かりんとうの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

かりんとうの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

黒糖のまろやかな甘みと、カリっとした食感がたまらないかりんとう。

素朴な味わいで美味しいですよね。

かりんとうは油で揚げたお菓子であり、当然賞味期限もあります。

いったいどれくらいの期間、美味しく食べられるのでしょうか。

ここでは、かりんとうの賞味期限や保存方法、かりんとうは腐ったらどうなるのか、についてお伝えしていきます。

かりんとうの賞味期限はどれくらい?

かりんとうの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

かりんとうの賞味期限は、未開封の状態であれば、だいたい3~4か月になります。

かりんとうは、小麦粉などをねり合わせた生地を油であげ、黒糖や白砂糖で作られた甘い蜜を絡め、乾燥させた油菓子です。

そのため、開封したしまうと油の酸化が進み、風味もおちてしまいます。

開封したら、できるだけ早めに、2~3日のうちに食べきった方がよいでしょう。

メーカーや商品により、多少は期限の違いがありますので、パッケージの消費期限を必ず確かめてくださいね。

賞味期限切れのかりんとうはいつまで食べられる?

かりんとうの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

賞味期限は、未開封のままで正しく保管していた場合に美味しく食べられる期間のことをいいます。

スナック菓子やインスタントラーメン、缶詰など、製造・加工後におよそ6日以上日持ちのする傷みにくい製品に記載されます。

消費期限が切れたからといって、すぐに食べられなくなるわけではありません。

だからといって、賞味期限が切れてから何年もたっていたら、やはり傷んでいる可能性もありますので食べない方がいいでしょう。

消費期限がきれてから、いったいいつまでなら安全に食べられるの?

と、思いますよね。

かりんとうの場合は、半年過ぎていたら食べない方がいいでしょう。

未開封で正しく保管していたとしても、半年も経っていたら、かりんとうの油が酸化してしまっている可能性があります。

酸化している油は体にとってとてつもなく悪いですし、美味しくもありません。

賞味期限のきれたかりんとうは食べない方が無難です。

かりんとうって腐るとどうなるの?

かりんとうの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

かりんとうは、水分が少なく、砂糖もたくさん使われているため、腐りにくいお菓子です。

よほどのことがない限り、腐るということはありません。

しかし、傷んでくるとカビが生えたり変色したりするので、賞味期限の切れたかりんとうであれば注意が必要です。

カビが生える

先ほどもお伝えしたように、かりんとうは腐りにくいですが、湿気を吸収してしまうとカビが生えてしまうことがあります。

未開封で密封されているように見えても、何かの拍子に袋に小さな穴などが開いてしまっていることもあるかもしれません。

そこから外気が袋の中に入ってしまい、カビの原因となることも考えられます。

食べる前には、かりんとうの表面をよく観察してから食べるようにしてくださいね。

変色する

かりんとうは、油で揚げたお菓子ですので、時間と共に徐々に油が酸化していきます。

油が酸化すると、変色や嫌な匂いの原因となります。

かりんとうが変色していたり、気になる匂いがあるときは食べない方がいいでしょう。

かりんとうの保存方法は?

かりんとうの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

未開封のかりんとうは、湿気の少ない、直射日光の当たらない暗い場所で保存するのがベストです。

いくら密閉されていても、湿気は避けた方がいいでしょう。

開封してしまったら、その日のうちに食べきった方がいいですが、そうもいかないこともありますよね。

無理して1袋、一人で食べてしまたら後が大変。

かなりの高カロリーですから、後悔の嵐になってしまいそうです。

そこで、開封してしまったかりんとうを、できるだけ長く、あの食感や風味を損なわず保存する方法をご紹介します。

冷蔵庫で保存する

開封したかりんとうは、空気中の水分を吸って、どんどん傷んでいきます。

酸化がすすみ、カリっとした食感も失われていきます。

光も酸化の原因になります。

表面のコーテイングは砂糖が主体ですから、高い温度にさらされると砂糖が溶けてベタベタとしてしまいます。

そのため、乾燥した、暗い、温度の低い場所で保管するのが良いでしょう。

冷蔵庫が最適ですが、湿気にさらされないよう密封容器や、ジッパー付きの袋などに入れておきましょう。

しかし、1週間以内に食べきるのがベストです。

冷凍庫で保管する

かりんとうは、冷凍保存も可能です。

冷凍の場合も湿気をさけるため、密封容器やジッパー付きの袋に入れておきましょう。

食べる時は、しばらく常温において自然解凍するのがよいですが、あえて半解凍の状態で、冷たさや、ザクっとした食感を楽しむこともできます。

夏には、お勧めの食べ方です。

我が家ではこちらのジッパー付き保存袋を愛用しています!

見た目も可愛いし、サイズもいろいろあるので重宝していますよ。

かりんとうの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?のまとめ

かりんとうの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法は?

かりんとうの賞味期限や保存方法についてご紹介しました。

  • 未開封の場合の賞味期限はだいたい3~4か月
  • かりんとうは腐るとカビが生えたり変色したりする
  • 開封後のかりんとうは冷蔵または冷凍保存がおすすめ

かりんとうには、黒かりんとうや白かりんとうだけではなく、最近では黒ごまやチーズ、ワサビなどの味のついた変わり種もあります。

かりんとうを正しく保存して、色々な味わいのかりんとうを美味しく楽しんで下さいね。

また、いろんなお菓子の賞味期限についてはこちらにまとめているので、ぜひ読んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です