冷凍餃子の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?

冷凍餃子の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?

焼くだけで本格的な餃子を食べることができる冷凍餃子、好きな方も多いのではないでしょうか。

いちから餃子を作るのはなかなか大変なので、我が家でも冷凍餃子はとても重宝しています。

最近は水なしで羽根付き餃子ができる商品もあり、失敗も少なくきれいに羽根ができるので感動しています!

そんな冷凍餃子ですが、賞味期限や腐った場合どうなるか知っていますか?

今回は、期限切れでも食べられるのか、また餃子が余った時の活用方法についても紹介するので、良かったら参考にしてみてくださいね。

また、いろんな加工食品の賞味期限などについてはこちらにまとめているので、合わせて参考にしてくださいね。

冷凍餃子の賞味期限はどれくらい?

冷凍餃子の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?

冷凍餃子には賞味期限が記載されています。なお、賞味期限と消費期限の違いは以下の通りです。

【賞味期限】:適切な環境で、正しく保存した場合の「美味しく食べられる期間」のこと

【消費期限】:適切な環境で、正しく保存した場合の「安全に食べられる期間」のこと

冷凍餃子は商品によって1ヶ月~半年までなど期限の長さが違います。

また、冷凍餃子に記載されている賞味期限は、マイナス18℃以下に保たれた環境下で保存された場合の期限です。

家庭用の冷凍庫では扉の開け閉めなどで温度を一定に保つことが難しいため、記載の賞味期限よりも早めに食べた方がよいでしょう。

家庭用冷凍庫で未開封のものを保存した場合、ドアポケットでの保存は1~2ヶ月、庫内では3ヶ月が期限の目安です。

ドアポケットは特に温度変化の影響を受けやすいため、なるべく庫内の奥で保存してください。

手作り餃子の場合は正しく保存して約1ヶ月程で食べ切りましょう。

家庭の台所では工場よりも衛生面や冷凍機能が劣りますので期限が短いです。

また、開封後一度で使い切れず残りをする場合はパッケージを輪ゴム等で縛り、さらにフリーザーバックなどに入れて密閉してください。

空気に触れると品質の劣化が進みますので、なるべく空気に触れさせないことが大切です。

なお、開封後は未開封のものよりも品質が悪くなりやすいので、早めに食べ切るようにしましょう。

賞味期限切れの冷凍餃子はいつまで食べられる?

冷凍餃子は賞味期限で記載されており、さらに冷凍保存されているので期限が切れてもすぐに食べられなくなることはありません。

しかし、冷凍食品は適切に冷凍されていれば腐るということはあまりなくても、長期間保存すると少しずつ味や風味は落ちていきます。

食べられないことはありませんが、美味しくない可能性が高いのであまり長く保存したものを食べるのはおすすめしません。

また、適切に保存していないと変質してしまうこともあるので注意してください。見極め方は次で解説していきます。

冷凍餃子って腐るとどうなるの?

冷凍餃子の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?

冷凍餃子は冷凍庫で適切に保存していれば腐るということは少ないですが、状況によっては変質してしまう場合もあります。

・餃子に沢山霜がついている

・冷凍焼けしている

・未開封で袋が膨張している

・食べると酸っぱい味がする

・酸っぱい臭い、異臭がする

・カビが生えている

霜がつくのは、温度変化によって食材の水分が一度出てしまい、それが低温になり再び凍ることで起きる現象です。

食べられますが食材が乾燥してしまったりしているので味は急激に落ちています。

未開封で袋が膨張している場合、温度変化によるものなら問題ありませんが、食材が腐ったガスによる膨張の可能性もありますので臭いなどを確認して判断してください。

冷凍餃子が余ったときの活用法は?

冷凍餃子の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?

冷凍餃子を一度ですべて使い切れない時に、解凍済みのものを再冷凍するのは絶対にやめてください。品質が悪くなってしまい美味しくないです。

冷凍庫から食べる分だけ取り出すか、解凍済みのものは冷蔵庫に保存して長くても翌日までには使うようにしましょう。

冷凍餃子が余ってしまった場合や、焼くだけに飽きたら次の調理法にアレンジするなどして楽しむと良いですよ。

*餃子入り中華スープ:中華スープに冷凍のまま餃子を入れて煮込む。野菜や溶き卵を加えるとさらにボリュームアップ!

 

*揚げ餃子     :冷凍のまま餃子を160℃程の油できつね色になるまで揚げる。

 

*鍋の具材として  :お好きな鍋に具材として入れる。

他にも様々なレシピがありますので、気になる方は調べてみて下さいね。

冷凍餃子の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?まとめ

今回は冷凍餃子の賞味期限や活用法などを紹介しました。

・市販の冷凍餃子は家庭用冷凍庫では1~3ヶ月が賞味期限の目安

・手作りのものは1ヶ月を目安に食べ切る

・正しく冷凍保存していると腐ることは少ないが、味や風味は少しづつ落ちていく

・餃子に霜が沢山ついている、冷凍焼けしているものは食べられなくはないが、品質は著しく落ちている

・酸っぱい臭いや味、未開封で袋が膨張しているものは腐っている可能性が高いので食べない

便利で美味しい冷凍餃子は、自宅に常備しておくと大変便利な食品です。

冷凍食品は腐ることがほとんどないので安心しがちですが、ずっと保存していると美味しくなくなってしまいますので購入後はなるべく早く食べるようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です