とうもろこしはいつから赤ちゃんにそのまま食べさせる?離乳食の下ごしらえ方法も!

とうもろこしはいつから赤ちゃんにそのまま食べさせる?離乳食の下ごしらえ方法も!

野菜の中でも甘みが強く小さな子でも食べやすいのがとうもろこしですよね。

大きくなっていけば、子どもでもそのままかじりついて食べることが出来ますが、離乳食を食べている赤ちゃんはいつから粒のまま食べることができるのでしょうか。

また、そもそもとうもろこしは、離乳食のいつから食べても良いのかということも気になりますよね。

そこで、今回はとうもろこしを赤ちゃんに与える時や離乳食で使うときの下ごしらえの方法などお伝えしていきます。

とうもろこしはいつから赤ちゃんにそのまま食べさせていいの?

とうもろこしはいつから赤ちゃんにそのまま食べさせる?離乳食の下ごしらえ方法も!

とうもろこしは、実の部分はそのまま食べることが出来ますが、赤ちゃんの場合にはいきなりそのままというのは、難しいですよね。

では、いつ頃から大丈夫なのかというのをお話ししていくのですが、離乳食時期に合わせてそれぞれ見ていく方が分かりやすいかと思うので、それぞれお伝えしていきますね。

離乳食初期

離乳食初期は、生後5~6ヶ月のころです。

初期の時期からとうもろこしを食べることは出来ますが、残念ながらそのままという訳にはいきません。

とうもろこしを茹でて薄皮を剥き潰して裏ごしすることが必要です。

離乳食中期

離乳食中期は、生後7~8ヶ月のころです。

この時期もまだそのままというのは、難しいでしょう。

とうもろこしを茹でて薄皮を剥き潰して裏ごしすることが必要です。

離乳食後期

離乳食後期は、生後9~11ヶ月のころです。

この時期になると薄皮などは剥かなくても大丈夫になることが多いです。

しかし、薄皮があって食べにくい場合には取り除いてあげると良いでしょう。

とうもろこしは茹でたあと薄皮ありで、みじん切りなど細かく切るだけで大丈夫です。

 

離乳食完了期

離乳食完了期は1才以降となります。

この時期に初めてそのまま食べることが出来ます。

茹でて一粒ずつあげると良いですが、噛みにくかったりする場合には軽く切ってあげると良いですね。

 

とうもろこしを離乳食で使うときの下ごしらえ方法は?

とうもろこしはいつから赤ちゃんにそのまま食べさせる?離乳食の下ごしらえ方法も!

とうもろこしはなんと言っても薄皮がキーポイントです。

赤ちゃんにとっては必要のないものというか、飲み込んだりかみ砕いたりすることが出来ないので、離乳食中期あたりぐらいまでは、除去してあげなくてはいけません。

薄皮を取る方法の前に、とうもろこしを加熱しなくてはならないのですが、熱湯で茹でる方が多いかもしれません。

しかし、お湯で茹でると水に栄養素が流れ出してしまうので、電子レンジを使って加熱する方が簡単でかつ栄養素も残ります。

とうもろこしの加熱方法

電子レンジ編

皮付きのまま電子レンジにかけることで中が蒸された状態になって良い感じに仕上がります。

 包丁で根元から2㎝くらい上の部分を切り落とす。

②皮つきのまま電子レンジに入れる

③500~600wでの5分ほど温める

④触れるくらい冷めたら皮を剥いて完成

 

お湯で茹でる方法

お湯で茹でたいという方はこちらから

①とうもろこしの皮を剥き、茎の部分を折る

②大きめの鍋にとうもろこしを入れて全て被る量の水を入れる

③火にかける

④沸騰したら弱火~中火にして5~6分ほど茹でる(大きさによって時間を変えてください)

⑥ときどき菜箸などでかき混ぜながら茹でて、茹で上がったらザルにあげて水気をきり完成

薄皮の取り方

①トウモロコシを立てて、包丁で粒の表面を薄く削る

②包丁の背を使って実を取り除いて完成

※表面を少しだけ削り落としたあと、包丁の背で優しく力を入れて更に削ると芯に薄皮が残ったまま実を取り除くことができます。

 

強く削り落としてしまうと薄皮も一緒に落ちてしまうので、力は入れすぎずにそぎ落とすことがポイントです。

薄皮を取るのが大変なときには、ベビーフードなどを活用するのも1つの手でしょう。

ペースト状にすでになっているので、とても楽ですよ。

私もよくベビーフードを愛用していましたが、子どもの食いつきもすごく良かったのでオススメです。

created by Rinker
キューピー
¥132 (2021/11/30 00:57:35時点 Amazon調べ-詳細)

とうもろこしを離乳食であげるときのベストな量は?

とうもろこしはいつから赤ちゃんにそのまま食べさせる?離乳食の下ごしらえ方法も!

離乳食でとうもろこしを与えるときにはどのくらいの量をあげるのが良いのでしょうか。

時期別に見ていくと・・・

離乳食初期:5~10g

 

離乳食中期:20~30g

 

離乳食後期:30~40g

 

離乳食完了期:40~50g

くらいが基準の量となってきます。

個人差もありますし、甘さもあるので食べが良いケースもありますが食べさせすぎは良くないので程々に様子を見ながら与えるようにしましょう。

赤ちゃんにとうもろこしを食べさせるときの注意点は?

とうもろこしはいつから赤ちゃんにそのまま食べさせる?離乳食の下ごしらえ方法も!

赤ちゃんにとうもろこしを食べさせるときの注意点はいくつかあります。

①アレルギーに注意する

特に初めての場合などに気をつけたいのがアレルギー症状です。

とうもろこしはアレルギーを引き起こしにくいとされていますが、それでも食べて見ないと分かりません。

何か少しでもおかしいと思った場合には、速やかに病院へ受診出来るようにしましょう。

ですので、食べさせる時には少量から初めて平日にするようにしましょう。

 

②誤飲に注意

年齢が大きくなってくるとそのまま食べられることが出来るようになりますが、しっかりと噛むことが出来ないと上手くかみ切れず誤飲してしまう可能性もあります。

必ず食べるときには近くにいて、その子にあった形態で食べさせるようにしてくださいね。

 

③食べさせ過ぎに注意

とうもろこしは、糖質が多い野菜です。食べさせすぎは肥満の原因にもなりかねます。

また、消化しずらいので食べすぎることで消化不良を起こして下痢などの原因にもなるので注意しましょう。

 

とうもろこしはいつから赤ちゃんにそのまま食べさせる?離乳食の下ごしらえ方法も!のまとめ

とうもろこしを赤ちゃんに与えるときのことをご紹介しました。

・とうもろこしは初期からOKだが、そのまま食べられるようになるのは1才以降の完了期

・とうもろこしを離乳食に使う場合には月齢が低いほど薄皮の処理を行う

 

とうもろこしを赤ちゃんに与えても良い量

・離乳食初期:5~10g

・離乳食中期:20~30g

・離乳食後期:30~40g

・離乳食完了期:40~50g

 

赤ちゃんにとうもろこしを与える時の注意点

①アレルギーに注意する

②誤飲に注意

③食べさせ過ぎに注意

 

とうもろこしは、初期から食べられますが小さいうちは薄皮を取り除いたりする必要があり、完全に食べられるのは完了期のころの1才です。

ただ1才を過ぎても食べにくいこともあるので、必ず目を離さずに食べさせるようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です