いちごの美味しい見分け方は?スーパーに売ってる甘い品種はどれ?

いちごの美味しい見分け方は?スーパーに売ってる甘い品種はどれ?

いちごは誰もが大好きな果物ですよね。

スーパーにはたくさんの種類が売られています。

甘さにもいろいろな種類があり、そのまま食べる場合や、お菓子に使う場合など用途によって使ういちごを選びたいですよね。

自分好みのいちごを探すにはどのように見分ければよいか悩むことありませんか?

今回は、スーパーのいちごの美味しい見分け方は?スーパーに売っている甘い品種はどれ?について調べていきたいと思います。

いちごにつてこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

スーパーのいちごの美味しい見分け方は?

いちごの美味しい見分け方は?スーパーに売ってる甘い品種はどれ?

スーパーで売られているいちごですが、買うなら新鮮で甘く、美味しいものを選びたいですよね。

色・大きさ・へた・形の見分けるポイントについてご紹介していきます。

・表面に艶があり赤々としていてる。

・光沢がある。

・ヘタまで赤みがある。

POINT

このようないちごは、お日様の光をたくさん浴びているので甘いいちごの証拠です。

大きさ

・大きいもの

・先端が平らなもの

POINT

一番最初にできたいちごは栄養や糖分がぎっしり詰まるため、大きいいちごの方が美味しいというわけです。

へた

・濃い緑色

・へたが反り返りピンと立っているもの

POINT

鮮度が良いいちごは、ビタミンCも豊富です。
パックに入っているいちごは底の部分もよく確認しましょう。

 

産毛

・表面の産毛が際立っている。

POINT

パット見ただけではわかりにくいのですが、よく見るといちごの表面に短い産毛があり、際立っているものは新鮮ないちごの証拠です。

・たねを覆うように実が盛り上がっている。

・形の崩れているもの(「へぼいちご」や「首無し」と呼ばれる)

・へたの下あたりにひび割れがある。

POINT

ひび割れは、甘さが限界にきている証拠です。

ひびが黒くなっている場合は傷の可能性もあるのでよく確認しましょう。

スーパーに売ってるいちごで甘い品種は?

いちごの美味しい見分け方は?スーパーに売ってる甘い品種はどれ?

スーパーで見かけるいちごの中で甘い品種はどれなのでしょうか?

いちごの品種は50種類以上あるようですが、スーパーでよく目にするいちごを調べてみました。

糖度も酸度も高い味の濃いいちご

あまおう

かい・るい・おきい・おいしい(まい)の頭文字をとって名付けられた甘いいちごの王様「あまおう」です。

粒も大きく身もしっかりしていて酸味が少なく甘みが引き立ちます。

あくも少ないので、そのまま食べるのが一番!

いちごショートや、いちご大福など、あまおうそのものを生かせる食べ方がおすすめです。

紅ほっぺ

章姫とさちのかを交配させた品種で、香りがよく、果肉の中まで赤色に染まっているのが特徴。

あまおう同様、大ぶりで実もしっかりとしています。

甘さもしっかりありますが、ほんのり酸味もあり、コクも感じられる味わい深い品種です。

もちろんケーキなどのトッピングにも向いていますが、鮮やかな赤を生かし、ジャムにするのがおすすめです。

酸っぱくない甘いいちご

章姫

実が柔らかく、細長い円錐形をしているのが特徴。

柔らかいので果汁がたくさんあって、口当たりがよく、酸味が少ないので甘さを感じられるいちごです。

食べやすいので、お年寄りや、小さいお子さんなどにおすすめです。

柔らかいので、いちごミルクやスムージーなどもおすすめです。

さがほのか

甘みが強く果汁がたくさんあり、果肉はきれいな白色です。

果肉がしっかりとしていて、日持ちがするのもうれしいポイント。

よくイメージするいちごの代表的な円錐形をしています。

他のいちごに比べ香りが強いので、選ぶときのポイントになります。

香りが強いので、ケーキはもちろんスムージーなどにもおすすめの品種です。

もういっこ

宮城県のオリジナルいちごで、果肉は淡い赤い色をしており、実はしっかりとしていてこちらも日持ちがする品種です。

名前のとおり「もういっこ」食べたいと思わせるようなすっきりとした甘さのいちごです。

甘みと酸味のバランスが良く、そのまま食べるのが一番ですが、粒がしっかりとしていて大きいので、パフェやタルトなどのトッピングにおすすめです。

私が住んでいる地域でよく見かける品種を紹介しました。

皆さんの住んでいる地域ではもしかしたら違う品種が並べられているかもしれませんね。

気になる品種があれば調べてみるのも楽しいですね。

いちごの美味しい見分け方は?スーパーに売ってる甘い品種はどれ?

いちごの美味しい見分け方は?についてご紹介してきました。

見分け方の特徴は

・実は大きいほうが良い。

・へたはくるんと反り返っている。

・果皮に艶がある。

・へたの近くまで赤々としている。

・産毛が際立っている。

・形が崩れている。

いままでスーパーで何気なく買っていたいちごですが、少し調べてみただけでもこんなに違いがある事がわかりました。

形が崩れているものが甘いというのは驚きでした!

見分け方についても勉強になったので早速実践してみたいと思います。

その他の果物の賞味期限についてこちらの記事も参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です