氷砂糖を食べると太る?1粒あたりのカロリーや一日何個が適量か徹底調査!

氷砂糖を食べると太る?1粒あたりのカロリーや一日何個が適量か徹底調査!

ジュースを作るときなどに使う氷砂糖。

綺麗な塊で、そのまま食べても美味しいですよね。

食べた感じが、ちょうど良い甘さで、ついつい食べ過ぎてしまったなんてことありませんか?

まるで飴を舐めているかのように思えるのですよね。って私だけかもしれませんが(^ ^)

砂糖の塊を食べているわけで、太る可能性だってありますよね。

実際どのくらいカロリーがあるのかってあまりよくわかってないという人も多いのではないでしょうか。

今回は、氷砂糖を食べると太るのか、どのくらいのカロリーや糖質があるのか、1日に何個までだったら食べても大丈夫なのかなど詳しくご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

氷砂糖を食べると太る?

はい。食べる量に気をつけないと太りますよ。

カロリーも糖質もとても高い氷砂糖。

炭水化物の塊なのです。

見た目とは違うので注意が必要ですよ。

うっかり食べ過ぎてしまえば、1食分の糖質をとってしまったということにもなり兼ねません。

しかし、食べる量さえ守れば、とても良い効果を得られる氷砂糖なのです。

created by Rinker
不明
¥1,115 (2021/09/24 20:12:49時点 Amazon調べ-詳細)

氷砂糖のカロリーや糖質はどれくらい?

氷砂糖を食べると太る?1粒あたりのカロリーや一日何個が適量か徹底調査!

氷砂糖のカロリーと糖質はこちら。

1粒4gあたり 100gあたり
カロリー 15kcal 387kcal
糖質 4g 100g

 

になっています。

ちなみに他の砂糖では、上白糖100g 384Kcal、グラニュー糖100g 387Kcal、黒砂糖 100g 354kcalとどれもほとんど変わらないのです。

結構カロリーも糖質も高いので、食べ過ぎには注意が必要ですよ。

氷砂糖に栄養はあるの?

 

氷砂糖には栄養があるのかというと、はいあります。

氷砂糖の主な成分は、炭水化物なのですが、これ以外にも、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛なども少し含まれているのです。

この炭水化物って、人間にとって必要なもので、体に入るとブドウ糖になって体を動かしたり、脳を働かせたりするのにとても役に立ちます。

氷砂糖は、純度がとても高く、不純物は入っていない代わりに、少しだけ栄養素が含まれていますよ。

ただ、氷砂糖だけ食べれば栄養が取れるというわけではないので注意してくださいね。

でも、上手に氷砂糖を補給すれば、リラックスの効果や疲労回復の効果も得られるのです。

さらに、咳が出て辛い時にも鎮める効果があるのだとか。

氷砂糖を舐めることで気管に潤いを与えてくれるのです。

また、熱を鎮めてくれる効果も期待できるそうで、体調が悪い時におかゆなどを作ってそこに氷砂糖を1つ入れて溶かすと良いそうですよ。

とても体には良いものなのです。

ただし、食べ過ぎは逆効果に。

食べる量はしっかり守りましょう。

氷砂糖を食べるなら一日何個まで?

氷砂糖を食べると太る?1粒あたりのカロリーや一日何個が適量か徹底調査!

氷砂糖を食べるなら1日何個まで食べられるのでしょうか?

意外とカロリーも糖質も高いので量が重要ですよ。

1日1個から2個ぐらいが適量と言えるでしょう。

最大4個までが目安です。

1日に何回も氷砂糖を舐めすぎると、いつでも氷砂糖が必要になってしまい中毒のような症状が出てしまう場合もあります。

太るだけでなく、別な問題も出てくるので、取り過ぎないようにしてくださいね。

過剰摂取になれば血糖値なども高くなってしまう可能性がありますよ。

口が寂しくなるたびに、食べないようにしてくださいね。

氷砂糖を食べると太る?1粒あたりのカロリーや一日何個が適量か徹底調査!のまとめ

氷砂糖を食べると太るのか、1粒あたりのカロリーや1日何個まで食べても大丈夫なのかなど詳しくご紹介いたしました。

氷砂糖、他の砂糖よりカロリーや糖質が低いイメージでしたが、実は違いますよ。

カロリーも糖質も他の砂糖と変わらず高く、炭水化物の塊です。

食べる量をしっかり守らないと確実に太ります。

1日食べられるのは、1個から2個ぐらいが良いでしょう。

最大4つまでにとどめておいてくださいね。

口が寂しくなるたびに何回も舐めたりすると、中毒症状みたいになってしまいます。

なんども口に入れるということはしないようにしましょう。

適度に取り入れれば、体にとっても良い効果が期待できます。

  • 疲労回復
  • ストレス解消
  • 咳を鎮める効果。
  • 熱を下げる効果。
  • 脳を働かせたり、体を動かすための助けになる。

など良いこともいっぱいありますよ。

必ず、1日食べられる量をしっかり守ってくださいね。

くれぐれも美味しいからといって食べ過ぎないようにしましょう。

また、氷砂糖の賞味期限や保存方法についてはこちらにまとめているので、あわせて参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です