箸の買い替え時はいつ?使用期限ってあるの?長持ちさせるお手入れ方法は?

箸の買い替え時はいつ?使用期限ってあるの?長持ちさせるお手入れ方法は?

毎日の食事に欠かせないお箸。

色々な種類や色があって選ぶのも楽しいですよね。

お箸って自分のを決めるとしばらくずっと使い続けると思うのですが、いつまで使っていても良いのかってふとした瞬間に思ったことってありませんか?

実際、寿命や使用期限ってあるのでしょうか?

あまり気にしないで、使っている方も多いと思うのですよね。

今回は、豆知識として、お箸の使用期限や買い替え時などの見分けかなど詳しくご紹介いたします。

自分のお箸を見返すチャンスかも!?

箸に使用期限ってあるの?

箸の買い替え時はいつ?使用期限ってあるの?長持ちさせるお手入れ方法は?

お箸に使用期限ってあるのでしょうか?

あまり気にしないで、ずっと使い続けているわという人も多いと思うのです。

私もあまり気にしないで使っていたのですが、親に言われて、あっ、そろそろ交換しなくちゃって思ったことがありました。

折れたりしなければずっと使えそうなイメージがありますよね。

ちゃんと使用期限ってあるのです。

正確に1年使ったらおしまいとか、2年使ったからダメというのはありません。

お箸の素材によって、使い方によって使用期限が前後するのです。

そろそろ交換してくださいねというお箸からのポイントが実はあるのです。

詳しくは後ほど。

created by Rinker
サンライフ(Sunlife)
¥595 (2021/09/26 18:25:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
PLUS COMFORT
¥2,400 (2021/09/26 18:25:40時点 Amazon調べ-詳細)

箸の買い替え時はいつ?

箸の買い替え時はいつ?使用期限ってあるの?長持ちさせるお手入れ方法は?

箸の買い替えどきはいつなのかって気になりませんか?

毎日使うと、どうしても消耗していくのですよね。

だいたい1年ぐらい使い続けていると、どこかしらハゲてきたりすることもありませんか?

洗い方によっては、色が落ちてしまったり、先端の部分がかけてきていたりなんてこともあるのです。

ハゲている部分を見つけたり、黒ずみのような色が出てきていたり、先端部分が欠けていたりなどそのような感じになっていたら、買い替えをオススメします。

欠けていたり、ハゲていたりすると、そこから雑菌が増えてしまうこともありえるので、注意が必要なのです。

お口に直接入れるものなので、気をつけなくてはいけません。

知らぬ間に菌を口に運んでいたなんてことになったら、悲しいですよね。

箸の買い替え時を見極めるポイントは?

箸の買い替え時はいつ?使用期限ってあるの?長持ちさせるお手入れ方法は?

お箸の買い替えどきを見極めるポイントはこちら。

  • お箸の先端の部分の塗装がはげてきている。
  • お箸の先の部分が削れてきている。
  • 変色している。
  • 下の素材がむき出しになってきている。
  • お箸が黒ずんでいる。

というような感じになっていたら、買い替えが必要なお箸です。

ずっとそのまま使っていても、衛生上良くないですよ。

食べ物を口に入れる際に、知らぬ間にカビの菌や雑菌も口に入れていたなんてことにもなるので注意が必要なのです。

お箸は毎日使い、何度も洗うものなのでどうしても消耗してしまいます。

自分のお箸を今一度よくチェックしてみてくださいね。

箸を長持ちさせるお手入れ方法は?素材別に徹底調査!

箸の買い替え時はいつ?使用期限ってあるの?長持ちさせるお手入れ方法は?

せっかく買ったお箸、できるだけ長く使いたいですよね。

長く使っていられるようにするお手入れが実はあるのです。

そのポイントをご紹介します。

塗り箸

  1. 使ったらすぐに水で洗い、乾いた布で拭く。
  2. 絶対に食洗機に入れない。
  3. 直射日光に当てない。

塗り箸の場合は、この3つのポイントが重要になってきます。

使った後、お水につけっぱなしは絶対にダメですよ!

お水につけておくと、お箸の素地がお水をたくさん吸って膨張してしまうのです。

そうすると塗装もハゲやすくなってしまうし、素地も傷めてしまう結果になるので気をつけてくださいね。

1日、2日ではなりませんが、ずっと続けていくと蓄積されてしまうので早く傷んでしまいます。

長持ちさせるには、すぐに洗って拭くことが大切ですよ。

食洗機や直射日光など、高温に塗り箸をさらしてしまうとすぐにダメになってしまうのでこれも気をつけてくださいね。

ワンポイント

日頃からお箸の先端の部分に、植物油をほんの少しだけつけて拭くとさらにお箸が長持ちします。

お箸の先の部分の塗りや素地が保護され、傷みにくくなりますよ。

ただし、ハゲてからつけても意味がありません。

その時は、すぐに新しいものと交換してくださいね。

プラスチックのお箸

  1. お水で洗って乾いた布でふく
  2. 食洗機では洗わない。

プラスチック製のお箸も塗り箸と同じで、使ったらすぐに洗うと良いでしょう。

こちらの場合は、水につけておいてもあまり問題はありません。

ただし、高温などにさらしてしまうと溶けてしまうことも考えられるので気をつけてくださいね。

しっかり乾かしてから収納しましょう。

最近は、食洗機に入れても大丈夫なお箸も売っています。

 買った時にどのタイプかよく確かめてみてくださいね。

箸の買い替え時はいつ?使用期限ってあるの?長持ちさせるお手入れ方法は?のまとめ

お箸の買い替えの時はいつか、使用期限があるのか、長持ちさせるにはどうしたら良いのかなど詳しくご紹介いたしました。

どのお箸にも必ず使用期限があります。

目安としてはだいたい1年ぐらいなのですが、使い方や洗い方などによって変わってくるので、期限を設定することはできません。

買い替えをしなくてはいけない時、いくつかのサインが現れます。

知らぬ間に、口に菌を運んでいたなんてことがないように、そのサインを見逃さないようにしてください。

直接口に入れるものだからこそ、常に清潔なものを使いたいですね。

ちょっとの心がけで長く持たせることができます。

日頃から気をつけてお箸を使ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です