干ししいたけが賞味期限切れ!1年経っても食べられる?腐るとどうなるの?

干ししいたけが賞味期限切れ!1年経っても食べられる?腐るとどうなるの?

カルシウムの吸収を助けるビタミンⅮ。

このビタミンⅮは、生のしいたけよりも紫外線に当たった干ししいたけのほうが多く含まれています。

煮物などにすると生のしいたけとはまた違ったうま味が出ますよね。

日持ちもするので常備されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし気づけば賞味期限が切れてる!なんてことも。

そこで干ししいたけの賞味期限について詳しく調べてみました。

干ししいたけの賞味期限はどれくらい?

干ししいたけが賞味期限切れ!1年経っても食べられる?腐るとどうなるの?干ししいたけの賞味期限は商品によって違いはあるものの、だいたい製造から1年程度のものが多くなっています。

これは未開封の状態の賞味期限となります。

開封して空気に触れると傷みも早くなってしまいます。

開封後は1ヶ月程度で使い切るのが良いそうです。

賞味期限切れの干ししいたけはいつまで食べられる?

干ししいたけが賞味期限切れ!1年経っても食べられる?腐るとどうなるの?乾物である干ししいたけは水分をほとんど含んでいないので、細菌が繁殖しにくく腐りにくいです。

未開封できちんと保存していれば賞味期限を過ぎても食べることができます。

中には賞味期限を数年過ぎていたが食べた!という方もいるみたいですよ。

味の劣化はあると思いますが、カビが生えていたり異常がない限り大丈夫です。

しかし食べる前によく確認してくださいね。

干ししいたけって腐るとどうなる?

干ししいたけが賞味期限切れ!1年経っても食べられる?腐るとどうなるの?では干ししいたけが腐るとどのような状態になるのか特徴をみていきましょう。

■カビが生えている

■虫がわいている

カビや虫がみられたら腐っているので食べるのは控えましょう。

また、笠の裏が茶色っぽく変色していることがありますが、これは劣化しているということです。

食べれないわけではありませんが、味や品質も落ちていますので食べるかどうかは自己判断で!

賞味期限後でも前でも、食べる前にはきちんと確認しましょう。

干ししいたけの正しい保存方法は?

干ししいたけが賞味期限切れ!1年経っても食べられる?腐るとどうなるの?干ししいたけをおいしく安全に食べるためにどのように保存するのが良いのでしょうか。

開封前や開封後、そして水戻ししたあとの干ししいたけの保存方法も合わせてお伝えします。

開封前

常温保存が可能です。

しかし高温多湿な場所は避け、湿度が低い冷暗所で保存しましょう。

干ししいたけは湿気を吸いやすいので、未開封であっても流しの下などは避けた方が良いですね。

開封後

開封した干ししいたけはより湿気に気を付けなければなりません。

乾燥剤を入れて固く封をして冷暗所に保存するか、密閉容器にうつしてしまう方が安心ですね。

長期間保存したり、夏の暑い時期などは冷蔵庫で保存するのが良いでしょう。

もし湿気を吸ってしまった!というときは天気の良い日に日光に当てて乾燥させましょう。

2~3時間天日干しをして、少し冷ましてから密閉容器などに入れましょう。

日光に当てることでビタミンⅮなどの栄養もアップして良いですよ。

水戻し後

水で戻した干ししいたけは冷蔵庫で約1週間保存することができます。

水に浸けたまま1週間以上置くと渋みが出てしまうので注意しましょう。

水で戻したものの使い切れない…という場合もあるかもしれません。

大丈夫!冷凍保存することも可能なのです。

しかも冷凍することでさらにおいしくなるそうですよ。

戻し汁と一緒に冷凍する方法と別々に冷凍する方法があります。

 

①戻し汁と別々に冷凍約1ヶ月程度保存可能

なるべく空気に触れないようにしたいので、タッパーなどよりも保存用の袋を使うと良いです。

水気をよくきり、使う分量ずつラップに包んで保存袋に入れます。

封をするときはできるだけ空気を抜くようにしましょう。

戻し汁は製氷皿に入れて冷凍しておけば、少量ずつ料理に使えて便利ですね。

別々に冷凍しておくと違う料理にも使えるので良いです。

 

②戻し汁と一緒に冷凍:約半年くらい保存可能

戻し汁ごとタッパーなどに入れて冷凍します。

しいたけが空気に触れることがないのでより長く保存することができます。

保存期間はあくまでも目安なのでなるべく早く食べるようにしてくださいね。

 

ちなみに…

みなさん、干ししいたけの正しい戻し方ってご存知ですか?

私は面倒くさがりなので、とにかく水に浸けたらいいんだよね~?となんとなくやっていました。

しかしうま味を引き出すポイントがあるんです。

 

それは冷水でゆっくり時間をかけること!

まず全体をサッと洗ってから笠を上向きにして、かぶるくらいの冷水に浸します。

そして落し蓋のようにラップをして冷蔵庫に入れます。

目安としては、肉厚のもので半日~1日、薄いもので約4~5時間程度浸してください。

冷水で戻すことで吸収が良くなり、しいたけのうま味成分がたくさん出てきます。

一度試してみてください。

また、保存容器についてはこちらにおすすめ商品や使い勝手を詳しくまとめています。

「粉もの保存容器」となっていますが、干ししいたけにもピッタリなものがたくさんあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

干ししいたけが賞味期限切れ!1年経っても食べられる?腐るとどうなるの?のまとめ

◎干ししいたけの賞味期限は未開封の状態で約1年

◎開封後は1ヶ月程度で使い切るのが良い

◎保存状態が良ければ賞味期限を過ぎてもしばらく大丈夫

◎開封後は密閉容器に入れ、冷蔵庫保存が安心

◎水戻しした後の干ししいたけを冷凍保存することも可能

水戻し後の干ししいたけは冷凍できるんですね!

しかも冷凍したほうがおいしくなるとは驚きました。

その都度水戻しするよりも、一気に戻して冷凍しておくのも便利に使えてさらにおいしく食べられて良いですね。

みなさんもぜひ試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です