インスタントラーメンが賞味期限切れ!いつまでなら食べても大丈夫?

インスタントラーメンが賞味期限切れ!いつまでなら食べても大丈夫?

インスタントラーメンは、保存食として常備している方も多いでしょう。大雨や洪水のように、いつ起こるか分からない災害に備えておくのは大切なことです。

 

しかし、賞味期限が長いからと言って油断していませんか?戸棚の奥のインスタントラーメンは、賞味期限が切れていませんか?

 

非常用食品を久しぶりに確認してみたら、「賞味期限切れのインスタントラーメンが出てきた!」という経験をした人もいるでしょう。

 

「安かったから買ったけど、よく見たら賞味期限が短い!」ということもあります。

 

今回は、「賞味期限が切れたインスタントラーメンは、いつまで食べられるのか?」についてお話していきます!カップ麺と袋麺の賞味期限は違いますので、ぜひ最後まで読んで、確認してください。

賞味期限切れのインスタントラーメンはいつまで食べられる?

インスタントラーメンが賞味期限切れ!いつまでなら食べても大丈夫?

インスタントラーメンの賞味期限

インスタントラーメンに記載されている「賞味期限」とは、「美味しく食べられる期限」を示しています。一方、「消費期限」「安全に食べられる期限」です。

 

賞味期限が切れたからと言って、すぐに食べられなくなる訳ではありません。

 

賞味期限を決めるための検査として、時間経過ごとにインスタントラーメンに変化がないか検査していきます。カップ麺は製造から6カ月、袋麺は8カ月が経過した時点で、異常が無ければそれ以降の検査は省略できます。検査の結果出た日数に、「安全係数(0.7~0.9)」という数字を掛け算して、検査で出た日数よりも少ない日数が「賞味期限」として記載されています。

 

これは、日本即席食品工業組合のガイドラインによって決められており、各メーカーが守っているので、安心してください!

賞味期限が切れても食べられる?

では、賞味期限が切れてしまったインスタントラーメンはいつまで食べられるのでしょうか?

 

ネットで検索してみると、実際に賞味期限の切れたインスタントラーメンを食べた人が多くいることが分かりました。

 

かく言う私も、2~3カ月賞味期限が過ぎたものを食べたことがあります。

 

期限切れカップラーメンを食べた人が多いので、その情報をまとめると、大きく4つに分かれます。

・半年前のカップ麺は大丈夫だった

・2年前のカップラーメンは臭かったから捨てた

・2年前のカップラーメン食べたけど平気だった

・賞味期限が昨日までのカップ麺食べたらお腹を壊した

概ね、2年が境目のように感じましたが、インスタントラーメンの賞味期限は、日数よりも開けた時の状態を見て判断する方がよさそうです。

食べないほうが良いインスタントラーメンの見極め方は?

インスタントラーメンが賞味期限切れ!いつまでなら食べても大丈夫?

インスタントラーメンのカビ!?

今回調査して分かったのが、「カップ麺にもカビが生える」ということです。

 

2年経っても食べられた人と、昨日までの賞味期限で食べられなくなっていた人では、保存状態が違いました。

 

ずっと高温多湿を避けて保存していた人は、お腹を壊す確率が低かったのです。ただ、インスタントラーメンは油で揚げて作っていますので、油の劣化で臭いがしたり、麺が硬くなる等、美味しくはないそうです。

 

一方、食べられない状態だった人は、夏場の車内にずっと置きっぱなしだったそうです。

 

このように、保存方法で日持ちは大きく変わります。食べる前には、臭いや様子を確認しましょう。

 

食べられないインスタントラーメンの見分け方はこちらです!

・開けた時に異臭がする

・湿っぽい、カビの臭いがする

・麺が乾いて変色している

・虫がわいている

カップ麺や袋麺、ノンフライタイプでも、同様に見分けることができます。

 

ただし、カップやパッケージに穴が開いていたり、カップが濡れてカビている場合は、賞味期限内でも腐っている可能性が高いので、注意してください。

 

私は、袋タイプのインスタントラーメンで、端の方の色が違ったことがあるのですが、賞味期限から1カ月程経っていて、色の変わった部分はほぐれにくく、硬かったのを覚えています。

一般的なインスタントラーメンの賞味期限はどれくらい?

インスタントラーメンが賞味期限切れ!いつまでなら食べても大丈夫?

カップ麺であれば6カ月、袋麺では8カ月が、製造日からの賞味期限です。

 

袋麺に入っているスープの素やかやくも、外袋に記載されている賞味期限と同じになります。密封されているスープや具は、賞味期限を過ぎてもある程度日持ちしますが、空気が入っているかやくは湿気てしまいますので、麺の上にあける前に臭いや乾燥具合を確かめてください。

 

粉末スープも、かやく同様湿気てしまうことがあるため、保存に気を付けましょう。スープが出切らないと、味の薄いラーメンになってしまいます。

 

カップ麺では、既に火薬が入っていてお湯を注ぐだけで作れるものが多いですが、カップの下の方は空洞になっているのをご存知ですか?

 

下に空洞があるということは、空気も入っているので、袋麺よりも賞味期限が短く設定されます。

インスタントラーメンの保存方法は?

インスタントラーメンが賞味期限切れ!いつまでなら食べても大丈夫?

間違った保存方法

皆さんは、買ってきたインスタントラーメンはどのように保管していますか?

 

「ほぼ毎日食べる」という人は、常に出しやすいところに置いているでしょう。

 

しかし、保存食として、またはストックとして買った場合は、注意が必要です。

 

以下にポイントをまとめましたので、ご覧ください!

・箱ごと床に置いている

→低いところに埃や湿気が溜まります

 

・台所の戸棚

→シンク下は、お湯を流すこともあり湿気の温床です。炊飯器の上記や電子レンジ、トースターを使う際に出る熱でも、湿気の原因になります

インスタントラーメンの保管に適しているのは、「高温多湿を避けた」場所です。食品ストック用のスペースがある場合はそちらに、特にない場合は、定期的に掃除をする場所に置いたり、たまに場所を移動するようにしましょう。

 

置きっぱなしのまま放っておくのはお勧めできません。

臭い移り

インスタントラーメンが賞味期限切れ!いつまでなら食べても大丈夫?

昔、賞味期限内にもかかわらず臭いがするということで、インスタントラーメンの保存に注意事項が追加されました。

 

それは「匂いの強いものと一緒に保管しない」です。

 

特にカップ麺は、紙やプラスチックで出来た容器にそのまま入っています。長期間匂いの強いものと一緒に置いておくと、目に見えない穴から内部に匂いが入り込んでしまい、麺やかやくに付いてしまうのです。

 

湿気を避けようと、除湿剤を棚に入れたのでしょう。はたまた、会社のロッカーに予備として入れていたのかもしれません。除湿剤の香りがついてしまい、食べられなくなったという人が多くいました。

 

当時、ニュースでも取り上げていたので、覚えている方も多いかと思います。

 

インスタントラーメンに限らず、食品の保存方法は、表示をよく見て確認しましょう!

まとめ

インスタントラーメンが賞味期限切れ!いつまでなら食べても大丈夫?

日持ちがして、すぐに食べられる便利なインスタントラーメン。

 

正しく保存して、なるべく賞味期限内に食べましょう!

 

もしも、万が一の時、賞味期限の切れたインスタントラーメンしかなかったら、以下のポイントをチェックしてから食べてください。

・パッケージやカップに穴が開いていないか

→空いていたら要注意!

 

・ふたを開けて、異臭はしないか

→劣化した油の臭いは要注意・カビ臭は捨てる

 

・中身に虫はわいていないか

→虫がいたら数にかかわらず捨てる

 

・どこで保存していたか思い出す

→高温多湿の場所だったら捨てる

※賞味期限切れの食品を食べる際は自己責任です。

賞味期限が切れた食品は、賞味期限内のものと比べて変化が無いか、よく確認して食べると安心ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。