果実酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

果実酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

いろいろな果物で作れる果実酒。

お家で手軽に手作りすることができるので、たくさん作っている方も多いのではないでしょうか?

アルコールが入っているので、なんとなくすごく長く持ちそうなイメージがあるのですが、実際はどうなのでしょう。

うっかりしていると、ずっと保存したままで時間だけすぎてしまい、飲んでも大丈夫なのかどうかって不安になることもないですか?

今回は、果実酒の賞味期限や腐るとどうなるのかなど詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

果実酒の賞味期限はどれくらい?

果実酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

果実酒の賞味期限ってどのくらいなのでしょうか?

果実酒って言っても、いろいろな種類がありますよね。

林檎酒、ビワ酒、杏酒、レモン酒、パイナップル酒、梅酒、桃酒、オレンジ酒、さくらんぼ酒など、たくさんあります。

使う果物によって賞味期限も変わってきそうな感じもしますが、実際は、賞味期限がありません。

 

しっかりと殺菌されていて、アルコールの中に果物が使っていて、保存方法もちゃんとしていたら、10年、20年以上持つものもあるほど。

果実酒って、熟成期間が長ければ長いほど、果実の旨味がしっかり出てくるので、美味しくなるのです。

賞味期限がないなんて、驚きですよね。

条件さえ合えばずっと保存できるなんて魅力的です。

ただし、注意しなければいけない点が1つありますよ。

それは。

使う果実によっては、長く保存している間に味が変わってしまいおいしくなくなる!という点です。

柑橘系などは、ずっと保存している間に苦味が強くなってきて、フルーティーな味わいがなくなってしまうのです。

長くずっと保存して置いて平気と油断していると、いざ飲んだときに美味しくない。。なんてことにもなるので気をつけてくださいね。

どの果実酒も美味しい時に飲み切るのが良いですよ。

賞味期限切れの果実酒はいつまで飲める?

果実酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

賞味期限が過ぎた果実酒は飲んでいていても良いのでしょうか?

基本、果実酒には賞味期限がないので、ずっと飲み続けることは可能です。

ただし、保存状態や、殺菌の度合いによっては、傷んでいることもあるので、しばらく置いてあったものを飲むときは、飲む前に傷んでいないかチェックしてから飲むようにしてくださいね。

ちょっとでも変だなぁとか、いつもと違うと感じたら飲むのをやめて処分しましょう。

果実酒によっては、長く置いておく間に味が変わってしまうものもあります。

これ以上過ぎたら美味しくなくなる果実酒もあるので、よく見極めて保存しておくようにしましょう。

果実酒って腐るとどうなるの?

果実酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

果実酒が腐ると次のようになりますよ。

  • カビが生えている。
  • 中の果物が傷んでいる。
  • 変な味がする。
  • 変なニオイがする。

というような状態になっていたら、傷んでいるので処分してくださいね。

漬け込む時に使う瓶がしっかり殺菌されていなかったり、消毒が不十分だったり、しっかり密封されていおらず空気が入っていたり、果肉がしっかりアルコールに使っていないと、傷む可能性が出てくるので注意してください。

果実酒の正しい保存方法は?

果実酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!

果実酒の正しい保存方法は、こちら。

自分で作った果実酒で、ホワイトリカーやアルコール度数の高いお酒を使って作っているものは、全て常温保存で大丈夫です。

一番良いとされている保存方法は、

  • 直射日光が当たらない場所。
  • 風通しの良い冷暗所。
  • 1年中温度の変化が少ないところ。

が良いとされています。

床下収納があるお家なら、床下へ。

キッチンの下に収納するのも良いでしょう。

キッチンの下は、湿気が帯びやすいので、注意が必要です。

床下の場合は、夏の暑い時など温度が上がってしまうこともあるので入れるときは、しっかり温度を確認してあげましょう。

もう一つ可能な場所としては、納戸。

ただし、配置場所によってはあまり良くない場合もあるので、風通しが良いか、直射日光が当たらないかなどしっかりチェックしてからおくようにしてくださいね。

果実酒を入れておく容器はしっかり殺菌して消毒処理をしっかりしたものを使うようにしてください。

入れた容器の蓋は空気が入らないようにしっかり閉めて保存しましょう。

中に入れた果物はしっかりアルコールの中に浸かるようにしてくださいね。

果実酒は、直射日光に当たると劣化してしまいます。

そして湿度が多いところだとカビが生えてしまう可能性もあるので注意が必要ですよ。

果実酒の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?保存方法も!のまとめ

果実酒の賞味期限や腐るとどうなるのか、保存方法など詳しくご紹介いたしました。

果実酒は、手作りのものでも市販のものでも、基本賞味期限はありません。

置けばおくほど熟成して美味しくなりますよ。

ただし、中に入っている果物によっては、味が落ちてしまうものもあるので、注意が必要です。

これ以上置いておくと美味しくなくなりそうというのが、目安になります。

できるだけ美味しいうちに飲み切るようにするのがオススメですよ。

直射日光や湿度が高いところに保存してはダメです。

必ず、直射日光の当たらない、涼しい場所、冷暗所で保存してくださいね。

空気が入らないようにしっかり密封することを忘れなく。

美味しい果実酒、上手に保存して美味しく堪能してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です