フォンドボーとデミグラスソースの違いは?粉末や缶詰の使い方も!

フォンドヴォーとデミグラスソースの違いは?粉末や缶詰の使い方も!

料理本などを見ていると、よく登場するフォンドボーという言葉。

なんとなく茶色系の煮込み料理に使うイメージ…というふわっとした認識でいました。

茶色系の煮込み料理に使うといえば、デミグラスソースというのもあるけど、何が違うの?使い分けがあるの?と疑問に思ったので、今回調べてみました!

フォンドボーとは?

フォンドヴォーとデミグラスソースの違いは?粉末や缶詰の使い方も!

フォンドボーとは、フランス料理の基本になるフォンのこと。

フォンとは、フランス料理において、ソースのベースになる出汁のことを言います。

フォンは特に肉からとる出汁のことを指します。ちなみに魚からとる出汁はフュメと呼ばれます。

フォンドボーという一つの単語として日本には浸透していますが、分解して訳すと、

フォン(出汁)・ド(の)・ボー(仔牛の肉)

つまり、フォン・ド・ボー = 仔牛の肉からとった出汁という意味合いになります。

通常は、仔牛の骨つき肉やすじ肉を焼き色がつくまで焼いてから、スープのベースになるブイヨンとお水で煮込み、香味野菜とトマトを入れてさらに煮込んで作られます。

煮込み中に灰汁や脂肪が出てくるので、綺麗なフォンドボーに仕上げるにはこれを根気よく除く必要があり、とても手間がかかります。

しかしこのフォンドボーの味がお料理の味の核となるので、上手に作れるようになると、一流シェフと見なされたそうです。

フォンドボーとデミグラスソースの違いは?

フォンドヴォーとデミグラスソースの違いは?粉末や缶詰の使い方も!

フォンドボーは上の項でご説明したように、ソースのベースとなる出汁のことを指すのに対し、デミグラスソースは完成されたソースのこと。

古典的なフランスでよく使われていたらしいソースですが、フランスだけでなく、西洋料理に幅広く用いられています。

デミグラスソースは、小麦粉とバターを炒めて作ったブラウンルーにフォンドボーを加え、さらにマデラ酒などで香り付けをしたソースとなります。

つまり、フォンドボーはベース、それを元に作ったソースがデミグラスソースというわけです^^

フォンドボー粉末の使い方は?

フォンドヴォーとデミグラスソースの違いは?粉末や缶詰の使い方も!

フォンドボーを作っておくと、デミグラスソースや洋食の赤ワインソース、トマト煮込みなど幅広いお料理に活用が可能です。

が、フォンドボーを作るのは手間がかかりすぎて、プロじゃあるまいし家庭では無理!と諦めていませんか?

じつはS&Bなどの会社から、フォンドボーの粉末が販売されているんです♪

一般のスーパーなどでも、スパイスコーナーなどに置いてあるのでぜひ探してみてください。

フォンドボー粉末は、メーカーによって規定の溶きのばし量があるので、記載に沿って調理してください。

例えばS&Bのフォンドボーフレーク(300g入り)の場合だと、フレーク1:水5の割合で溶いて使います。溶解しやすい温度は60〜70℃と記載がありました。

【参照】S&B フォン・ド・ヴォー ベースフレーク

ただし注意点が一つ。先に説明した通りですが、フォンドボーはあくまで料理のベース

例えばフレーク20g:水100mlの割合で溶いて、120gのフォンドボーが完成したとします。120gのフォンドボーというと、ビーフシチューやスープなどが約10人前もできてしまう量となります。

フレークの状態であれば、開封後でもジップロックなどで密閉して冷蔵保存ができるため、少しずつフォンドボーに仕上げて使うのが良さそうです^^

フォンドボー缶詰の使い方は?

フォンドヴォーとデミグラスソースの違いは?粉末や缶詰の使い方も!

粉末の他にも、HEINZからは缶詰のフォンドボーが販売されています。

【参照】HEINZ  シェフソシエ フォン・ド・ヴォー

こちらはひと缶290g入りで、開封後使いきれなかった場合は密閉容器に入れて冷蔵保存ができます。

フレークのようにグラムを測って溶きのばす手間がなく、サクッと使えるのが魅力ですね。

容量が多いので、大家族でたくさん食べるご家庭や、パーティーなどの場合に向いているでしょう。

フォンドボー液体タイプもおすすめ!

フォンドヴォーとデミグラスソースの違いは?粉末や缶詰の使い方も!

最近よく見かけるようになった、マスコット社のオーネ フォンドボーという商品もおすすめです。

【出典】マスコット オーネ フォン・ド・ヴォー

以前はカルディなどの輸入食品店でよく見かけたのですが、最近はスーパーでも置いてあり購入しやすくなりました。

こちらは30g/袋の濃縮液体タイプで、2−3人前のカレーやビーフシチューに1袋の割合で手軽に使えます。

小袋になっているので保存性も良いですね!

created by Rinker
¥302 (2021/05/14 19:43:46時点 楽天市場調べ-詳細)

フォンドボーとデミグラスソースの違いは?粉末や缶詰の使い方も!のまとめ

フォンドヴォーとデミグラスソースの違いは?粉末や缶詰の使い方も!

カレーやシチューの煮込み料理、ソース、スープなど、幅広い料理に使うことができるフォンドボー。

いつものお料理に少しプラスするだけで、コクと旨味がプラスされ、グッとお店の味に近づけることができます。

家庭で、フォンドボーを使った本格的なお料理が作れたらかっこいいですよね!

手軽に使える商品もたくさん販売されていますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね^^

まとめ

 

<フォンドボーとは>

仔牛の肉から取った出汁のこと。

フォン(出汁)・ド(の)・ボー(仔牛の肉)

 

<フォンドボーとデミグラスソースの違い>

フォンドボー:ソースのベース(出汁)

デミグラスソース:ブラウンルー+フォンドボーで作ったソース

 

<手軽に使える商品>

S&B フォン・ド・ヴォー ベースフレーク:水で溶きのばして使用

HEINZ シェフソシエ フォン・ド・ヴォー:290g入り缶詰 そのまま使用可能

マスコット オーネ フォン・ド・ヴォー:30g入り小袋 そのまま使用可能

ぜひご参考になさってください。

毎日の料理、たまには時短したい!新鮮で安心な食材を使いたいという方は、こちらもチェックしてくださいね(*^-^*)

私も愛用しています!

Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも! Kit Oisix(キットオイシックス)お試しセットミールキットの実食レビューブログ!写真画像で口コミも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です