キムチが賞味期限切れ!いつまで食べられる?腐るとどうなるの?

キムチが賞味期限切れ!いつまで食べられる?腐るとどうなるの?

韓国料理に欠かせないキムチは辛さと酸味のバランスが絶妙で、箸が進みます!

キムチは発酵食品なので長く日持ちするイメージがありますが、傷んだり、食べられなくなることってあるんでしょうか?

冷蔵庫の奥から出てきたキムチに、そんな疑問を抱いたことはありませんか?

今回は、キムチの賞味期限や腐るとどうなるのか、長持ちする保存方法をご紹介します!

キムチの賞味期限はどれくらい?

キムチが賞味期限切れ!いつまで食べられる?腐るとどうなるの?

開封前のキムチの賞味期限

開封前のキムチの賞味期限は、だいたい1か月です。

市販のキムチで、開封前のものであれば、賞味期限を過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではありません。

発酵が進んで酸味が強くなっているかと思いますが、食べても問題ありません。

ただし、お腹の弱い人や、普段から酸味の強いものが苦手な方は、急激な酸に身体が過剰反応する可能性がありますので、ご注意ください。

開封後のキムチの賞味期限

開封後のキムチの賞味期限は、約2週間が目安です。

ただし保存状態によっては、早く傷んでしまう可能性もあります。

  • 食べる時にパックごと食卓に出して直箸で食べた後、再び冷蔵庫にしまっている
  • 食べた後にしまい忘れて、しばらく常温に置いてしまった

こんな場合は、できるだけ早めに食べきるようにしましょう。

賞味期限とは?

市販のキムチには、「賞味期限」が記載されています。

「賞味期限」とは、「記載された保存方法を守った場合に、その食品が美味しく食べられる期限」のことです。

「安全に食べられる期限」を示した「消費期限」とは違い、期限を過ぎたからと言って体調を崩すことはありません。

ただし、どちらの期限も「未開封の状態」での期限ですので、開封後は保存に十分注意してください。

※現地で購入したものや直輸入したものは、韓国の法律に則って「流通期限」が記載されています。

これは「販売が許可されている期限」であり、「消費期限」に近い意味を持ちます。

賞味期限切れのキムチはいつまで食べられる?

キムチが賞味期限切れ!いつまで食べられる?腐るとどうなるの?

賞味期限切れのキムチは、正しく保存していれば1カ月以上過ぎていても食べられることがほとんどです。

ただし、キムチは発酵食品ですので、日数の経過と共に風味が変わります。

キムチやヨーグルト、乳酸菌飲料の様な発酵食品は、発酵が進むと酸っぱくなります。

期限切れのキムチも、少し味見をしてみて酸味が強すぎると感じた場合は火を通して食べることもできます。

火を通すことで殺菌もできますし、酸味も少し飛ばせます。

元々味がついているので、肉や野菜にそのまま合わせるだけでおかずになるので便利です!

また、いきなり沢山食べるのではなく、少し漬け込み液を舐めてみて、味を確かめてみてください。

舌がピリピリするような時は、そのまま食べるのは控えましょう。

未開封だったからといっても、開封後一週間を目安に食べきってくださいね。

キムチって腐るとどうなるの?

キムチが賞味期限切れ!いつまで食べられる?腐るとどうなるの?

キムチは保存食ですが、保存方法を間違えるとカビが生えます。

手作りのキムチの場合、発酵途中でカビがつくことがありますが、表面だけであれば、カビとその周辺を取り除いて食べられます。

市販のキムチは、手作りのキムチよりも調味液が多く、旨味成分のアミノ酸が入っていたり、塩より砂糖が多かったりします。

砂糖は溶けると水分になるため、野菜の水分と相まって傷みやすくなってしまうのです。

そのため、直箸で食べたり、清潔な箸で取り分けなかった場合はカビが発生し、気付いた時には食べられなくなっています。

また、カビが見られなかった場合でも

  • ぬめりがある
  • 異常に食感が柔らかい
  • ニオイが明らかにおかしい

こういうキムチは食べずに処分しましょう。

キムチのカビについてはこちらにまとめているので、合わせて参考にしてくださいね。

>>キムチにカビ?黒い点々や白いものは食べたらどうなる?

開封後のキムチの正しい保存方法は?

キムチが賞味期限切れ!いつまで食べられる?腐るとどうなるの?

冷蔵庫

開封後のキムチの保存方法で一番のお勧めは、「冷蔵庫」です!

長期保存といえば「冷凍庫」のイメージですが、キムチは冷凍すると、解凍後に水っぽくなって食感も悪く美味しく食べられません。

私も、一度浅漬けを冷凍保存してみたのですが、白菜の食感がふにゃふにゃで噛み切るのが大変でした。

冷蔵保存であれば、食べたい時にすぐ食べられますし、何より美味しく食べられます!

冷蔵庫で、日持ちするように保存するポイントはこちらです!

・パッケージから保存容器に移す

・キムチを扱う箸は常に清潔なものを使い、水分も入らないように注意する

・保存容器は密閉力の高いものを選ぶ

・保存容器はプラスチックではなく、陶器やホーロー製を使う

・プラスチック製の保存容器の場合はラップを2重、3重にして包んで入れる

キムチは美味しいですが、ニオイは気になりますよね。

冷蔵庫の中の食品にニオイが移らないよう、注意しましょう。

また、密閉力の高い保存容器であれば、多少傾いてしまっても液漏れを防げるので安心です。

余ったキムチでもう一品!

食べ残したキムチも、賞味期限が切れたキムチも、アレンジして次の食卓に出しましょう!

キムチは味が濃いので、メイン料理にも活用できます。

冷凍したキムチの場合は、凍ったまま調理してください。とっても手軽ですよ!

キムチ鍋/スープ

キムチが賞味期限切れ!いつまで食べられる?腐るとどうなるの?

・鍋にキムチを入れるだけ。小さいお子さんがいる家庭では、大人の分にだけキムチを入れればOK!

・余った鍋にキムチを入れれば、翌日キムチスープとして食卓に出せます!かき玉を入れれば彩りも良くなります。

 

キムチーズ

キムチが賞味期限切れ!いつまで食べられる?腐るとどうなるの?

キムチをアルミホイルにのせて、チーズをトッピングしてトースターで焼きます。そのままでも、豆腐にのせても美味しいです。パンにのせるのもおすすめ!

 

キムチご飯の海苔巻き

キムチが賞味期限切れ!いつまで食べられる?腐るとどうなるの?

キムチと温かいご飯を混ぜて、太巻きのように海苔で巻きます。おにぎりにしても美味しいですよ!

まとめ

キムチの賞味期限や保存方法についてご紹介しました。

  • 市販の未開封キムチの賞味期限は約1か月
  • 開封後のキムチの賞味期限は約2週間
  • 保存は密封容器に入れて冷蔵庫がベスト
  • 食べるときは少量ずつきれいな箸で取り分ける

キムチは、食べきりサイズからお得な大容量まで、様々なサイズで売られていますよね!

せっかくですから、最後の一口まで美味しく、無駄なくいただきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です