かんぴょうの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

巻き寿司や昆布巻きを作る時に重宝するかんぴょう。

ジュワッと染み出る甘さと独特の食感が料理の美味しさを引き立ててくれる名脇役とも言えますよね。

食物繊維がごぼうの3~4倍ととても豊富で、カルシウム・カリウム・鉄分といったミネラルは野菜と比べても群を抜いて豊富に含まれているので、保存食としても優秀な食物なんです。

でも、普段の料理ではあまりかんぴょうを使わないという方も多いのではないでしょうか?

巻き寿司などで余ったかんぴょうの賞味期限はどのくらいもつのか気になりますよね。

そこで、かんぴょうの消費期限やおすすめの保存方法についてご紹介しますね。

かんぴょうの賞味期限はどれくらい?

かんぴょうの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

かんぴょうの賞味期限は開封約1年の商品がほとんどとなっています。

しかし、開封すると空気中の湿気などを吸収して傷みやすくなります。

開封後の賞味期限は冷蔵で約2ヵ月です。

開封すると風味の劣化が始まるので、出来るだけ早く食べきるようにしましょう。

すぐに食べきれない場合は冷凍保存が出来るんです。

下茹でしてから冷凍しておくと約1年は保存が可能です。

賞味期限切れのかんぴょうはいつまで食べられる?

かんぴょうの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

棚の中から賞味期限切れのかんぴょうが出てきた!

賞味期限が長いからと思ってしまい込んでいるとこんな事もありますよね。

賞味期限を過ぎてしまったかんぴょうは食べても大丈夫なのでしょうか?

まず賞味期限とはどうやって決められているのかというと。

賞味期限とは?

傷みにくい商品に表示されている

「美味しく食べらる期限」なので、期限が切れたからといって食べられないというわけではない

・表示されている期間の約1.4倍までは賞味しても大丈夫な設定と言われている

(例) 賞味期間が1年間ある場合、【365日×1,4=511日】ということで、賞味期限後約146日は食べることはできるという計算になる

未開封の状態で賞味期限が少し切れているくらいであれば、食べられないことはないようです。

1年間の賞味期限があるかんぴょうなら約5ヵ月過ぎてしまっても食べることはできる、ということになります。

でも「美味しく食べられる期限」は切れてしまっているので、変色したり風味が劣化している可能性はあります。

品質やその時の体調にもよっても変わるので、色や見た目に異常は無いか状態をしっかり確認してからあくまでも自己責任で判断をしてから賞味してくださいね。

かんぴょうって腐るとどうなるの?

かんぴょうの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

長期保存に優れているかんぴょうですが、賞味期限がかなり過ぎていたり、保存環境が悪かった場合は傷んでしまいます。

かんぴょうが傷んでしまうとこのような状態が見られるので参考にしてみてくださいね。

・虫がつく

・カビが生える

・黒ずんだように変色する

・カビ臭い

・酸っぱいような臭い

このような異変が見られた場合は食べると危険なので、残念ですが処分をしましょう。

かんぴょうは漂白処理をされている商品が多いのですが、漂白処理をされていない商品は初めからややあめ色になっています。

勘違いして変色しているから処分ということにならないように、賞味期限内で正しく保存していれば安心して食べられますよ。

かんぴょうの正しい保存方法は?冷蔵や冷凍もできる?

かんぴょうの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

かんぴょうは未開封なら常温での保存が可能です。

しかし乾物と言っても20~25%の水分が含まれているので、高温多湿での保存は向いていません。

逆に乾燥しすぎても良くないそうですので、保存方法のポイントをまとめてみました。

常温

・直射日光を避ける

・高温多湿の場所を避ける

・15~25℃の常温で保存する

・開封したら冷蔵庫の中で保存する

冷蔵

・空気を抜き保存袋などで密封する

・匂いの強い物の近くで保存しない

・開封してから長期間経つと乾きすぎて固くなる

・開封したらなるべく早く使い切る

冷凍

・下茹でするか、味付けまでしておく

・使いやすい大きさに切る

・しっかり水分を絞る

・小分けにしてラップに包み、空気を抜き保存袋で密封する

・自然解凍もしくは凍ったまま調理可能

食べる機会が少ない場合は下処理してから冷凍するととっても便利です。

一度冷凍したかんぴょうはお寿司にも使えますし、お味噌汁の具や煮物に入れても美味しくなりますよ。

かんぴょうの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!のまとめ

保存期間

【未開封】

常温でも冷蔵でも約1年

【開封後】

冷蔵で約2ヵ月

冷凍で約1年

 

腐った状態

・虫がつく

・カビが生える

・黒ずんだように変色する

・カビ臭い

・酸っぱいような臭い

 

保存方法

【常温】

・直射日光や高温多湿を避ける

・15~25℃の常温で保存する

・開封したら冷蔵庫の中で保存する

【冷蔵】

・空気を抜き保存袋などで密封する

・匂いの強い物の近くで保存しない

・開封したらなるべく早く使い切る

【冷凍】

・下茹でするか、味付けまでしておく

・使いやすい大きさに切る

・小分けにしてラップに包み、空気を抜き保存袋で密封する

栄養が豊富なかんぴょうですので、うっかり賞味期限を切らせないように色んなお料理に使っていきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です