ハナビラタケの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

ハナビラタケの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

幻とも言われているハナビラタケというキノコをご存じでしょうか。

ハナビラタケは、その名の通り白い花びらがたくさん付いているようなかわいらしい形をしていますが、標高1000メートル以上の標高の高い山にしか生育せず、しかも消して同じ場所には生えないと言われているので、なかなか自然界では探すのは困難と言われているほどです。

しかしそんな幻のハナビラタケも近年では、工場などで培養・栽培が可能となり一部ではスーパーや、ネットなどで購入が可能となっています。

実は他のキノコに比べてものすごく栄養価が高くて注目されていているキノコでもあるのです。

ハナビラタケを食べたことはないけれど、ちょっと気になってきたという方もいるかと思うので、今回はハナビラタケの賞味期限や保存方法などお伝えしていきます。

ハナビラタケの賞味期限はどれくらい?

ハナビラタケの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

ハナビラタケの賞味期限ですがどのくらいもつのでしょうか。

常温保存の賞味期限

ハナビラタケは常温保存が出来ます。

常温で保存した場合、5~7日程度日持ちします。

ただし、衛生的なことを考えると、常温より冷蔵保存をオススメします。

冷蔵保存の賞味期限

ハナビラタケを冷蔵で保存した場合の期限は1週間~2週間程度です。

最長2週間程度はもつのですが、おいしく食べるのなら1週間以内に食べきるのが良いでしょう。

冷凍保存の賞味期限

ハナビラタケは冷凍保存も出来ます。

冷凍保存した場合ですが、約1ヶ月程度は日持ちします。

 

賞味期限切れのハナビラタケはいつまで食べられる?

ハナビラタケの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

期限が切れたハナビラタケは食べずに破棄するようにしましょう。

ハナビラタケは比較的水分の多いキノコですので、期限が切れると次第に柔らかくなり、水分なども出てきてしまいます。

ハナビラタケに限らず、キノコ類は傷みやすく食中毒などの危険性が高くなります。

キノコで起こる食中毒によって、下痢や嘔吐などの消化器症状だけでなく、重症化すると呼吸困難や意識低下、血圧低下など生命に関してあらゆる危険が起こる可能性があるので、期限が切れてしまったものに関しては食べずに破棄するようにしてください。

ハナビラタケって腐るとどうなるの?

ハナビラタケの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

キノコ類は傷みやすいと説明しましたが、ハナビラタケが腐ってしまうとどのような状態になってしまうのでしょうか。

 

腐ったハナビラタケの状態

・キノコ全体が柔らかくなりぐにゃっとしている

 

・カビが生える

 

・鼻につくような悪臭がする

 

・色が白から茶色や黒に変色する

 

・ハナビラタケから変な色の水分が出てくる

など明らかに腐った状態になります。

もっとも傷み初めのころは、全体に柔らかくなってくるので、なんとなく劣化が始まったなということが分かるかと思います。

 

ハナビラタケの正しい保存方法は?

ハナビラタケの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

ハナビラタケを美味しくそして鮮度を保ったまま保存する方法は、冷蔵保存です。

冷蔵保存する場合の手順についてお話していきますね。

冷蔵手順

①ハナビラタケをパックから取り出す

②流水で軽くハナビラタケを洗う

③キッチンペーパーなどで水分をしっかり拭き取る

④ふんわりとラップをしてからジップロックなどの密閉袋に入れる

⑤しっかりと空気を抜き封をする

⑥冷蔵庫の野菜室に入れて完成

 

栄養素が凝縮される冷凍もオススメ!

ハナビラタケに限らず、キノコは冷凍することで細胞が壊れて栄養が外に流れ出すので普通に食べるより栄養価が高くなり、また旨みもぎゅっと凝縮されます。

 

ただ、ハナビラタケは若干水分が多めなので、冷凍して解凍したあと少し食感が変わってしまうなんてこともあるので、それがチョット・・・と思う場合には冷蔵保存するようにしてくださいね。

 

ちなみに、冷凍でも良いという場合には、みそ汁やスープなどに使うとあまり食感の変化を気にすることなく美味しく食べることが出来るのでオススメですよ。

そんなハナビラタケの冷凍の仕方ですが、保存自体は冷蔵のときとあまり変わりませんので、簡単です。

冷凍方法

①ハナビラタケをパックから取り出す

②流水で軽くハナビラタケを洗う

③キッチンペーパーなどで水分をしっかり拭き取る

④食べやすい大きさにほぐすか包丁でカットする

⑤ジップロックなどの密閉袋にいれてしっかり空気を抜き封をする

⑥金属トレーの上にのせて冷凍庫へ入れる

⑦急速モードまたは通常モードで冷凍開始して完成

解凍方法

汁物などに入れる場合には、解凍せずに凍ったままのものを使うようにしましょう。

旨みや出汁などがでて美味しいですよ。

 

炒め物などに使う場合には、使う数時間前に冷蔵庫へ移して自然解凍するようにしてください。

解凍すると水分が出てきてしまうので、水分を絞りキッチンペーパーなどでよくふきとってから使うようにしてください。

 

ハナビラタケの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?のまとめ

ハナビラタケの賞味期限などご紹介しました。

・常温保存の賞味期限は、5~7日

・冷蔵保存の賞味期限は、1週間~2週間

・冷凍保存の賞味期限は、1ヶ月

 

・賞味期限が切れた物は食べずに破棄する

 

腐ったハナビラタケの状態

・キノコ全体が柔らかくなりぐにゃっとしている

・カビが生える

・鼻につくような悪臭がする

・色が白から茶色や黒に変色する

・ハナビラタケから変な色の水分が出てくる

 

・正しい保存方法は、冷蔵庫が良いが栄養アップや期限を持たせたいなら冷凍でもOK

ハナビラタケは希少とは言われていますが、購入出来る機会はあります。

歯ごたえがよく他の食材と合わせても味の違和感なく食べることが出来て美味しいキノコですので、是非機会があったらこの記事を参考にして頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です