コチュジャン・豆板醬・甜麵醬の違いは何?麻婆豆腐に合うのはどっち?

コチュジャン・豆板醬・甜麵醬の違いは何?麻婆豆腐に合うのはどっち?

コチュジャンや豆板醤、甜麺醤など中国料理や韓国料理ではかかせない調味料がありますね。

名前は違いますが、なんとなく見た目はどれも同じですし、大体スーパーなどでも同じ売り場に売られていることが多いので、同じような感じなのかなとも思いがちですが、実際には色々違ってきます。

違いをしっかり知ることでその料理がおいしく出来ますよ。

そこで、今回はコチュジャン、豆板醤、甜麺醤の3つを比較しての違いや、中華の定番の麻婆豆腐にはどの調味料が合うのかをご紹介していきます。

コチュジャンとは?

コチュジャン・豆板醬・甜麵醬の違いは何?麻婆豆腐に合うのはどっち?

コチュジャンの原料は、もち米などのお米に麹や唐辛子などを合わせて発酵させた調味料です。

発祥は朝鮮半島です。

コチュジャンは辛みがありますが、お米や麹の中のほのかな甘さが出て辛さだけでなくコクやうまみなどを感じることが出来る調味料です。

また、日本で売られているコチュジャンには食べやすいように水飴や砂糖を多く添加している場合が多いので、辛さが苦手でも割と食べやすい調味料となっています。

ビビンバや、焼き肉などの肉料理などの韓国料理に使ったり、そのまま食べられるので生野菜などにつけて食べるケースも多くあります。

コチュジャンの賞味期限や保存方法については、こちらにまとめているのであわせて参考にしてくださいね。

豆板醬とは?

コチュジャン・豆板醬・甜麵醬の違いは何?麻婆豆腐に合うのはどっち?

豆板醤の原料は、そら豆や大豆などの豆に塩や唐辛子、麹などを加えて発酵させた調味料です。

発祥は中国の四川地方です。

豆板醤はコチュジャン同様に辛さが引き立ちます。

甘みは少なく、少し酸味があるのが特徴です。

豆板醤は麻婆豆腐や担々麺、肉や野菜の炒め物など中華料理の味つけなどによく使われます。

豆板醤は火を入れることでより辛さや風味が際立つので、具材を入れる前に使用することが多くなっています。

甜麵醬とは?

コチュジャン・豆板醬・甜麵醬の違いは何?麻婆豆腐に合うのはどっち?

甜麺醤の原料は、小麦と塩と麹などを加えて発酵させた調味料です。
発祥は中国の北京です。
この甜麺醤は、豆板醤やコチュジャンのように赤っぽい色をしていてパッと見辛そうですが、原料に全く唐辛子を使っていないので辛みはありません。
むしろ麹の影響で甘みがあり、日本版でいう味噌と同じような感じですかね。
甜麺醤は甘さやコクがあるので、どんな料理にも合いますが、特に肉料理の時には相性が良いとされています。
北京ダックや回鍋肉、麻婆豆腐に使われる調味料です。

麻婆豆腐にはコチュジャンと豆板醬どっちがあう?

コチュジャン・豆板醬・甜麵醬の違いは何?麻婆豆腐に合うのはどっち?

麻婆豆腐にはコチュジャンと豆板醤のどちらが合うかということですが、正直なところ好みの問題になるかなと思います。

ただし、もともと麻婆豆腐は四川料理の1つなので、もちろん使うのは豆板醤のほうです。

四川料理には、辛さがポイントとなっていて、「麻(マー)」と「辣(ラー)」という2つの辛さをメインに料理していきます。

簡単にこの辛さについてお話しすると・・・

麻のほうは、痺れる辛さのことを言い、特に花椒と言われる中国の山椒を使うことで辛みを出しています。

 

辣のほうは、主に唐辛子を使いピリッとした辛さから辛みを出しています。

この2つがメインになって四川料理の辛さや旨さを出しているのです。

実際、四川の麻婆豆腐には、麻の辛さである花椒、辣の辛さである四川辣豆板醤が使われていてピリッと痺れる辛さのなかに旨みやコクが合わさっているのが特徴です。

本場の味に近づけるのなら、可能な限り豆板醤を使うほうがおいしく出来上がるでしょう。

 

 

 

 

ただし、コチュジャンでも代用することは可能です。

原料は違いますが、同じような辛味噌の分類なので麻婆豆腐を作ってもそんなに違和感はないと思います。

しかも、豆板醤よりコチュジャンの方が辛みが少ないので、辛いものが苦手な人や小さなお子さんにはコチュジャンで作った麻婆豆腐の方が食べやすいなんて声も聞かれます。

味は、若干韓国風になりますかね。

また、コチュジャンで作って辛みが足りない場合にはラー油や一味唐辛子などを足すことで辛さはプラス出来ますし、合うか合わないかというのは、個人によって違うというのが正直なところです。

 

 

 

コチュジャン・豆板醬・甜麵醬の違いは何?麻婆豆腐に合うのはどっち?のまとめ

コチュジャン、豆板醤、甜麺醤の違いなどご紹介していきました。

・コチュジャンは、もち米などのお米に麹や唐辛子などを合わせて発酵させた調味料

・豆板醤は、そら豆や大豆などの豆に塩や唐辛子、麹などを加えて発酵させた調味料

・甜麺醤は、小麦と塩と麹などを加えて発酵させた調味料

・麻婆豆腐を本格的に食べるなら豆板醤、辛さを抑えて韓国風にするならコチュジャン

コチュジャン、豆板醤、甜麺醤は原料の違いや味の違いなど、同じようで実は違います。

ないときにはもちろん代用も出来ますが、料理に合わせて使い分ける方がより美味しくなると思うので是非違いを理解したうえで使ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です