きな粉を離乳食に使えるのはいつから?十分な鉄分を取るにはどれくらいの量が必要?

赤ちゃんの離乳食と言えば、栄養のバランスが良くて、食べやすく、赤ちゃんが喜んでくれるものなどいろいろ考えますね。

そんな悩みが多い離乳食の強い味方!

栄養のバランスが良くて使いやすい、その食材は『きな粉』です!

でも、きな粉はモソモソする食感が気になるし、いつ頃から赤ちゃんの離乳食に使えばいいのか難しいところです。

そこで、きな粉を使う時期や鉄分を取るためにはどれくらいの量が必要なのかなど、実際に食べさせたときのエピソードも一緒にご紹介しますね。

きな粉を離乳食に使えるのはいつから?

離乳食にきな粉を使えるのは「初期」と説明している場合が多いのですが、我が家の2人目の子どもに食べさせたときは、口に入れてもベーっと出してしまい離乳初期は少し早いような気がしました。

離乳食におすすめの時期

乳児健診の栄養相談で聞いたところ、赤ちゃんによっても違いますが、きな粉は離乳食初期の後半から中期に使う方がいいのではないかと説明されました。

それから中期から食べさせて、きな粉と一緒に混ぜる食材も多くなったためか子どもが吐き出さずに食べるようになったのです。

また、きな粉は大豆を粉にしたタンパク質が豊富な栄養価の高い食材ですが、大豆を加工した豆腐などよりも大豆アレルギーがダイレクトに出る場合もあると言われています。

ですから、大豆アレルギーが心配の場合は、最初に豆腐などを食べさせて、徐々に慣れてきてからきな粉を使う方が安心ですね。

離乳食で鉄分を十分に取るにはきな粉の量はどれくらい必要?

赤ちゃんの離乳食が進んでいくとレパートリーが難しくなりますね。

栄養面を考えていろいろな食材を食べやすいようにと作るけど、この間は食べたのに今日は全く食べてくれない…

赤ちゃんが喜んで食べてくれるものばかり作っても栄養が偏るのでは?と心配もあります。

ところで、離乳食を食べる赤ちゃんが不足しがちな栄養素は『鉄分』だとご存知ですか?

我が家の子どもも離乳食中期の後半に貧血気味と言われ、栄養指導を受けたのですが、その時、鉄分が取れる離乳食の食材の一つにきな粉があると教えてもらいました。

そこで、鉄分を取るためにどのくらいの量が必要なのか?十分な鉄分を取るための『きな粉』の使い方などをお伝えします。

赤ちゃんに必要な鉄分

出生体重が3㎏以上、満期産で生まれた赤ちゃんは、一般的に生後5か月くらいまではママのお腹の中でもらった鉄分が蓄えられているようです。

その後は段々減っていくので、口から鉄分などの栄養を取っていく必要があります!

1日に取りたい鉄分量

生後6~11ヵ月の赤ちゃんに必要な量

  • 男の子・・・約3.5㎎
  • 女の子・・・約3.5㎎

きな粉でとる場合

きな粉100gに約8.0㎎の鉄分が含まれるので、鉄分3.5㎎を取るためには大さじ5.5杯くらい食べることになります。

ですが、赤ちゃんにそれだけの量を食べさせるのはとても難しいので、1日にきな粉だけで鉄分を取るのではなく、ほうれん草、小松菜や牛乳、鶏もも肉、鶏レバー、ひきわり納豆、など鉄分を含む食材を上手に組み合わせて食べさせることが大切です。

ちなみに、ここで挙げた食材の中で鉄分を多く含むものは、鶏レバーの次にきな粉なのです!

我が家では、主にきな粉と乳製品の組み合わせでおやつを作ったり、小松菜ときな粉で蒸しパンやおにぎりを作るなど工夫していました。

1回分のきな粉の量

離乳食のきな粉の量は1日でこのくらいという具体的な基準はありませんが、摂りすぎはよくないですね。

目安として、多くても1回に10gくらいです。

赤ちゃんにおすすめのきな粉は?

栄養豊富なきな粉を離乳食に使う時は、次の点をしっかりチェックしましょう!

  • 原産地・・・外国産は材料の大豆に遺伝子組み換えや農薬の問題があるため国産品のものがおすすめ
  • 原材料・・・砂糖などが入っていない大豆のみで作られているものを選ぶ
  • 添加物・・・できれば有機栽培で無添加のものがおすすめ

写真のきな粉は、大人用の砂糖や食塩入りの調味されたきな粉です。

あまり神経質になってもよくありませんが、赤ちゃんが初めて口にするものは慎重に選んであげたいですね。

また、きな粉は調理してからしばらく時間が経つと濃い茶色に変化します。

離乳食後期になると赤ちゃんが手づかみで食べたり、食べることに積極的になるので、見た目で食べたくないと思うこともあります。

濃い目の茶色が嫌やという時もあるので、きな粉は調理する直前にかけたり混ぜることをおすすめします。

created by Rinker
ムソー
¥314 (2021/05/06 11:30:29時点 Amazon調べ-詳細)

きな粉を使ったおすすめの離乳食

きな粉ヨーグルトバナナ添え

材料

  • きな粉・・・6g
  • バナナ...1/3本
  • プレーンヨーグルト・・・40g

作り方

  1. バナナを薄切りにスライスする
  2. プレーンヨーグルトとバナナを器に盛る
  3. 赤ちゃんが食べる直前にきな粉をかける

きな粉を使った定番の離乳食ですが、子どもが喜んで完食してくれました!

きな粉ミルクがゆ

材料

  • 7分がゆ・・・大さじ2
  • きな粉・・・小さじ1
  • 粉ミルク・・・小さじ1
  • 水・・・適量

作り方

  1. 鍋にお粥と水を入れて弱火にかける
  2. 1に粉ミルクを入れて混ぜ合わせる
  3. 最後にきな粉を入れて完成

きな粉入りおにぎり

材料

  • ご飯・・・50g
  • 茹でたほうれん草・・・10g
  • きな粉・・・小さじ1

作り方

  1. ほうれん草を細かく刻む
  2. ご飯に1を混ぜ、きな粉もふりかけまんべんなく混ぜ合わせる
  3. 食べやすい大きさのおにぎりにしたら完成

手づかみで食べたがる時期に活躍するおにぎりです!

きな粉はいろいろな食材と合うので、バリエーションが楽しめます。

まとめ

きな粉を離乳食に使う時期や鉄分を取るために必要な量と選び方、おすすめのレシピなどをまとめました。

  • きな粉を離乳食に使う時期は、中期くらいからがおすすめです
  • 大豆アレルギーに気を付けて、最初は豆腐などを使って徐々にきな粉に移ります
  • 離乳食で鉄分を十分に取るには、きな粉だけでなく他の鉄分を含む食材と組み合わせて必要量を取ります
  • 赤ちゃんにおすすめのきな粉は、国産品の大豆のみで作られた無添加のものがおすすめです

赤ちゃんは、最初に食べたものが苦手になると次も食べてくれない場合があるので、初めにきな粉のモソモソ感を出さないように、他の食材と混ぜて滑らかにすることがポイントです。

また、きな粉の賞味期限や保存方法については、こちらにまとめているのであわせて参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です