栗にカビが生えた!白や緑は大丈夫?食べていいかどうかの見分け方!

栗にカビが生えた!白や緑は大丈夫?食べていいかどうかの見分け方!

ほくほくしていて美味しい栗ですが、実はとてもカビが生えやすいのです。

栗に生えるカビは白や緑といった一般的なものが多いですが、生えてしまったものは捨てないといけないのでしょうか。

またカビが発生しないようにする予防法などはないでしょうか。

そこで、今回は栗にカビが生えたときに食べても良いかどうかの判断やカビの発生予防についてご紹介していきます。

栗にカビが生えた!?食べていいかどうかの見分け方は?

栗にカビが生えた!白や緑は大丈夫?食べていいかどうかの見分け方!

栗にカビが生えやすいとお話ししましたが、栗に生えやすいカビの色は白や緑色です。

それぞれの色に分けて食べても良いのか判断していきましょう。

栗に白いカビが生えた場合

栗に白いカビが生えてしまった場合ですが、実は白カビの場合には食べられるケースがあります。

というのも、白カビはカビの中でも毒性が弱く洗うと落ちてしまうことが多くあります。

白カビはフワフワした綿のようなものが付着するのが特徴です。

ちなみに食べられる場合ですが、皮の表面にうっすら付いていて洗えば簡単に落ちるものに限定されます。

もしも、同じ白いカビでも皮を剥いて中身にカビが生えていたりした場合には食べることは出来ませんので注意してくださいね。

栗に緑のカビが生えた場合

栗に緑色のカビが生えた場合ですが、こちらは食べることは出来ません。

栗に生える緑色のカビは黒カビと同じで毒性が非常に強いものとなっています。

緑色のカビの生えたものは少しだけだとしても、すでに全体が汚染されている可能性が非常に強いので洗って落ちたとしても食べることは絶対に止めてください。

緑色のカビを食べてしまうと食中毒などの危険性が高いので注意してくださいね。

緑のカビは粉っぽいようなものが付着していて悪臭を放っています。

緑色はカビじゃないことも!?

緑色になるのは実はカビだけではないこともあります。

実は、粉っぽさがなく表面がさらっとしていて緑色になっているときにはカビではなく若栗であることが多いです。

栗は熟してくると茶色になるのですが、まだ熟していない若い栗は全体的に緑色になっていることがあります。

こういった場合には、固さはありますが食べることは出来ますので、よくカビとの違いを見つけるようにしてみてください。

栗にカビが生える原因は?

栗にカビが生えた!白や緑は大丈夫?食べていいかどうかの見分け方!

栗にカビが生える原因はいくつかありますのでみていきましょう。

①虫食い

生栗は特に虫が食いやすくなっています。

お店などで売られている栗は虫を除去するための処理を行っているのですが、普通に拾ってきた栗だと虫が容易に沸いていて、栗にすでに虫食いの穴が空いていたりします。

この虫食いの穴や虫食いによってカビが発生しやすい状況になっています。

②湿気

栗は湿気に弱いので、湿気の多い場所に保存しておくとカビが発生しやすくなっています。

保存場所もとても重要になってきます。

③水分が付いたまま保存している

栗を購入したときに袋のまま入れて置くと水分が発生することがあります。

その水分を放置するとカビの原因となります。

また、これは茹で栗なのですが、茹でた後に水分が付着したまま保存して置いたりするとそこからカビが発生しやすくなってしまいますので注意が必要となります。

栗にカビが生えるのを防ぐにはどうしたらいい?

栗にカビが生えた!白や緑は大丈夫?食べていいかどうかの見分け方!

栗にカビが生えるのを防ぐにはいくつか方法があります。

①虫食いの栗を除去したり虫を追い出す

虫食いをしている栗はずっとそのままにしておくとカビの発生源になりかねません。

ですので、虫食いした栗をまず取り除きます。

また穴があいた栗のなかにはまだ虫がいることがあるので、虫を取り除く処理を行う必要があります。

方法はとても簡単です。

1つ目の方法は、バケツなど大きめの容器に生栗を入れてから水を被るくらいいれます。

 

そこで浮いてきた栗は全て虫食いの栗なので取り除きましょう。

 

そして取り除いた後沈んだ栗はなんともないのでザルなどにあげて水をしっかり切ったあと半日ほど天日干しをして乾燥させましょう。

 

2つ目の方法は、唐辛子水に生栗をつける方法です。

 

実は唐辛子は虫が嫌がるニオイを発生させるので、虫が栗の中から出てくるのです。

 

バケツなどに生栗を入れて被るくらいの水を入れたあとに唐辛子を2本ほど入れて一晩おいておきましょう。

 

一晩経ったらザルにあげて水分を切り、半日ほど天日干しをして乾燥させましょう。

天日干しするときには害虫やホコリなどを避けるた天日干し出来るネットなどを使うのがおすすめですよ。

②栗を消毒

栗を消毒するというのもカビを生やさない為のポイントです。

生栗全体にアルコールスプレーをふりかけてよく乾燥させてください。

また汚れなどが気になる場合には、消毒する前にベーパーなど使って汚れを拭取ってからアルコール除菌をするようにしてくださいね。

created by Rinker
ドーバー酒造
¥3,180 (2021/12/06 19:52:33時点 Amazon調べ-詳細)

③通気性の良い場所で保存

生栗もそうですが、茹でたりしたあとも全ての栗は通気性の良い場所でしっかり保存するようにしてください。

湿気などに弱いので出来るだけ風通しの良い場所で保存するか、新聞紙など吸湿性のあるものを使って包んだりして保存してください。

栗にカビが生えた!白や緑は大丈夫?食べていいかどうかの見分け方!のまとめ

栗に生えるカビについてご紹介しました。

・白いカビは食べられる可能性が高い

・緑色のカビは食べられない

 

栗にカビが生える原因

①虫食い

②湿気

③水分が付いたまま保存している

 

栗にカビを生やさないための予防法

①虫食いの栗を除去したり虫を追い出す

②栗を消毒

③通気性の良い場所で保存

栗はカビが生えやすいですが、対策次第ではカビが発生しにくくなります。

基本的にカビが生えてしまったらあまり食べない方が良いですので、カビが発生しないように対策を講じてみてくださいね。

また、栗の賞味期限や保存方法についてはこちらも参考にしてください。

>>栗の賞味期限はどれくらい?腐ると臭いでわかる?保存方法も調査!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です