エシャレットとエシャロットってどう違うの?見分け方や特徴は?

エシャレットとエシャロットってどう違うの?見分け方や特徴は?

エシャレットとエシャロット、名前がとても似ているので、どちらも同じ野菜なのではと勘違いしてしまいそうですよね。

でも、実は、この2つ全く違うものなのです。

1つはらっきょうでもう一つは玉ねぎ。

名前から想像できないので、びっくりですよね。

この違いを知っていないとどちらも同じだと思ってしまいそうです。

今回は、エシャレットとエシャロットがどのように違うのか、見分け方など詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

エシャレットとは?

 

エシャレットとはどのようなものなのでしょうか?

らっきょうが大きく育つ前の、若い状態のものを言います。

葉の部分や茎の部分が白くなるように育てる軟白栽培を利用しています。

ハウス栽培されているので1年中購入することができる野菜なのです。

エシャレットってとても栄養が豊富で、鉄分やビタミンなどたくさん含まれているのですって。

血液をサラサラにしてくれる効果のある、リンやミネラル成分も入っているのです。

とっても体に良い野菜だそうですよ。

香りやくせがないのでとても食べやすいです。

ちょっぴりピリ辛。

生で食べたり、炒めたり、あえ物にしたり、天ぷらにしたり。

いろいろな食べ方ができるのが特徴です。

created by Rinker
¥270 (2021/12/07 06:22:04時点 楽天市場調べ-詳細)

エシャロットとは?

エシャレットとエシャロットってどう違うの?見分け方や特徴は?

エシャロットとは、どのようなものなのでしょうか?

フランス産の玉ねぎの一種で、ヒガンバナ科のネギ属に含まれます。

多年草ですよ。

ピンクエシャロットとグレーエシャロットの2種類あります。

玉ねぎのような形をしていて、小ぶりで、少し赤みかかっているのが特徴ですよ。

日本では、あまり栽培されておらず、ほとんど海外から輸入している野菜です。

生で食べたり、さっと炒めたり、スープにしたりといろいろな方法で食べることができますよ。

フランス料理には欠かせない食材の1つとなっています。

西洋の香味野菜とされている食材です。

エシャレットとエシャロットの見分け方は?

 

エシャレットとエシャロットの見分け方はこちら。

エシャレットはひょろっと葉の部分から、茎の部分まですらっとしています。

色も緑と、茎から下は白。

ネギみたいで、形や色が似ています。

下の部分は、らっきょうの形に近いですよ。

エシャロットは、玉ねぎのように茶色または赤みのある色をしており、皮がついています。

玉ねぎよりは細身です。

 

写真を見ると全然違いますね。

ネギのような感じになっているのがエシャレットで、玉ねぎのような感じになっているのが、エシャロットです。

 

こんなコメントもありました。

 

名前だけだと間違いますよね。

エシャレットとエシャロットってどう違うの?見分け方や特徴は?のまとめ

エシャレットとエシャロットの違いや見分け方、特徴など詳しくご紹介いたしました。

この2つは、名前が似ているものの、全く違う野菜です。

エシャレットは、らっきょうで、エシャロットは玉ねぎ。

らっきょうが大きく育つ前に収穫したものがエシャレットなのです。

玉ねぎよりはスリムで、小ぶりな形で、色は赤みがかっているのがエシャロット。

フランス料理に欠かせない食材の1つですよ。

日本ではあまり、手に入りにくく、ほとんどが輸入されています。

どちらの野菜も、生で食べたり、スープにしたり、炒めたりと、いろいろな方法で食べることが可能ですよ。

どちらもそれぞれ美味しい野菜です。

特徴や違いを抑えて、ぜひ、試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です