カレーがからすぎる時の対処法は?中辛や辛口カレーを子供用に甘くできる?

カレーがからすぎる時の対処法は?中辛や辛口カレーを子供用に甘くできる?

カレーが思っていたよりも辛すぎたという経験ありませんか?

食べて見たら、口から火を吹きそうな勢いで、はぁはぁ言いながら食べないといけなかったり、たまにあるのですよね。

中辛で作っていてもメーカーによっては辛口みたいで、辛すぎるカレーを最後まで食べるのはとっても大変です。

そんなとき、どのように対処したら良いのかって悩みますよね。

辛くなってしまった時に、甘くする方法があるのです。

今回は、カレーが辛すぎるときの対処法や、子供用に甘く作る方法など詳しくご紹介いたします。

困った時の参考にしてみてくださいね。

カレーが辛すぎるときの対処法!煮込んだ後にできることは?

カレーがからすぎる時の対処法は?中辛や辛口カレーを子供用に甘くできる?

カレーを作っていざ食べてみたら、思っていたよりも辛くて、えっ。こんなはずじゃなかったのに。って思うことありませんか?

大人ならなんとかそのまま食べることができても、子供の場合、辛いと思った瞬間に食べてくれなくなりますよね。

せっかく作ったのに、誰も食べてくれなくなると大変です。

そんな時に便利な方法があるのです。

いくつかご紹介いたします。

コーンスープの素を混ぜる

カップスープなどのコーンスープの素を辛くなったカレーに混ぜるだけ。

とっても簡単な方法でまろやかな味に早変わりさせることができますよ。

熱々のカレーに入れることで、コーンスープの素の粉末が溶けやすくなります。

最初に少しの牛乳でコーンスープの素をといておくとさらに溶けやすくなりますよ。

どんなカレーでもマイルドな味になります。

子供が食べられない時でも食べられるようになりますよ。

クリームコーンでも甘く作ることができますので、お試しあれ。

牛乳を入れる

辛いカレーに牛乳を少しずつ入れて調整してみてください。

牛乳の成分であるガゼインが香辛料の辛さを感じにくくさせてくれるので、これもまた重宝しますよ。

牛乳を入れてさらにバターも少し入れるとコクが出て美味しいカレーに変身します。

子供用のカレーを作る時によく牛乳を入れたり、さらに蜂蜜を足して作ったりしています。

まろやかになって美味しいって食べてくれるので良いですよ。

バニラアイスを入れる

バニラアイスを入れる方法もあるのです。

辛いカレーが一気にまろやかになりますよ。

子供にとってはアイスも入っていたら、大はしゃぎになりそうですね。

中辛や辛口カレーを甘くする方法!作る段階で工夫できることは?~調味料編~

カレーがからすぎる時の対処法は?中辛や辛口カレーを子供用に甘くできる?

中辛や辛口のカレーを作っているときに、もうちょっと甘くして作りたいなぁって思うことありませんか?

そんな時、次の調味料を使うと良いですよ。

みりんを使う

作っているときに、みりんを入れてみてください。

あら不思議、辛みが抑えられるんです。

カレーの味は全く変えることなく、辛さだけ変化するのでとても良いですよ。

みりんの味も感じません。

ただし、入れる量に注意が必要です。

少しずつ、味見をしながら入れましょう。

あるラインを超えると美味しくなくなってしまうので気をつけてくださいね。

まずは、小さじ1から試してみてください。

クリームシチューのルーも入れる

カレーが思っていたよりも辛いというときは、カレールーを入れる時に、クリームシチューのルーも入れてみてください。

まろやかな味に変身して食べやすくなりますよ。

クリームシチューのルーを入れすぎたとしても、大丈夫です。

お水を足しながらとろみを調整しましょう。

野菜ジュースを入れる

辛いカレーに野菜ジュースを入れるのも良いですよ。

味がまろやかになって食べやすくなります。

ドバッと入れることはしないでくださいね!

必ず少量から入れましょう。

入れすぎると、美味しくなくなってしまいますよ。

蜂蜜を入れる

はちみつを入れると、甘みと一緒にコクもプラスされますよ。

少しの量から入れるようにしてくださいね。

入れすぎると、カレーの味がどこかへいってしまう感じになってしまうので注意しましょう!

これ以外にも色々ありますよ。

 

ネットでこんなコメントもありました。

中辛や辛口カレーを甘くする方法!作る段階で工夫できることは?~食材編〜

カレーがからすぎる時の対処法は?中辛や辛口カレーを子供用に甘くできる?

中辛や辛口カレーを甘くする方法で使える食材たちをご紹介。

りんごを使う

辛いカレーにりんごのすりおろしを入れてみてください。

目安の量としては、カレー4皿分でりんご1/2個。

りんご100%ジュースを入れて作ることもできますよ。

りんごはすったらすぐに入れるようにしてくださいね。

 

バナナを使う

バナナを潰して、カレーに加えることで甘いカレーが出来上がるのです。

大さじ1ぐらいの量で少しずつ潰しながら入れてみてくださいね。

まろやかな味になって食べやすくなりますよ。

梨を使う

梨もりんごと同じようにすりおろして使います。

梨の場合は、ジャガイモのように切ってあらかじめ、一緒に煮込んでおく方法もあるのです。

最初から煮込んでおけば、溶けてなくなりますよ。

甘みが増して辛さが抑えられるので便利です。

チョコレートを使う

カレーにチョコレート!?って思うかもしれませんが、これもまた重宝する食材の一つです。

カレールーを入れる時に、ミルクチョコレートを1かけから2かけ一緒に入れてみてください。

甘みだけでなく、コクのあるカレーが出来上がりますよ。

味をみながらチョコレートの量を調整してみてくださいね。

イチゴジャムを入れる

イチゴジャムを加えても辛みが抑えられますよ。

果物の甘みととろみが出てきます。

小さじ1の量からちょっとずつ入れてみてくださいね。

カレーがからすぎる時の対処法は?中辛や辛口カレーを子供用に甘くできる?のまとめ

カレーが辛すぎる時の対処法や、甘くする方法など詳しくご紹介いたしました。

辛らすぎて、辛い時にぜひ試してみてくださいね。

我慢して、食べ続けなくても良くなりますよ!

辛いカレーがあっという間に甘いカレーに変身し、子供達でも食べやすくなります。

ここでご紹介した方法以外もまだまだあります。

ぜひ、自分の好みの方法をみつけていざという時に試してみてくださいね。

また、カレーの賞味期限や小さい何歳から子供に食べさせていいのかなどはこちらにまとめているので、あわせて参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です