グラタンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

グラタンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

寒い日になると温かいグラタンが美味しい時期になりますよね。

グラタンは、作る工程が多く手間も少しかかるので意外と大変ですよね。

一気に作って保存したい気持ちもありますが、グラタンって保存しておくことが可能なのでしょうか。

保存出来ればいつでも簡単に熱々のグラタンが食べられて嬉しいですよね。

そこで、今回はグラタンの賞味期限や正しい保存方法をご紹介していきます。

グラタンの賞味期限はどれくらい?

グラタンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

グラタンの賞味期限は保存方法別に異なってきます。

保存別には違いますが、焼く前と焼いたあとのグラタンの賞味期限はほぼ同じなので一括りでお話ししていきますね。

常温保存の賞味期限

常温保存は基本的に出来ません。

出来たとしても1~2時間程度が限界です。

グラタンには傷みやすい食材が多く使われているため常温で置いておくと直ぐに傷んでしまうので出来るだけ避けるようにしてくださいね。

冷蔵保存の賞味期限

冷蔵保存での賞味期限は、1~2日ほどでしょう。

焼いても焼かなくてもホワイトソースが傷みやすいので、とても短い期間しかもちません。

 

冷凍保存の賞味期限

冷凍保存での賞味期限は、1ヶ月程度でしょう。

ただし美味しく食べるのであれば冷凍庫内の環境などもあるので、冷凍後1~2週間程度で食べきるようにしてください。

 

賞味期限切れのグラタンはいつまで食べられる?

グラタンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

賞味期限が切れてしまったグラタンですが、常温または冷蔵で保存していたものは食べることは出来ないでしょう。

グラタン自体もともと傷みやすい食品です。

ホワイトソースには牛乳などが使われていて日持ちはしないですし、具材にもよりますが、中から水分が出てきてしまったりしてぐじゃっとしてしまうこともあります。

期限が切れてしまう頃には傷んでいて食べられないというケースが多いでしょう。

見た目的に大丈夫でも傷んでいることもあるので、食べないようにしてくださいね。

腐った物を食べると腹痛や気分不快など起こす可能性があります。

 

ただし、冷凍していたグラタンに関しては食べることが出来ることもあります。

目安ですが、冷凍後期限が切れてから1週間以内くらいでしょう。

正しく保存していて特に何もなければ冷凍したものなら大丈夫だと思いますが、食べる時には必ず確認して自己責任で御願いします。

グラタンって腐るとどうなるの?

グラタンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

グラタンは傷みやすいですが、完全に腐ってしまうとどのような状態になるのでしょうか。

腐ってしまったグラタンの状態

・鼻をつくような悪臭がする

 

・カビが生える

 

・変色する

 

・ネバネバする

 

・具材がドロドロになる

 

・水分が出てくる

 

・食べると酸っぱい味や舌がピリピリ痺れる

などの状態が見られます。

1つでも上記のような状態が見られた場合には食べずに破棄してくださいね。

グラタンが余った時の保存方法は?

グラタンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

グラタンが余ってしまって食べられないということもありますよね。

そんなときには早めに保存すると良いでしょう。

保存方法は冷蔵または冷凍保存となります。

直ぐに食べる場合には冷蔵、それ以外は冷凍で保存するのが良いでしょう。

それぞれの方法を説明していますね。

冷蔵保存の仕方

①お皿に入っているグラタンの粗熱をしっかり取る

②グラタンが冷めたらお皿にラップをしっかりかけて冷蔵庫へ入れて完成

冷蔵保存するときには、お皿に入ったままラップでしっかり覆い冷蔵庫に入れるだけでOKです。

 

ラップをかけるときにはしっかり冷ましてからかけないと水分が発生してカビの原因になるので注意してくださいね。

ちなみにお皿ごとラップをして冷蔵しても良いのですが、稀にニオイ移りなどが発生するので、気になるという時には、お皿からタッパーなどの容器にグラタンを移して蓋をしっかりしめて保存する方法でも良いですよ。

温め方

冷蔵庫から取りだしたグラタンは電子レンジで温めてから食べるようにしてくださいね。

また温めたあとチーズを再度ふりかけてトースターで軽く温めるとより美味しいですよ。

 

冷凍保存の仕方

①お皿に入っているグラタンの粗熱をしっかり取る

②お皿ごとジップロックなどの密閉袋に入れる

③しっかりと空気を抜き封をする

④金属トレーの上に乗せて冷凍庫へ入れる

⑤急速モードなければ通常モードで冷凍開始して完成

余ったグラタンは耐熱皿ごと密閉袋に入れて冷凍すると解凍して焼くときに便利です。

 

ただし、冷凍する時には具材によっては不向きなものもあります。

 

例えば、じゃがいもやナスといった定番のグラタンの具は冷凍すると味や食感が変わってしまうので出来れば冷凍する前に取り除くと良いでしょう。

解凍方法と温め方

冷凍したグラタンは解凍せずにそのまま温め直すようにしてください。

解凍してしまうと水っぽくなってしまうのでおいしさが半減してしまうので、凍ったまま一気に温める方が良いでしょう。

温め方はまず電子レンジで温めます。

その後はトースターに移しますが、チーズを再度かけてから温めるとより良いでしょう。

トースターで温めると焦げることがあるかもしれないので、アルミホイルなどを被せて温めるようにしましょう。

 

グラタンの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!のまとめ

グラタンの賞味期限などご紹介しました。

・常温保存は基本的に出来ない

・冷蔵保存での賞味期限は、1~2日

・冷凍保存での賞味期限は、1ヶ月程度

 

腐ってしまったグラタンの状態

・鼻をつくような悪臭がする

・カビが生える

・変色する

・ネバネバする

・具材がドロドロになる

・水分が出てくる

・食べると酸っぱい味や舌がピリピリ痺れる

 

グラタンが余った時には耐熱皿ごと密閉して冷蔵または冷凍保存する

グラタンは出来たてを直ぐに食べるのが一番美味しいですが、もちろんたくさん作って冷蔵や冷凍も出来ます。

方法などしっかりすれば期限も持たせることが出来るので是非参考にしてみておいしいグラタンを召し上がってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です