エシャレットの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

エシャレットの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

エシャロットとにている名前のエシャレット。

エシャレットって、知っている人も少ないのではないでしょうか?

らっきょうを早めに収穫したら、エシャレットとして売られるのですって。

らっきょうと聞けば、ああ、あれね。ってイメージが湧くことでしょう。

クセも少ないので、生のまま食べたり、天ぷらにしたり、炒めたり、あえ物にしたり、いろいろな方法で美味しく食べられるのです。

でも、賞味期限ってあまり知られていないような。。

今回は、エシャレットの賞味期限がどのくらいなのか、賞味期限が切れたエシャレットをいつまで食べても大丈夫なのか、腐るとどうなるのかなど詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

エシャレットの賞味期限はどれくらい?

 

エシャレットの賞味期限ってどのくらいなのでしょうか?

スーパーから買ってきてから冷蔵で大体5日ぐらいが目安とされています。

一般的には、

  • 常温保存: 2週間ぐらい
  • 冷蔵保存: 1週間くらい。
  • 冷凍保存: 1ヶ月ぐらい。

となっています。

すぐに食べる時は、常温または冷蔵で、長期保存したいときは、冷凍保存するようにしましょう。

賞味期限切れのエシャレットはいつまで食べられる?

 

賞味期限が切れたエシャレットはいつまで食べても大丈夫なのでしょうか?

多少すぎたとしても食べることはできます。

ただし、食べる前にしっかり傷んでいないかチェックしてから食べるようにしましょう。

ちょっとでもいつもと違うなぁって感じた時は、食べるのをやめて処分してくださいね。

エシャレットって腐るとどうなるの?

 

エシャレットが腐るとどのようになるのでしょうか?

  • 茶色く変色している。
  • ぬるぬるして溶けてきている。
  • ブヨブヨになっている。
  • 変な臭いがしている。
  • 腐ったような臭いがする。
  • 黒い斑点ができている。
  • カビが生えている。
  • 酸っぱい臭いがしている。
  • 粘りがある。
  • 冷凍やけを起こしている。

というような感じになっていたら処分しましょう。

少しだけ茶色く変色している場合は、その部分をとって、食べることができますよ。

カビが生えているときは、ダメです。

乾燥しはじめているときや、少しだけ柔らかくなっている場合は、腐る手前なのでギリギリ食べることができますよ。

エシャレットの正しい保存方法は?

 

エシャレットの保存方法はこちら。

常温保存、冷蔵保存、冷凍保存の3種類ありますよ。

常温保存

エシャレットは、基本常温保存で大丈夫です。

直射日光の当たらない冷暗所を選んでくださいね。

エシャロットを新聞紙などで包みます。

さらにビニール袋に入れて立てるようにして保存しましょう。

冷蔵保存

冷蔵庫の野菜室に入れる場合は、乾燥も防ぐために、次のようにして入れましょう。

  1. エシャレットをキッチンペーパーで包み、さらにビニール袋に入れます。
  2. たてて野菜室に入れるようにしましょう。(立てることが難しい時は、寝かせてください)

冷蔵庫に入れたら5日以内には使い切るようにしましょう。

冷凍保存

どうしても使い切れない時は、冷凍も可能ですよ。

よく洗って、食べやすい大きさに切ってからジップロックなど密封できる容器に入れましょう。

小分けにしておくと、使いやすいですよ。

必ず、使う分だけ取り出すようにしてくださいね。

解凍することなく、そのまま調理することが可能です。

エシャレットの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!のまとめ

エシャレットの賞味期限がどのくらいなのか、腐るとどうなるのか、保存方法など詳しくご紹介いたしました。

エシャレットは、

  • 常温保存: 2週間ぐらい
  • 冷蔵保存: 1週間くらい。
  • 冷凍保存: 1ヶ月ぐらい。

と言われています。

冷蔵庫に入れた場合、なるべく5日以内に使い切る方が良いでしょう。

どうしても食べ切れない時は、新鮮なうちに冷凍保存するようにしてくださいね。

時間がたつにつれて、新鮮さがなくなり、変色したりして傷んできます。

買ったら、なるべく早めに食べ切るようにしましょう。

エシャレットは、クセも少なく、美味しい野菜です。

生でも炒めてもあえても、どんな方法でも食べることができるので、見かけたらぜひ、一度手に取って試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です