えのきの生焼けは危険?生で食べてしまったときの対処法や食中毒になるまでの時間は?

えのきの生焼けは危険?生で食べてしまったときの対処法や食中毒になるまでの時間は?

シャキシャキとした食感で、お鍋やおみそ汁など、大活躍のえのき。

よく噛むから満足感を得られやすく、食物繊維も豊富でカロリーも低いため、ダイエット中は積極的に食べたい食材です。

しかし、えのきは生で食べると危険だということをご存じでしたか?

私自身、お鍋に入れた時にはさっとスープにくぐらせるだけで食べていたので、この事実を知った時にはちょっとぞっとしました。

えのきはしっかり火を通して食べないと食中毒を起こす可能性があり、とてもしんどい思いをしなければならなくなります。

えのきを美味しく安全に食べるために、今回は、

えのきの生焼けは危険?考えられる症状は?
えのきによる食中毒を発症するまでの時間の目安は?
えのきを生で食べてしまったときの対処法は?
えのきの加熱不足を防ぐには?どれくらいの時間加熱したらいい?

についてお伝えします。

えのきの生焼けは危険?考えられる症状は?

えのきの生焼けは危険?生で食べてしまったときの対処法や食中毒になるまでの時間は?

えのきを生で食べると危険である、ということを知っている方は少ないのではないでしょうか。

実は私自身も全く知らず、さっと火を通し、あえて食感を残して食べるのが良い、と思い込んでいました。

知らないって怖いですねー。

今までよく食中毒を起こさなかったものだと思います。

えのきなどのきのこ類には、「シアン化合物」という物質や、「リステリア菌」という細菌が含まれている可能性があり、この物質ににより食中毒を引き起こすと言われています。

そのため、しっかり火を通さずにえのきを食べると、腹痛、下痢、嘔吐、倦怠感といった食中毒症状が現れます。

最近ではアメリカで、生のえのきを食べたことによる集団食中毒が発生し、死者もでています。

また、えのきには「フラムトキシン」という毒素も含まれています。

フラムトキシン」には強心作用もありますが、溶血(赤血球が壊れる)を引き起こし、重い貧血になってしまうこともあります。

「シアン化合物」、「リステリア菌」、「フラムトキシン」はいずれも熱に弱いため、しっかり加熱して食べれば大丈夫です。

えのきによる食中毒を発症するまでの時間の目安は?

えのきの生焼けは危険?生で食べてしまったときの対処法や食中毒になるまでの時間は?

えのきを生で食べてから食中毒の症状が出るまでの時間は、早くて1時間と言われています。

かなり早い段階で症状が出るのですね。

人によっては4時間経ってから発症したケースもあります。

時間はまちまちですが、早くて1時間、と覚えておくと良いでしょう。

えのきを生で食べてしまったときの対処法は?

えのきの生焼けは危険?生で食べてしまったときの対処法や食中毒になるまでの時間は?

では、うっかりえのきを生や半生の状態で食べてしまった時にはどうすればよいのでしょか。

健康な人は、生で食べても症状がでないこともありますが、疲れているときなどは症状が出やすくなります。

症状が出ていないうちに何か対策をしておくとすれば、「下剤を飲んで消化吸収されないようにする」くらいです。

吐き気や下痢の症状が出てきた場合は、下痢止めや制吐剤を内服せずに、苦しいかもしれませんがしっかり体外に出してしまった方が早く回復します。

下痢や嘔吐が続いている間は、脱水になる可能性があるので、スポーツドリンクや湯冷ましなど、水分はこまめに摂るようにします。

食欲が回復してきたら、食物繊維の少ないじゃがいもやニンジン、青菜などの野菜や、白身魚や豆腐などの脂肪分の少ないタンパク質を多く含む食材を選び、消化を良くするために柔らかくなるまで加熱調理し、少しずつ食べるようにしてくださいね。

腹痛や下痢、嘔吐の症状が長引き、水分も取れないような状態になった時には、すぐに病院受診することをお勧めします。

えのきの加熱不足を防ぐには?どれくらいの時間加熱したらいい?

えのきの生焼けは危険?生で食べてしまったときの対処法や食中毒になるまでの時間は?

えのきによる食中毒を防ぐためには、しっかり火を通す必要があります。

  • フライパンで焼いたり、鍋に入れる場合・・・最低3分は加熱が必要
  • 電子レンジで加熱する場合・・・耐熱容器にいれラップをかけ、600Wで1分半~2分の加熱が必要
腹痛や下痢、嘔吐など、しんどい思いをしないですむように、えのきはしっかり加熱調理してから食べましょうね!

ママ

えのきの生焼けは危険?生で食べてしまったときの対処法や食中毒になるまでの時間は?のまとめ

えのきの生焼けは危険?生で食べてしまったときの対処法や食中毒になるまでの時間は?

えのきには、「シアン化合物」、「リステリア菌」、「フラムトキシン」といった成分が含まれており、生で食べると腹痛、下痢、嘔吐、倦怠感といった食中毒症状が出る場合があります。

フライパンや鍋では3分、600Wの電子レンジでは1分半~2分、しっかり加熱するようにしてくださいね。

小さなお子さんや高齢の方は抵抗力が弱く、食中毒を発症する確率が高く重症化しやすいので、特に気を付けてあげてくださいね。

また、えのきだけの賞味期限や保存方法についてはこちらにまとめているので、あわせて参考にしてください^^

毎日の料理、たまには時短したい!新鮮で安心な食材を使いたいという方は、こちらもチェックしてくださいね(*^-^*)

私も愛用しています!

Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも! Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です