氷の賞味期限はどれくらい?腐ることってある?保存方法も!

氷の賞味期限はどれくらい?腐ることってある?保存方法も!

冷凍庫で氷をたくさん作っているご家庭が多いと思いますが、氷って賞味期限があるか気になりませんか?

使う頻度が多いと直ぐに使ってしまいますが、あまり使わないとそのまま放置したままになるので置いておいてもダメにならないのかなと思ってしまうこともあるでしょう。

そこで、今回は手作り・市販の氷に分けて賞味期限や正しい保存方法などご紹介していきます。

氷の賞味期限はどれくらい?(手作り、市販)

氷の賞味期限はどれくらい?腐ることってある?保存方法も!

氷は手作りのものと市販で売られているものがあるかと思います。

それぞれ賞味期限に違いはあるのか見ていきましょう。

手作りの氷の賞味期限

手作りの氷の賞味期限ですが、原則的には賞味期限というのは存在しません。

というのも、氷は氷点下で保存することとなります。

氷点下18℃以下の中では、微生物などが活動出来ないので菌の繁殖が出来ず腐敗しにくいので、賞味期限は原則的にないものと考えて良いということになっています。

ただし、賞味期限はないのですが注意が必要な氷もあります。

それは、冷蔵庫の中に給水タンクがあって自動に氷を作るタイプの氷です。

 

氷になってしまえば問題はないのですが、問題は氷になる前の水です。

給水タンク式は水を汲み取って、氷が出来たら自動で取りだし、水をトレイに入れて氷を作り出します。

氷の使う頻度が高ければ給水タンクの水の消費が早いので割と清潔なのですが、氷の頻度が少ないと給水タンクには水が入ったままということになります。

氷は原則的に腐りませんが、水は傷みます。

給水タンク式の氷の場合には1週間を目安に使い切り、新しい水を交換するくらいが必要となるでしょう。

 

市販品の氷の賞味期限

市販品の氷の賞味期限ですが、こちらも家庭の氷同様に賞味期限は設定されていません。

ご家庭で作る氷より市販の氷の方が徹底的な管理をされて、ゆっくり凍らせているので純度も高くきれいな氷が出来ることが多く、衛生的にも安心であることが多いでしょう。

ただし、このあともお話ししますが、賞味期限がないからといってそのまま放置しすぎることは出来ません。

氷って腐ることあるの?

氷の賞味期限はどれくらい?腐ることってある?保存方法も!

氷は、賞味期限もありませんし、完全に腐ると言うことはありません。

ただし、腐りはしないですが、長期保存することで品質が低下したりすることはもちろんあります。

どのような状態になるのか少しみていきましょう。

品質が低下した氷の状態

・氷が小さくなる

 

・氷に他の食品などのニオイが移る

 

・氷が変形する

 

・氷に汚れがつく

などの状態が見られます。

どうしても氷を作ると冷凍庫ないに保存しておくことになりますが、保存している間に冷凍を何回も開閉してしまうと空気中の菌が付着しやすくなってしまいますし、他の食品を一緒に保存することで氷にニオイが付着するようになってしまいます。

賞味期限がないから腐らないということではなく、実は冷凍庫内の環境や保存の仕方で大分氷の品質が変わってしまうため、あまり長期的に保存したり、大量にストックしておくということは止めておいたほうが良いと言うことになるのです。

氷の正しい保存方法は?

氷の賞味期限はどれくらい?腐ることってある?保存方法も!

氷の正しく保存する方法について説明していきますね。

氷をご家庭で作る場合、給水タンクで自動に作るケース、製氷機に自分で水を入れて作るケースそれぞれあるかと思います。

作りかたは、普通に作ればOKです。氷は水道水を使って作りましょう。

作ったあとは保存です。

保存するときには、密閉出来る容器または袋を使います。

氷を製氷機や製氷皿から取りだし、小分けにして容器に入れます。

しっかり蓋や封をして空気が入らないようにして冷凍庫へ入れれば完成です。

created by Rinker
ジップロック
¥647 (2021/09/24 10:27:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ジップロック
¥362 (2021/09/24 13:55:20時点 Amazon調べ-詳細)

かき氷用に削った氷が余ったら保存できる?その方法は?

氷の賞味期限はどれくらい?腐ることってある?保存方法も!

氷と言えば、かき氷を作ることもありますよね。

食べるたび1回ずつ削ることが望ましいですが、やはり回数が多くなると削るのが面倒くさいですし、また作っていると逆に氷が余ってしまうこともこともありますよね。

そんな時に、実は削ってしまった氷も保存することが可能です。

保存するときには、密閉容器を使います。

created by Rinker
ジップロック
¥906 (2021/09/24 10:27:49時点 Amazon調べ-詳細)

方法はとても簡単です。

密閉容器の蓋を開けて、氷を溢れるぐらいに削ります。

 

そして、溢れ出した容器の上から蓋をぎゅっと押し閉めます。

 

容器の周りの水滴やこぼれてしまった氷は拭き取り、それを冷凍庫で保存することで完成です。

容器で保存するときに大切なのが、氷の量です。

氷を少ない量で保存してしまうと、氷が溶けてしまい氷同士が固まってしまい美味しくありません。

必ず容器に溢れるぐらいの氷を入れてから蓋をすると、氷の密度がしっかりするので比較的削ったときのままサラサラとした状態が続くので量に注意しましょう。

氷の賞味期限はどれくらい?腐ることってある?保存方法も!のまとめ

氷の賞味期限などご紹介しました。

・氷には賞味期限はない

・氷は腐らないが品質が劣化する

 

品質が低下した氷の状態

・氷が小さくなる

・氷に他の食品などのニオイが移る

・氷が変形する

・氷に汚れがつく

 

・氷の保存は密閉出来る容器や袋に入れて保存する

・削った氷の保存は密閉容器で氷を満帆にしてから保存する

氷は賞味期限はありませんが、品質を保持するためには早めに消費することが重要です。

使い切れる分作って正しく保存してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です