栗が変色してるのは食べられる?原因や防止法方も調査!

栗を食べようと茹でたりした後にいざ皮を剥いて中身をみたときに変色が起こっているということがよくあります。

中身が変色していると食べられないのではと思いますが、実際はどうなのでしょうか。

また中身が変色している原因などはなんだろうかと疑問に思いますよね。

そこで、今回は栗の中身が変色している理由や食べられるかどうかの判断、変色防止法などご紹介していきます。

栗の中身が変色しているのは食べられるの?

栗が変色してるのは食べられる?原因や防止法方も調査!

栗の中身が変色している場合ですが、食べられるものと食べられないものがありますので、それぞれの特徴を覚えてください。

実は、見分け方はとても簡単です。

栗を剥いたときに既に黒や茶色に変色している場合には食べることは出来ません。

 

しかし、栗を剥いてから少し時間をおいて黒や茶色に変色する場合にはたべることが出来ます。

つまり、食べられるかどうかは既に変色しているかどうかを見分ければ良いだけです。

とても簡単ですよね。

では、なぜ変色した栗を食べない方が良いのかは理由とともに下記でさらに詳しく説明していきましょう。

変色した栗で食べない方が良いのはどんなとき?

栗が変色してるのは食べられる?原因や防止法方も調査!

変色した栗で食べない方が良いのは、先ほどお話ししたとおり既に黒や茶色に変色していたときです。

変色と言っても食べない方が良い栗には変色以外の何かしら変化が起こっています。

具体的にどのような変化が起こっているものかというと・・・

・変色部位や周辺に穴が空いている

 

・変色部位がドロドロ溶けている

 

・変色部位から悪臭が漂っている

上記のように、必ず食べられない変色している栗には何かしら異変がみられます。

よく観察してみると変色だけではない何かがあった場合には食べることは出来ないので注意してください。

栗の変色の原因や防止法は?

栗が変色してるのは食べられる?原因や防止法方も調査!

栗の変色の原因にはいくつかあります。

原因と防止法

①栗に虫食いが発生したから

栗には虫が寄生しやすくなっています。

栗の中には収穫前から虫の卵がいることが多いのです。

ただ、スーパーなどで売られている栗には羽化しないように加熱処理などがされているのであまり虫食いなどはないかもしれませんが、拾ってきたものだとこの虫食いが原因でよく変色が起こることがあります。

防止法

直接拾ってきた栗は出来るだけ早い段階で皮を剥き調理するか、虫食いの栗を出来るだけ取り除くために水につけて浮いたものは虫がいる可能性があるので取り除きましょう。

 

②栗にカビが生えたから

栗は高温多湿にとても弱いです。

収穫してから時間が経っていたり、気温や湿度が高い場所に置きっぱなしにすると中に黒いカビなどが発生してしまい変色してしまう原因となってしまうのです。

防止法

カビが生えないようにするためには、正しく保存する必要があります。

生栗のまま保存するのであれば、新聞紙などで栗を包んでからポリ袋などに入れて冷暗所や冷蔵で保存しておくのが良いでしょう。

常温であれば1週間、冷蔵であれば1ヶ月~2ヶ月ほど保存が出来るでしょう。

また、冷凍もすることが出来ます。

同じように包んで保存すれば3ヶ月程度は大丈夫でさらにカビなども一番抑えることが出来ます。

 

③栗が酸化したから

栗の皮には、ポリフェノールが豊富に含まれています。

このポリフェノールはタンニンというものですが、このタンニンはアクの原因になります。

このタンニンは特に渋皮の部分に多く含まれていて、皮を剥いてから酸素に触れると時間が経過すると変色が始まります。

防止法

タンニンによる酸化はアクを取り除いてあげれば防止することが出来ます。

その方法はいくつかあります。

①水に半日ほどつけてから皮を剥き直ぐに調理する

 

②渋皮までしっかり剥いて一晩水につける

 

③生栗のまま重曹を使って茹でる

①と②は水につけることで茹でる前にアクを抜くことが出来ます。

また③は重曹を使って茹でるのですが、重曹はアルカリ性なのでアクを溶かすことが出来ます。

茹で方もとても簡単です。

大きめの鍋にお湯を沸かして重曹を大さじ1ほど入れてよく混ぜてから栗を茹でるだけです。

茹で上がったら出来るだけ早めに皮は剥くようにしてくださいね。

新鮮な栗の見極め方は?

栗が変色してるのは食べられる?原因や防止法方も調査!

新鮮な栗を見分ける方法は以下の通りです。

・皮が茶色く濃いもの

 

・皮にツヤツヤ光沢があるもの

 

・ずっしり重い物

 

・形が丸みを帯びて頭の部分が尖っているもの

上記のような栗は収穫してから時間があまり経っていなく新鮮なものが多いでしょう。

是非意識して探してみてくださいね。

栗が変色してるのは食べられる?原因や防止法方も調査!のまとめ

栗が変色している原因や防止方法などご紹介してきました。

・既に変色している栗は食べられない

・皮を剥いたり切ってから変色する栗は食べられる

 

変色した栗を食べない方が良いときの状態

・変色部位や周辺に穴が空いている

・変色部位がドロドロ溶けている

・変色部位から悪臭が漂っている

 

栗が変色した原因

①栗に虫食いが発生したから

②栗にカビが生えたから

③栗が酸化したから

 

新鮮な栗の見分け方

・皮が茶色く濃いもの

・皮にツヤツヤ光沢があるもの

・ずっしり重い物

・形が丸みを帯びて頭の部分が尖っているもの

栗の変色は食べられるものと食べられないものがあります。

見分け方はとても簡単ですので変色している時には必ずいつから変色しているかをポイントに判断してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です