黒豆の煮物の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!

黒豆の煮物はおせち料理の中でも「祝い肴三種」の一品で、一の重に必ず入るおせちの定番料理です。

まめは「丈夫」「健康」を意味する語句で「まめに働けますように」という願いを込めておせち料理には欠かせない一品ですね。

甘くてふっくらとした黒豆は美味しくて栄養もたっぷり。

そこでお正月にたくさん作った黒豆の煮物はいつまで食べられるのでしょうか?

黒豆の煮物の賞味期限や保存方法についてまとめてみました!

また、いろんな料理の賞味期限などについてはこちらにまとめているので、合わせて参考にしてください。

黒豆の煮物の賞味期限はどれくらい?

おせちなどに使われる黒豆は醤油と砂糖でしっかり煮ているので、比較的日持ちの長い料理と言えます。

手作りの黒豆煮の賞味期限は何日くらいなのでしょうか?

期間は保存状態によって少し変わってきます。

常温の場合

10℃以下の冷暗所で1週間位

 

冷蔵保存

甘さ控えものものは1週間位

甘めに煮たものは2週間位

 

冷凍保存

1ヵ月程度

室温が10℃以上になると腐りやすくなるので、冷蔵庫に入れましょう。

黒豆の賞味期限は保存の仕方や味付けによって変わるんです。

できるだけ長く保存したい場合は、砂糖の量を少し増やして甘めに煮ておくと日持ちしやすくなります。

市販でもパック詰めされて黒豆煮が売られていますが、こちらは未開封で1ヵ月程度の賞味期限のものが多いようです。

開封後は2~3日で食べきりましょう。

賞味期限切れの黒豆はいつまで食べられる?

干し柿の賞味期限はどれくらい?腐ることある?保存方法も!

冷蔵保存では1~2週間日持ちする黒豆ですが、その期間が過ぎてしまったら食べられないのでしょうか?

基本的には1~2週間が限度ですが、まめに火入れをしておくと保存期間は多少長くなります。

火入れとは?

料理は長期間保存していると冷蔵庫の中でも菌が少しずつ繁殖してしまいます。

こまめに火を通すことによって殺菌されて保存可能な期間が長くなります。

何度も繰り返し過ぎると煮詰まって固くなったり味が落ちてしまいます。

【火入れの方法】2、3日に一度火にかけ、沸騰してから約1分間ふつふつと煮ます。

では市販の黒豆の煮物の賞味期限が切れてしまった場合はどうでしょうか?

まず賞味期限とはどうやって決められているのかというと。

賞味期限とは?

傷みにくい商品に表示されている

「美味しく食べらる期限」なので、期限が切れたからといって食べられないというわけではない

・表示されている期間の約1.4倍までは賞味しても大丈夫な設定と言われている

(例) 賞味期間が2年間ある場合、【730日×1,4=1022日】ということで、賞味期限後約292日は食べることはできるという計算になる

未開封の状態で賞味期限が少し切れているくらいであれば、食べられないことはないようです。

でもこれは冷暗所などで正しく保存されていた場合ですので、高温多湿の場所で保存していたり、開封後に長期間経っている場合は色や見た目に異常は無いか、状態をしっかり確認してからあくまでも自己責任で判断をしてから賞味してくださいね。

黒豆の煮物って腐るとどうなるの?

手作りハヤシライスの賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?正しい保存方法も!

黒豆の煮豆が傷んでしまうと見た目や味に変化が出てきます。

こちらは例ですが、傷んでいないかを見極める参考にしてみてくださいね。

・カビが生える

・糸を引く

・粘り気がある

・酸っぱい臭いと味

・異臭がする

このような異変が見られた場合は食べると食中毒になる可能性もあって危険なのですぐに処分をしましょう。

黒豆の煮物の正しい保存方法は?

握り寿司の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなるの?正しい保存方法も!

黒豆の美味しさを長く楽しむにはどんな保存方法が良いのでしょうか?

ちょっとした手間と工夫で安全に美味しく食べることができるんです。

保存するときのポイントがこちらです。

常温

・日光の当たらない冷暗所(10℃以下)で保存

・2,3日に一度火入れする

・冬以外は冷蔵庫へ

冷蔵の場合

・煮汁に浸けて保存容器で保存

・2、3日に一度火入れする

・汁から出ていると乾燥してシワが寄ったり固くなるので注意

冷凍の場合

・煮汁ごと小分けにし、保存袋に入れて保存

・自然解凍でそのまま食べられる

・時間が無ければ電子レンジで温めてもOK

・解凍したら組織が壊れて傷みやすくなるので次の日までに食べきる

黒豆は冷凍保存も可能なのですが、冷凍すると風味が落ちたり食感が悪くなってしまいます。

長期間保存する必要がない場合はできるだけ冷蔵保存で食べきった方が味も食感も美味しいですよ♪

黒豆の煮物の賞味期限はどれくらい?腐るとどうなる?保存方法も!のまとめ

保存期間

常温(10℃以下)で1週間程度

冷蔵保存で1~2週間程度

冷凍保存で1ヵ月程度

市販品は未開封で1ヵ月程度

 

腐った状態

・カビが生える

・糸を引く

・粘り気がある

・酸っぱい臭いと味

・異臭がする

 

保存方法

<常温>

・日光の当たらない冷暗所(10℃以下)で保存

・2,3日に一度火入れする

・冬以外は冷蔵庫へ

<冷蔵保存>

・煮汁に浸けて保存容器で保存

・2、3日に一度火入れする

・汁から出ていると乾燥して固くなるので注意

<冷凍保存>

・煮汁ごと小分けにし、保存袋に入れて保存

・自然解凍でそのまま食べられる

一年の始まりに縁起の良い黒豆は日持ちも良く、年配の方から子供にも人気の料理ですね。

保存するときに少し手間をかけて最後まで美味しくいただきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です