菊芋は太る?気になるカロリーや効果的な食べ方を徹底調査!

菊芋は太る?気になるカロリーや効果的な食べ方を徹底調査!

イヌリンという栄養素がたくさん入っている菊芋。

健康や美容にとっても良いとされていて、ダイエットをしている人にもとても良い食材の1つなのです。

見た目は、生姜や、里芋のような感じで、食べるとごぼうのような風味があるお野菜。

シャキシャキしていて、とても美味しいので、ついつい食べ過ぎてしまうことも。

菊芋を食べ過ぎた時に気になるのは、カロリーや糖質ですよね。

今回は、この菊芋のカロリーや糖質がどのくらいなのか、どのように食べると効果的なのか、食べすぎると太るのかなど詳しくご紹介いたします。

参考にしてみて下さいね。

菊芋は太る?カロリーや糖質はどれくらい?

菊芋は太る?気になるカロリーや効果的な食べ方を徹底調査!

菊芋は食べすぎると太ってしまうのでしょうか?

まずは、カロリーや糖質を詳しくご紹介いたします。

カロリー 糖質
菊芋 1個(50g) 18kcal 6.55g
菊芋100g 35kal 13.1g

となっています。

意外とカロリーや糖質が低いお野菜だったのです。

普通に食べている分なら全然問題ありません。

でも、低いからと言って、食べすぎると太る原因にもなるので注意しましょう。

created by Rinker
バーニー&バーニー
¥1,780 (2022/01/20 12:26:32時点 Amazon調べ-詳細)

菊芋の栄養素は?体に良いって本当?

菊芋は太る?気になるカロリーや効果的な食べ方を徹底調査!

菊芋の栄養素はどんなものが含まれているのでしょうか?

菊芋100gに含まれている栄養素をご紹介します。

栄養成分
タンパク質 1.9g
脂質 0.2g
炭水化物 15.1g
ビタミンB1 0.07g
ビタミンB2 0.05mg
ビタミンB6 0.05mg
ビタミンC 12mg
ナイアシン 1.7mg
葉酸 7㎍
カリウム 630mg
カルシウム 13mg
マグネシウム 13mg
食物繊維 2g

となっています。

低カロリーで低糖質の野菜なのですが、栄養はたくさん含まれています。

水溶性の食物繊維であるイヌリンが生の場合15%も含まれているのが菊芋の特徴なのです。

イヌリンの効果としては、便通を良くしてくれたり、血糖値や血圧が上がるのを抑えてくれたり、風邪予防にも効果があって、嬉しい効果がたくさんです。

そして芋類にも関わらず、でんぷんをほとんど含んでいないのでダイエットしていても気兼ねなく食べることができます。

タンパク質や糖質の代謝の働きを助けるビタミンB群や、高血圧にも効果的なカリウムもたくさん入っているのでとても魅力的ですよ。

菊芋を食べることは、とても体に良いことなのです。

積極的に取りたくなりますね。

さらに、菊芋茶というのもあり、こちらはカフェインレス。

生の菊芋が手に入らないまたは、食べずらい時は、菊芋茶を利用すると良いですよ。

飲むだけで同じように栄養素を摂ることができます。

菊芋の効果的な食べ方は?

 

菊芋の効果的な食べた方はどうしたら良いのでしょうか?

栄養素をしっかり取りたいですよね。

効果的な食べ方は

  • 菊芋を皮ごと食べる。
  • 食事の前に食べる。
  • 1日に20gから30gの量を毎日とるようにする。
  • 煮た汁も一緒に食べる。
  • 可能なら生で食べる。

ということです。

菊芋は、皮ごと食べた方が栄養素をしっかりとることができるのでおすすめなのです。

皮の部分にポリフェノールがたくさん含まれていて、実の部分より4倍から5倍の量なのだそうですよ。

菊芋は食事の前に食べるとさらに効果的なのです。

糖が体に入っていく際に抑えてくれる働きがイヌリンにはあるのです。

先に食べておくことで、必要以上の糖の吸収を抑えてくれるとか。

糖質など気にしているときは、菊芋を先に食べてみて下さいね。

炒めたり、加熱してから食べるより、生の方がよりイヌリンをとることができますよ。

1日の目安の分量を超えるようなことはしないようにしましょう。

体に良いとは言え、食べ過ぎてしまうとお腹がゆるくなったり、膨満感を感じてしまったりすることもあるので注意して下さいね。

イヌリンって水溶性なので、水に溶け出してしまいます。

もしスープなど煮たりした時は、汁もしっかり飲み切って下さいね。

菊芋の簡単レシピをご紹介!

 

菊芋の簡単なレシピをご紹介いたします。

菊芋チップス

おやつ感覚で食べることができて美味しいですよ。

材料: 菊芋、油、塩

作り方

  1. 菊芋を洗います。
  2. 皮がついたまま薄切りにスライスします。
  3. 軽くみずにさらし、しっかり水気を切っておきます。
  4. 油を熱し、カリカリになるまでしっかりあげたら出来上がり。
  5. 仕上げにお塩をつけて食べて下さいね。

参考までに。

油で揚げないで、電子レンジで作る方法です。

ヘルシーに作ることができて良いですよ。

 

菊芋のきんぴら

材料: 菊芋、蓮根、にんじん、ごま油、つゆ、出汁、ごま

作り方

  1. 菊芋はしっかり洗って皮がついたままスライスします。
  2. 蓮根はスライスし、水にさらしておきます。
  3. にんじんは千切りにしておきましょう。
  4. フライパンに油をしいて、菊芋、にんじん、蓮根を入れて炒めます。
  5. 4の中に、つゆ、だし、を入れて味を整えます。
  6. 器に5を入れて、胡麻をちらしたら出来上がり。

ご飯が進みますよ。

菊芋は太る?気になるカロリーや効果的な食べ方を徹底調査!のまとめ

菊芋を食べると太るのか、カロリーがどのくらいなのか、菊芋の効果的な食べ方など詳しくご紹介いたしました。

菊芋は、とても栄養価が高く、カロリー、糖質ともにとても低い野菜です。

焼いたり煮たりして食べることができますが、もちろん生のまま食べることもできますよ。

皮の部分にも栄養がたくさん入っているので、ぜひ皮ごと食べるようにして下さいね。

体に良いからと言って食べ過ぎは禁物ですよ。

菊芋を食べすぎるとお腹が緩くなることもあるので気をつけて下さい。

あまり馴染みのないお野菜ですが、意外と簡単に食べることができますよ。

ぜひ、手にとって食べてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です