5つ!

料理酒の代用にみりんや焼酎はOK?入れる入れないの違いや役割も調査!

料理酒が手元にないけれどすぐに使わないといけないと言うときには、是非代用品を使ってみてください。

使える代用品を早速みていきましょう。

日本酒

料理酒で代用するなら1番のオススメは日本酒です。

もともと料理酒は日本酒と同じ清酒の仲間ですし、料理酒ではなく日本酒を使うという人も多いほどです。

簡単に説明してしまうと、料理酒は主に名前の通り料理の際に使うので塩分が加味されています。

一方で日本酒はメインは飲むためのものですので、癖が少なくまろやかな口当たりとなっています。

そんな日本酒ですが、先ほどもお話ししたとおり分類的には料理酒と同じなので料理に使えば同じような効果が得られます。

特に日本酒の中でも純米酒を選ぶと臭みを消したり、コクや旨みをアップしたりすることが出来るでしょう。

癖が少ないので基本的に日本酒を代用するときにはどんな料理でもOKです。

分量も料理酒と同じ量を使ってくださいね。

ただし、料理するときにややアルコール分やアルコールのニオイなどが気になってしまうことがありますが、鍋の蓋を開けたまま加熱しておくことでアルコール分がしっかり飛ぶのでニオイも消えるので安心です。

本みりん

続いてオススメするのが本みりんです。

本みりんは、蒸したもち米に米麹を混ぜて焼酎や醸造用のアルコールなどを加えて熟成したもです。

アルコール度数も14%前後と高く、料理酒に劣らないくらいの効果を発揮します。

臭みを消したり、甘みによるコクなどを出す事が出来ます。

しかし、みりんには糖分が多く含まれているため料理酒と同様に使うと、その後別に入れる場合の砂糖の量が多くなって甘みが強い料理になってしまうので、砂糖の分量を減らす必要があるのと、焦げやすくなってしまうのでその点は注意するようにしましょう。

またもう1つ注意してほしいのが、みりんの種類です。

みりんには、「本みりん」と「みりん風調味料」2つがあります。

このみりん風調味料は、本みりんと違ってアルコール度数が1%未満と非常に少なく料理酒の変わりとはならないのでこちらは使わずに本みりんを使うようにしましょう。

 

焼酎

焼酎は他のお酒に比べると癖のあるものが多いので一見したら不向きに思えるかもしれません。

しかし、使い方によっては焼酎も代用が可能となっています。

焼酎は甘さなどはないのでコクや旨みをアップという点は期待出来ませんが、度数が高いので臭みを消したり、食材を柔らかくしたりする効果があります。

料理酒よりアルコール度数がはるかに高いため使う場合には、料理酒より気持ち少なめに使いまたアルコール分をしっかり飛ばすようにした方が良いでしょう。

また焼酎の中でも米や麦を使った焼酎を使うと癖が少なくて良いでしょう。

ワイン

ワインは洋食では料理酒のような感じで使われています。

ただしワインを使うならより癖の少ない白ワインが良いでしょう。

ワインによって臭みや食材を柔らかくしたりする効果が期待できますが、癖が強いものもあったり風味がきつい物があるので和食のレシピには合わないものもあります。

使う時には料理酒より少なめに使い、しっかりアルコール分を飛ばすようにしましょう。

 

ビール

肉料理に使いたいのがビールです。

魚でもものによってはOKです。

もともとビールに漬けてお肉を柔らかく煮る料理などもあるので、使い方かた次第ではオススメです。

ビールを料理にたくさん使ってしまうと料理の味が変わってしまいますので、料理酒よりは少なめにして使うようにしてくださいね。

料理酒の役割って何?

料理酒の代用にみりんや焼酎はOK?入れる入れないの違いや役割も調査!

先ほど料理酒の代用品をいくつかお話ししましたが、そもそも料理酒ってどんな役割があるのでしょうか。

1,肉や魚の生臭さんなどニオイを消す

 

2,素材を柔らかくする

 

3,旨みやコクを引き出す

 

4,香りをよくする

 

5,素材に味を染みこませやすくする

 

6,菌の繁殖を抑え保存性を効かせる

など、意外にも料理酒を使うことで様々な効果を得ることが出来ます。

これらの効果を期待したい場合には、きちんと料理酒を使うことをオススメします。

料理酒を入れる入れないでどんな違いがあるの?

料理酒の代用にみりんや焼酎はOK?入れる入れないの違いや役割も調査!

料理酒は入れた方が先ほど上記でご紹介したような効果が得られますが、もしもない場合には無理に使わなくてももちろん大丈夫です。

入れないからといって味が劇的に変わる訳ではありませんし、料理の仕上がりが違ってしまうと言うこともありません。

例えば肉や魚の臭みを取るための目的であれば、必ずしも料理酒だけでなくても大丈夫で、生姜やにんにくなど野菜などを使ったり、柔らかくするのであれば果物などのすり下ろしなどを使うと柔らかくなったりします。

また料理酒はお酒なので、いくらアルコール分を飛ばしたからといっても、小さいお子さんやお酒が苦手な方などには不安も多いかと思います。

ですので正直なところ代用はいくらでも出来ますし、入れなかったからと言って何か特別なことが起こる訳ではないので安心してくださいね。

料理酒の代用にみりんや焼酎はOK?入れる入れないの違いや役割も調査!のまとめ

料理酒がないときの代用品や役割についてご紹介しました。

料理酒がないときに使える代用品

・日本酒

・本みりん

・焼酎

・ワイン

・ビール

 

料理酒の役割

1,肉や魚の生臭さんなどニオイを消す

2,素材を柔らかくする

3,旨みやコクを引き出す

4,香りをよくする

5,素材に味を染みこませやすくする

6,菌の繁殖を抑え保存性を効かせる

 

・料理酒を入れても入れなくても違いはそこまでないのでこだわらなくて良い

料理酒がない場合には代用出来る品がたくさんあります。

代用出来るものは普段から使えるものも多いので一緒にストックしてみたりたまに使ってみると料理酒が急になくなっても焦らずつかうことが出来るのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です