ごぼうが変色して緑やピンクに!これ食べれるの?防止法や原因も調査!

ごぼうを調理しているときに何だか色が変わってきたなんてことがよくあります。

色が変わってしまうということはなんとなくダメになってしまったのかなとも思いますが、実際に食べられるのでしょうか。

また変色してしまう理由はどのようなものなのでしょうか。

そこで今回は、ごぼうが変色してしまう理由や変色したものは食べられるのか、また変色防止方などごぼうの変色についてご紹介していきます。

ごぼうが緑やピンクに変色したのは食べれる?

ごぼうが変色して緑やピンクに!これ食べれるの?防止法や原因も調査!

ごぼうを切ったあと置いておくと、緑色やピンク色に変色することがあります。

色的になんとなく、あまり食べてはいけないような感じもしますよね。

しかし、実際は切った後に変化する変色であれば食べることはできます。

特に身体に害があるわけではないのでそのまま調理出来ますが、やはり見た目的にはなんとなく食べづらいという場合には取り除いてみてくださいね。

では、なぜ変色してしまうかという理由は下記で詳しくみていきましょう。

ごぼうが変色する原因はなぜ?

ごぼうが変色して緑やピンクに!これ食べれるの?防止法や原因も調査!

ごぼうが変色してしまう理由を色別にみていきましょう。

緑色に変色する理由

ごぼうの切り口が緑色や薄い黄緑のように見える場合ですが、これはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸という物質が原因です。

ポリフェノールはアクの原因にもなるので、実際緑色に変色しているときには、アクが出ている状態と言えます。

このクロロゲン酸は実は切った後に緑色にもなるのですが、もっと濃くなって出現することがあります。

クロロゲン酸はアルカリ性のものに反応すると鮮やかな濃い緑色となります。

よくごぼうを煮物などで使う場合、こんにゃくと一緒に煮たりするかと思います。

実はこんにゃくはアルカリ性の食品のため、筑前煮などでごぼうと一緒にすると、ごぼうが鮮やかな緑色に変化してビックリしてしまうことがあります。

しかし、これはあくまでも化学変化で口にしても全く問題はないので安心してくださいね。

 

ピンク色に変色する理由

今度はピンク色に変色する理由です。

実はピンク色に変色するのも、ポリフェノールの仕業です。

ただ、ピンク色に変させるポリフェノールはサポニンという物質です。

ポリフェノールと一言で言っても様々な種類があり、その作用も異なってきます。

それぞれの物質が空気と触れることで酸化して色の変化を起こします。

しかし、先ほどもお話ししたとおりアクなので、食べることはできます。

ごぼうの変色を防止する方法は?

ごぼうが変色して緑やピンクに!これ食べれるの?防止法や原因も調査!

ごぼうの変色は抑えることが出来ます。

方法もとても簡単です。

水につけるか、酢水につけるだけです。

水につける方法

①ボウルに水を用意する

②切ったごぼうを①に入れて5分~10分ほどつける

③ザルにあげてしっかり水を切って完成

 

酢水につける方法

①ボウルに水を入れる

②お酢を小さじ1程度入れてよく混ぜる

③切ったごぼうを入れて5分ほどつける

④ザルにあげて水気をしっかり切って完成

酢水は、水1リットル程度に対してお酢小さじ1程度で大丈夫です。

酢水につけると味が移るのでは?と心配してしまうかもしれませんが、その心配は全くありません。

酸っぱさもニオイも移らないくらいの濃度で短時間さらすだけなので特に変化もなく、変色だけを防いでくれるでしょう。

 

水と酢水につける方法2種類をご紹介しましたが、オススメは酢水です

水につけてももちろん効果はありますが、酢水のほうがより変色が抑えられてきれいな色を保つことが出来ます。

ただし、1つ注意してほしいのですが、切った後にピンク色に変化した場合には効果があるのですが、皮を剥く前や切る前などに変色がみられる場合には、水や酢水につけても効果は全く無いので注意してください。

既に緑やピンクになっている場合には取り除くなどして早めに消費するようにしてください。

こんなごぼうは食べないで!見極め方は?

ごぼうが変色して緑やピンクに!これ食べれるの?防止法や原因も調査!

ごぼうが緑色やピンク色に変色している場合には食べることが出来ますが、実は変色の中でも食べない方が良い色があります。

また、ごぼうが腐っているときには食べることが出来ないので、合わせてお話ししていきましょう。

食べてはいけない腐っているごぼう

・黒く変色している

 

・中が黒く空洞化している

 

・しなしなしている

 

・カビが生える

 

・ヌメヌメする

 

・ネバネバと糸を引く

 

・酸っぱいニオイがする

などの状態です。

色でみていくと、中が黒っぽく空洞化しているものは、すが入った状態で劣化が進んでいる状態です。

す(空洞)は、水分が飛んだり、日数が経過しているなどで起こります。

風味が落ち固さもあるので食べることは出来ません。

また、黒い変色はカビであることもあります。

またカビには白や緑色などがあります。

フワフワしているものはカビの可能性が高いので食べないで破棄してくださいね。

ごぼうが変色して緑やピンクに!これ食べれるの?防止法や原因も調査!のまとめ

ごぼうの変色する原因などご紹介しました。

・切った後に変化する変色であれば食べることはできる

・緑色に変化するのはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸という物質が原因

・ピンク色に変化させるはポリフェノールの一種であるサポニンという物質が原因

 

・変色防止には、水または酢水が効果的

 

食べてはいけない腐っているごぼう

・黒く変色している

・中が黒く空洞化している

・しなしなしている

・カビが生える

・ヌメヌメする

・ネバネバと糸を引く

・酸っぱいニオイがする

ごぼうの変色はポリフェノールの酸化で起こるので割と高頻度で起こります。

ただしっかり酢水につけるなど対策することで防ぐことが出来るので一手間かけてきれいなごぼうを調理してみてくださいね。

また、ごぼうの賞味期限や保存方法についてはこちらにまとめているので合わせて参考にしてください。

>>ごぼうの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です