氷砂糖の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

氷砂糖の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

梅ジュースなどを作るときに必要な氷砂糖。

子供の頃、そのまま口に入れて見た人も多いのではないでしょうか。

飴みたいで、見た目もクリスタルな感じで、子供だけでなく大人も惹かれてついつい食べ過ぎてしまったなんてこともありませんか?

ジュース作りをするお家なら必ず常備されている氷砂糖。

賞味期限って一体いつまでなの!?って思うことも。

どのくらいまで持つのかあまりよくわかってない人も多いでしょう。

今回は、氷砂糖の賞味期限はどのくらいなのか、賞味期限が過ぎても使うことができるのか、腐ることがあるのかなど詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

氷砂糖の賞味期限はどれくらい?

氷砂糖の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

 

氷砂糖の賞味期限はどのくらいなのでしょうか?

実は、賞味期限がないのです。

半永久的に日持ちすると言われています。

え。。そうだったんだ!ってびっくりですよね。

氷砂糖はショ糖の結晶体でできているもので、とても純度の高い砂糖なのです。

お砂糖は、もともと、菌の発生など起こりづらく腐りにくいものなので、賞味期限がないのです。

しっかり保存されていたら、半永久的にずっと使うことができるそうですよ。

賞味期限切れの氷砂糖はいつまで食べられる?

氷砂糖の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

賞味期限の記載がされていないので、ずっと食べることができます。

保存食としても有効です。

ちょっとした糖分補給にもなるし、賞味期限がないので、常備させておいたら重宝しますよ。

長く置いた氷砂糖の場合、食べる前に傷んでいないかチェックしてみるとさらに安心でしょう。

見た目が全然変わりなく、味にも変化がなければずっと食べていて大丈夫ですよ。

でも、あれ、いつもと違うとかちょっとでも変だなぁって感じたときは、食べるのをやめて処分してくださいね。

氷砂糖って腐るとどうなるの?

氷砂糖の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

氷砂糖が腐るとどのようになるのでしょうか?

基本腐ることがないので、ずっと使えるのですが、次のようになっていたら要注意です。

  • 湿度の影響を受けて溶け出してヌルヌルしている。
  • 糸が引いている。
  • 変色している。
  • 変なニオイがしている。
  • 虫がついている。
  • 変な味がしている。

というような感じになっていたら処分しましょう。

氷砂糖は、高温多湿に弱いものなので、溶け出してしまった場合傷むこともあるので要注意です。

保存方法によっては、悪くなってしまっていることもありますよ。

長く置いてあった場合は、もう一度よく確かめてみてくださいね。

氷砂糖の正しい保存方法は?

氷砂糖の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

氷砂糖の保存方法はこちら。

未開封の場合

直射日光の当たらない涼しい場所で常温で保存しましょう。

ニオイがきついもののそばにおいたり、しないように。

氷砂糖がニオイを吸ってしまい移ってしまうことがあるので注意してください。

湿度の影響も受けやすいので気をつけましょう。

稀に、虫が袋を破って侵入してしまうこともあるので、未開封であってもジップロックや、缶などに入れておくとさらに安心ですよ。

冷暗所で、湿度の影響を受けない場所を選んで保管してください。

開封ずみ

密封できる容器に入れて常温で保存しましょう。

直射日光の当たらない涼しい場所を選んでくださいね。

夏場など暑い季節の時は、冷蔵庫に入れて保存する方法もありますよ。

その場合も、しっかり密封できる容器に入れてから冷蔵庫に入れてください。

冷蔵庫から出す時は、温度差が激しくなるので要注意。

結露がついて湿気たり水分の影響で溶けたりしやすくなります。

使う分だけ取り出すようにしましょう。

氷砂糖の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!のまとめ

氷砂糖の賞味期限がどのくらいなのか、腐るとどのようになるのか、保存方法はどのようにしたら良いのかなど詳しくご紹介いたしました。

氷砂糖は、賞味期限が記載されていません。

上手に保存すれば、半永久に持つものなのです。

非常食としてもやくに立つものでお家に常備させておくと重宝しますよ。

氷砂糖には、リラックス効果や疲労回復の効果もあるとか。

いざという時には良さそうですね。

純度が高い砂糖ですぐに解けることはないので、ゆっくり口の中に入れておくことができますよ。

未開封でも開封済みでも常温で保存できます。

直射日光の当たらない涼しい場所で高温多湿にならない場所を選んで保存してくださいね。

開封した場合も同じです。

しっかり口を閉じ、密封して保存しましょう。

そのまま食べても、ジュースを作る時や、お料理にも使える氷砂糖。

ぜひ色々活用してみてくださいね。

また、氷砂糖を食べ過ぎると太るのかについては、こちらにまとめているのであわせて参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です