干し椎茸の戻し汁には栄養がある?飲むと体に良いって本当?余ったときの活用法は?

干し椎茸の戻し汁には栄養がある?飲むと体に良いって本当?余ったときの活用法は?

ママ

いつも干し椎茸の戻し汁が余っちゃって…何か良い活用方法はないかしら?

このように、干し椎茸を戻して料理に使ったは良いものの、戻し汁の活用が思いつかない…という方、多いのではないでしょうか?

戻し汁を捨てるのは勿体無い!ということで、含まれる栄養や体への影響、活用方法をご説明していきたいと思います^^

干し椎茸の戻し汁にはどんな栄養があるの?

干し椎茸の戻し汁には栄養がある?飲むと体に良いって本当?余ったときの活用法は?

干し椎茸の戻し汁には、旨味がたっぷりと含まれているだけでなく、しいたけの栄養ももちろん含まれています

キノコ類の中でも特に美味しい出汁が取れるのがしいたけなので、この戻し汁を捨ててしまうのはとても勿体無い…!

栄養はどんなものが含まれているのでしょうか?

 

しいたけに特に多く含まれている栄養素は、ビタミンD・カリウム・食物繊維などが挙げられます。

このうち、水に溶けるのはカリウムのみ

干し椎茸の戻し汁には、カリウムが多く含まれているだろうと考えることができます。

ビタミンDは骨の形成を助けるビタミンですが、食物繊維と共に、水には溶けにくい性質を持ちます。

そのため、戻し汁よりは椎茸自身に多く含まれます。

また、しいたけだけに存在(※)すると言われるかなり珍しい成分「エリタデニン」というものがあります。

このエリタデニンは、血中コレステロールを下げてくれたり血圧を調整してくれるという、なんとも嬉しい成分です。

※正確にはマッシュルームや松茸等、他の食品にもごくごく微量含まれてはいますが、コレステロールの低下などの影響を体に与えるほどではありません。

干し椎茸の戻し汁を飲むと体に良い影響がある?

干し椎茸の戻し汁には栄養がある?飲むと体に良いって本当?余ったときの活用法は?

しいたけに含まれているカリウム

体の中のナトリウムとカリウムのバランスは、通常腎臓が正常になるように調整をしています。

が、ラーメンを食べたりお酒と共におつまみを食べすぎたりして体の中のナトリウムが多い状態となった時に浮腫は発生します。

このナトリウムを排出するのに働いてくれるのがカリウムなのですが、カリウムは水に流れ出やすい成分のため、水戻しした干し椎茸の身を食べるよりも、戻し汁を飲んだ方が効果的なのです。

他の食物繊維やエリタデニンは戻し汁よりも身の方が含有量が多くなるので、戻し汁を飲んでもあまり摂取はできません。

干し椎茸の戻し汁が余った時の活用法は?

干し椎茸の戻し汁には栄養がある?飲むと体に良いって本当?余ったときの活用法は?

干し椎茸を戻すときはあまり多くの水で戻さず、干し椎茸(g):水=1:15くらいの割合で戻しましょう。

水が多すぎると薄まってしまったり、料理にも使いきれずに余ってしまったりします。

それでも使いきれなかった場合の活用料理をいくつかご紹介しますね^^

created by Rinker
¥5,356 (2021/06/25 04:03:30時点 楽天市場調べ-詳細)

私はつゆを干し椎茸のもどし汁で割って、様々なお料理に使っています。

濃縮タイプではない「創味つゆ」を使用

料理 → 創味つゆ:干し椎茸の戻し汁

 

そうめん→ 1:3〜4

うどん → 1:6〜7

煮物  → 1:10

炊き込みご飯→ 1:20

茶碗蒸し→ 1:45〜50

せっかくのしいたけ出汁の風味を活かしたいので、パッケージに載っている割り方の目安よりも、少し出汁を多くします。

お水で割るよりも風味の分、濃く感じるからです。

反対に考えると、水で割るよりも戻し汁で割る方がつゆの使用量を控えても美味しく仕上げられるので、塩分量を下げることができます^^

カツオや昆布出汁などもそうですが、出汁をしっかり取ることでお料理に使う調味料の量を控えることができます。

少ない調味料でも美味しく仕上げることができ、塩分カットになって体に良いですね♪

<茶碗蒸しのレシピ>

 

材料(4人分)

海老・・・4尾

酒・・・小さじ1

ゆりね・・・20g

戻した干し椎茸・・・4枚

三つ葉(飾り用)・・・適量

卵・・・2個

★椎茸の戻し汁・・・280cc

★つゆ・・・小さじ1.5

★塩・・・少々

 

作り方

①海老は背腸をとって洗い、酒を振りかけて火が通るまで加熱する。冷めたら殻を剥く。

②ゆりねは食べやすい大きさにほぐす。

③椎茸はお好みで食べやすいサイズにカットする。

④三つ葉は1cm幅に切る。

⑤★の調味料をボウルなどに合わせる。

⑥卵2個はよく溶きほぐし、⑤のボウルに合わせ、軽くかき混ぜる。

⑦蒸し椀に具材を入れたら、その上から水で濡らした茶漉しを通しながら、⑥の卵液を分け入れる。

⑧広めのフライパンなどに浅く湯を沸かし、沸騰したところへ蒸し椀を並べる。

⑨ふた又はアルミなどを被せ、最初は中火で1分。表面の色が白っぽく変わってきたら弱火に落とし10分蒸す。

⑩竹串を刺し、卵液が浮いてこなければOK。海老や三つ葉を飾る。

↑ ↑

椎茸問屋さんがSNSでレシピの公開などもされているので、ご参考にしてみてはいかがでしょうか^^!

干し椎茸の戻し汁には栄養がある?飲むと体に良いって本当?余ったときの活用法は?のまとめ

干し椎茸の戻し汁には栄養がある?飲むと体に良いって本当?余ったときの活用法は?

干し椎茸には、血圧をコントロールしてくれたり、むくみを取ってくれたり、私たちの体にとって嬉しい栄養素がたくさん含まれています!

戻し汁にたくさん含まれる成分、椎茸の身の方にたくさん含まれる成分がありますので、余す所なく摂りたい食品ですね。

まとめ

 

・干し椎茸には、カリウム・ビタミンD・食物繊維などが含まれる。

・ほとんど椎茸だけにしか含まれていないエリタデニンという成分があり、血圧コントロールや血中コレステロールの低下に効果があるとされている。

・このうち水に溶けるのはカリウムだけ。戻し汁にはカリウムが多く含まれ、むくみ解消などに役立つ。

・戻し汁が余ったときに便利なのは、つゆと割って様々な料理に活用する方法。水で割るよりも梅雨の使用量が少なくても美味しく仕上がる。

ぜひご参考になさってくださいね^^

しいたけの豆知識についてはこちらにまとめているので、合わせて読んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です