カスタードクリームの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

甘くてとろとろのカスタードクリームはお菓子には欠かせない存在ですよね。

そんなカスタードクリームをお菓子作りで作るという方もいらっしゃると思いますが、そもそもカスタードクリームってどのくらい日持ちするものなのでしょうか。

たくさん作ってしまったり、食べきれない時に保存が出来ればとてもうれしいですよね。

そこで、今回はカスタードクリームの賞味期限や正しい保存方法などお伝えしていきます。

カスタードクリームの賞味期限はどれくらい?

カスタードクリームの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

カスタードクリームの賞味期限ですが、保存別に異なってくるので、それぞれ見ていきましょう。

冷蔵保存した場合の賞味期限

冷蔵で保存した場合の期限ですが、1~2日程度は日持ちするでしょう。

ただし、カスタードクリームを作る工程であったり卵などの材料などの影響などで若干変わってきます。

安心安全に食べるのであれば、期限は関係なしに当日中に食べきる方が良いでしょう。

 

冷凍保存した場合の賞味期限

冷凍で保存した場合ですが、3~4週間程度は日持ちするでしょう。

ただし、冷凍庫内の環境なども考えると1~2週間以内に食べきる方がよりおいしく食べられるでしょう。

 

賞味期限切れのカスタードクリームはいつまで食べられる?

カスタードクリームの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

賞味期限の切れたカスタードクリームですが、冷蔵で保存していたものに関しては食べるのは止めておきましょう。

というのも、カスタードクリームの原料は主に卵や牛乳といったもので非常に傷みやすいものです。

また手作りで作る場合には、どんなに気をつけていたとしても市販で売られているものより衛生的に難しいこともあります。

そして、カスタードは作ってから冷す工程がありますが、冷すときに水滴が出来やすいのでそこに空気中のゴミや菌などが付着してしまうと、どうしても傷む原因として上がります。

傷んだカスタードクリームを食べてしまうと、腹痛や下痢などの症状や最悪な話し食中毒として何かしら体調不良を引き起こす可能性も高くなってしまいます。

ですので、冷蔵保存の場合には期限内のものを食べるというのが原則的です。

 

しかし、冷凍したものに関しては、少し話しが変わってくるでしょう。

冷凍しても確かに劣化はしていくのですが、正しく保存出来ていれば期限切れ後にも数日程度は食べることが出来るでしょう。

ただ、あくまでもその時の状態が良好なものに限りますし、食べるとなったら完全に自己責任の下お願いします。

カスタードクリームって腐るとどうなるの?

カスタードクリームの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

傷みが早いとお伝えしましたが、腐ってしまうとカスタードクリームにはどのような変化が起こるのでしょうか。

腐ったカスタードクリームの状態

・カビが生える

 

・分離している

 

・黒や茶色など変色が起こる

 

・鼻をつくような悪臭がする

 

・食べた時に酸っぱさや舌がピリピリと痺れる感じになる

などの状態が見られます。

非常に傷みやすいので、変化にもすごく気づきやすいかと思います。

少しでもおかしいと思ったり、異変があれば迷わず破棄するようにしましょう。

カスタードクリームの正しい保存方法は?

カスタードクリームの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

カスタードクリームの正しい保存方法は、冷蔵または冷凍保存です。

ただし、1つ注意して欲しいことがあります。

それは冷凍保存に関してです。

実はカスタードクリームは冷凍保存出来るのですが、冷凍してしまうと滑らかさが半減してしまい少しざらついた感じになったり、味が落ちたように感じることがあります。

食べられないということはないのですが、なんとなく出来たてのカスタードクリームとは違ってくるのでそのまま食べるのではなく、お菓子の材料の一部として何かと混ぜたりして使うことをおすすめします。

それを踏まえた上でそれぞれの保存方法を早速見ていきましょう。

カスタードクリームの冷蔵保存の仕方

冷蔵保存する場合には、タッパーを使う場合とジップロックなどの密閉袋を使う方法があるので2つ説明していきますね。

タッパーで保存する方法

created by Rinker
ジップロック
¥909 (2021/09/27 05:10:13時点 Amazon調べ-詳細)

①粗熱の取れたカスタードクリームをタッパーの中に入れる

②ヘラなどを使って出来るだけクリームを平らにならす

③上からラップを隙間なくビタッと被せる

④タッパーの蓋をしっかり閉めて冷蔵庫へ入れて完成

タッパーで保存するときには、クリームの上にしっかりとラップを被せるのが重要です。

 

というのも、ここに隙間が出来てしまうと水滴がクリームに落ちてしまい雑菌の繁殖につながってしまうからなのです。

 

ですので、しっかりとクリームをならしたあとラップを隙間無く被せてください。

 

ジップロックで保存する方法

created by Rinker
ジップロック
¥600 (2021/09/26 23:30:56時点 Amazon調べ-詳細)

①粗熱の取れたカスタードクリームをジップロックの中に入れる

②空気を出来るだけ抜きながら平らにしてしっかり封を閉める

③平らにした状態で冷蔵庫へ入れれば完成

 

カスタードクリームの冷凍保存の仕方

冷凍保存する場合には、ジップロックなどの密閉袋を使うのがおすすめです。

方法は、ほぼ冷蔵保存の仕方と一緒ですのでとても簡単です。

①粗熱の取れたカスタードクリームをジップロックの中に入れる

②空気を出来るだけ抜きながら平らにしてしっかり封を閉める

③平らにした状態で金属トレーの上に乗せ冷凍庫へ入れる

④急速モードなければ通常モードで冷凍開始して完成

冷凍でのコツはしっかり空気を抜いて素早く冷凍をすることです。

 

早めに固めることでより品質を保ったまま保存出来るので、出来るだけ量を少なくして薄くのばして袋に詰めていきましょう。

 

解凍方法

凍ったカスタードクリームを解凍する場合には、基本的には自然解凍のみです。

使いたい数時間前くらいに凍ったままのものを冷蔵庫に移してゆっくり解凍していきましょう。

先ほどお菓子の材料の一部に混ぜて使うのが良いと話しましたが、半解凍程度でとどめて食べるとシャーベットみたいにもなるので、そのまま食べたいと言う人はおすすめかもしれません。

 

カスタードクリームの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?のまとめ

カスタードクリームの賞味期限などをご紹介しました。

・冷蔵保存での賞味期限は1~2日

・冷凍保存での賞味期限は3~4週間

 

腐ったカスタードクリームの状態

・カビが生える

・分離している

・黒や茶色など変色が起こる

・鼻をつくような悪臭がする

・食べた時に酸っぱさや舌がピリピリと痺れる感じになる

 

・保存するときには、冷蔵または冷凍することが出来るが冷凍の場合には風味や食感が変わるので使い方に注意する必要あり

一度に大量に作ってしまったりすることもあるかと思いますが、基本的に傷みが早いので出来るだけ当日中に食べるのが望ましいです。

ただし、保存する場合にもご紹介したような方法を正しく行う事で少し日持ちするので、是非今回の記事を参考に美味しいカスタードクリームを作ってみてくださいね。

また、いろんなお菓子の賞味期限についてはこちらにまとめているので合わせて参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です